FC2ブログ

正鵠を失わず

 正鵠を失わず(せいこくをうしなわず)。的を外さない、的を外れない、物事の急所や要点を的確にとらえること。「正鵠」は弓の的の中心の黒点。また、「正」が布張りの的の黒点、「鵠」が革張りの的の黒点ともいう。
 今年のタイトルは『中国故事成語辞典』(角川書房)から。

 今回も短歌は『現代短歌集成』(角川学芸出版)から。作者名のあとの数字は西暦の下2桁で発表年を示す。

 雪解水裏山にひと夜流れいて暁近くなり凍りたるらし (古明地実・76)

 s-阿武隈山系雪景色20200330
 3/30朝、阿武隈山系の東斜面はこの冬一番の雪景色。白く抉れているのは杉の伐採を終えたところ。

 未熟なる実か毒かくすとふ芥子畑に花散りそめし (富小路禎子・96) 

 s-ペチコート水仙20200330

 以下は全て還太植物園。花菱草かと思ったが、違うようだ。 (以下、4/3追記) 図鑑を3冊見ても掲載されていないし、「植物同定」アプリでも分からない。今日、「野草の会」の会員で植物に詳しい実家の前のお宅の方を訪ねて教えを乞うと、「ペチコート水仙」だよ、と。「ペチコート」まで伺った段階で、昨年も同じ方に同じことを尋ねたことを思い出した…😅・・・。去年の今頃のブログに載せたことも思い出した・・・😞・・・。ひとつの花で何度も楽しめるんだからいいか・・・\(^o^)/・・・。

 はるかにも花畑つづくに此処よりは踵(きびす)かへせといふ札の立つ (池田まり子・91)

 s-ペチコート水仙②20200330

 
 同拡大。

 この道は来たことがある花梨の実あまた暗くて青くて綺麗 (岡井隆・04)
 
 s-カリン20200330
 花梨。 

梨の木に梨の実ふとりゆく日日を天与の雨にまさるものなし (築地正子・85) 

 s-梨20200330
 梨。

 満作の花咲きたりと聞くのみの明け暮れせしは早春の庭 (横山岩男・96)

 s-常盤万作20200330
 常盤万作(ときわまんさく)。

 ばんざいの姿で蛇に銜えられ春らんまんの蛙いっぴき (鳥海昭子・84)
 
 s-ゆすらめ20200330 (1)
 山桜桃(ゆすらうめ)。
 
 去年の秋鉢ごと行方晦まししムスカリ咲けり石の後ろに (木畑庸子・03)

 s-ムスカリ20200330
 ムスカリ。ツルボ亜科ムスカリ属。名前の由来はギリシャ語のmoschosであり、麝香のことだそうだ。

 誰も出てこぬ村のまひるま花桃の千本の木のあかるさなりき (小川恵子・91)

 s-ハナモモ20200330
 花桃。

 春まだきひかりの下の錯覚に眼鏡の縁にとまる鳥あり (上野久雄・01) 

 s-シャラの新葉20200330
 沙羅(しゃら)の新葉。去年咲いた花のサイズからすると、ヒメシャラかも。

 春さむし背のファスナーを下ろす間も〈明日の仕事〉を言ふ女(ひと)に似て (大塚寅彦・03)

 s-なにかな②20200401
 花韮(はなにら)。 

 ポスターに沿線の桜咲きみちて地下鉄構内しんかんと春 (成瀬有・08)

 s-なにかな20200401
 紫苔(むらさきごけ)かな。

 コロナウィルス禍、拡散の一途。お仕事等で密集・密閉・密接が避けられない方々、どうぞお気をつけて。

左遷

 今年のタイトルは『中国故事成語辞典』(角川書房)から。 

左遷(させん)は官位を落とされること。官位を落として遠地に移すこと。中国では、日本と反対に右を尊び左を卑しんだので、右から左に移すことは、高い官職から低い官職におとすこと、或いは官位を下げて地方に流すことを意味する。
 
 中国では、右が上位、左が下位である理由。「右」(ゆう)は、右手が仕事を行いすぐれている「優」(ゆう)からである。「左」(さ)は工作の意味を表す「工」と、音を表す「ナ」(さ・助ける意)と合して、右手でする工作の仕事を助ける〈佐〉の意である。
 
 日本では、「ひだり」は「ひんだり」で、平ら、まっすぐの意で、弓を射るとき、右手が曲がるのに対し、左手はまっすぐであることからきたと考えられる。あるいは、「ひた」は不純物の混じらない意か。

 今回も短歌は『現代短歌集成』(角川学芸出版)から。作者名のあとの数字は西暦の下2桁で発表年を示す。

 少しよき春というべしこの道に すみれ たんぽぽ れんげそう咲く (日野きく・00)

 s-スミレ20200313
 植物は全て還太植物園にて。ただ2本だけ咲いているスミレ。
 
 春の梢をおもふ心におのづからあかとき闇にひらくわれの眼 (安田章生・66)

 s-白文字20200319
 白文字。

 逆さまに落ちゆく或る日春ふかく愉しき一片の蝙蝠として (河野愛子・72)

 s-水仙20200319
 水仙。

 春とならば香はかぐわしく流るべし林檎樹林をつらぬく津軽路 (窪田章一郎・61)

 s-あんずソルガム20200322
 あんず(ソルガム)。

 くさも樹もなべてが天へたれさがるこの倒錯を春というべし (村木道彦・74)

 s-あんずサンタローザ20200322
 あんず(サンタローザ)。

 なぜそんなに急ぐのですか 花がいそぎ春がいそぎ 私にはもうとどかない (梓志乃・82)

 s-梨の新芽20200322
 梨の新芽。

 住みつきて野火止のほとりいくたびの春あらせいとうの溢るる紫 (椎名恒治・85)

 s-木蓮20200322
 木蓮。

 このあした病衣を脱ぎて鏡あり再びわれの春かかへらむ (河野愛子・89)

 s-冬知らず2020322
 冬知らず。

 やわらかき春の雨水の濡らすなき恐竜の歯にほこり浮く見ゆ (永田和宏・98)

 s-調査中20200322
 調査中。

 ひかり風くぐりて走る一年生たんぽぽ星人たちの春です (桜川冴子・07)

 s-西洋タンポポ20200319
 西洋タンポポ。

 花あんず紅きかたへのゆすらうめ遅く咲きつつ早く散りにき (相良宏・56)

 s-山桜桃梅20200322
 桜桃(ゆすらうめ)。 
 
 きぶし咲きとさみずき咲き繰り返す年々の春いまだ早やけれど (今藤芳美・04)

 s-トサミズキ20200322
 土佐水木。

 春のめだか雛の足あと山椒の実それらのものの一つかわが子 (中城ふみ子・54) 

 s-赤めだか20200319
 メダカも無事に越冬した。池の水の濾過装置は現在フル稼働中なので、水はもっと澄むと期待。

 植木屋さんの手伝いも明日で7回目の予定。いままではいずれも新築住宅の庭造り。土を入れ、下地の砂利を入れるなどほぼ土木作業。防草シートの敷き方、モルタルやコンクリートの作り方と施工方法等々、学ぶことが多く日々新鮮。
 一方で還太植物園の木々も新芽が出てきたり、花が咲いたり、順調に成長。3日で姿が変わるのでこちらも楽しく、朝に晩に園内を歩き回っている。

 皆さま、花粉に加えてコロナウィルス・・・。ご自愛専一に願います。

漱石

 漱石(漱石沈流)。こじつけること、こじつけて言い逃れをすること。負け惜しみの強いこと。

  今年のタイトルは『中国故事成語辞典』(角川書店)から。

 晉の孫楚は隠遁しようと思っている親友の王済に向かい、「漱流枕石・流れに漱(くちすす)ぎ石に枕(まくら)す」と言わねばならないところを、うっかり「石に漱ぎ流れに枕す」と言ってしまった。王済がすぐさま「そんなことはできない」とつっこむと、彼は「流れを枕にするというのは、昔の隠者の許由のようにつまらないことを聞いたときに、自分の耳を洗うためだ。また石で口をすすぐのは歯を磨くためだ」と、うまくこじつけて言い逃れをした。「流石」と書いて「さすが」読むのも、さすがにうまく言い逃れたということ。

 今回も短歌は『現代短歌集成』(角川学芸出版)から。作者名のあとの数字は西暦の下2桁で、発表年を示す。

 押しひらくちから蕾に秘められて万の桜はふるえつつ咲く (松平盟子・90)

 s-河津桜③20200303
 3/3、@勿来の関。河津桜が満開。3枚続く。

水流にさくら雫(ふ)る日よ魚の見るさくらはいかに美しからん (小島ゆかり・92)

 s-河津桜②20200303

 かきくもる空に危ふく紛れむをさくらはさくらの色に匂へり (日野原典子・93)
 
 s-河津桜20200303

 ひと日ひと日石積むやうに過ごしきて馬酔木の房のふくらみに遭ふ (雨宮雅子・06)

 s-馬酔木20200303
 前回に続き馬酔木。

 青き空にさくらの咲きて泣きごゑは過ぎし時間のなかよりきこゆ (森岡貞香・87)

 s-大島桜②20200305
 3/5、@大野八幡神社。大島桜かな。2枚続く。

 瘤もてる太き幹にも桜咲く錫のやうなる白のあつまり (塚本諄・99)
 
 s-大島桜20200335

 何待つとなきこの身さへ春うごく気配につれてときめくものを (筏井嘉一・65)

 s-白文字20200305
 ここからは還太植物園。白文字の新芽。

 樹は内に一千年後の樹を感じくすぐったくてならない春ぞ (渡辺松男・97)

 s-花梨20200305
 花梨の新芽。

 里山の輪郭ぼうとけぶれるは梢々に春来たるらし (雨宮潔・04)

 s-何かな20200305
 調査中。 花水木かな。 土佐水木のようです。

 シンビジウムの葉に来し蜂が一瞬を少し滑りてしかと止まれり (市村善郎・08)

 s-シンビジウム20200305
 シンビジウム。実家の玄関土間の鉢植え。

 折れ芦の鴨の入江に陽はさしてゆきてかえらぬものに春くる (馬場あき子・77)

 s-シンビジウム②20200305
 こちらもシンビジウムかな。同上。

 s-ホテイアオイの越冬20200305
 ホテイアオイを池に放置すると、越冬できずに朽ちてしまう。ネットで発泡スチロールに入れると越冬できると知ったので、2箱試してみたら、無事3月を迎えた。夏の間に10倍以上に分結増殖するので、2箱はあれば充分。

 3月に入ったら風の強い日が多く、天気予報よりも体感温度が低い日が続いています。コロナウイルも怖いけど、インフルエンザにも要注意。皆さま、くれぐれもご自愛ください。

梅を望んで渇きを止む

 梅を望んで渇きを止む(うめをのぞんでかわきをとどむ)

 今年のタイトルは『中国故事成語辞典』(角川書店)から。喉の渇きを一時こらえること。魏の曹操(武帝)がある戦いで、水を汲みに行く途中、道に迷い、部下がのどの渇きを訴えたときに、「前方に大きな梅林があり、実が多くなっていてすっぱそうだ、それを心に思えば自然につばがたまるので、それでこらえられる」と言った故事に基づく。

 今回も短歌は『現代短歌集成』(角川学芸出版)から。作者名のあとの数字は西暦の下2桁で発表年を示す。

 昏れ残る障子明かりの花のいろ馬酔木のかたに春は来てゐし (稲葉京子・75)

 s-アセビ20200221
 2/21、@勿来の関。アセビ。

 山雀(やまがら)が去りたるのちも卓上に開かれしままのポケット図鑑 (大森益雄・03)

 s-ヤマガラ20200221
 ヤマガラ。いまにも何かに飛び掛からんばかりの迫力。実はヤマガラの左下に男性が座っていて、手の平にエサを載せている。数羽のヤマガラが順に男性の手の平からエサを咥えては枝に飛び移って食事することを繰り返している。
 数年前、上野の不忍池のほとりで、手の平の上でスズメにエサを食べさせている方を二人お見掛けして以来の(◎_◎;)。

 顔を刺すひかりを感じて目覚むれば枕元の梅みなひらきたり (窪田空穂・68)

 s-思いのまま20200223
 「思いのまま」という品種。一本の木に紅梅と白梅が咲く。@還太植物園。今回の末尾の写真は、「思いのまま」の5日後の姿。

 さて、還太郎は25日から植木屋さんでバイトを始めた。花樹・果樹の剪定をちゃんと覚えたいと思い、去年からお世話になっている植木屋さん(「庭園管理植吉」の社長さん)に、無給でいいので仕事を手伝わせて欲しいと依頼。「剪定の仕事ばかりではないので無給では困る」とのことで、時給(金額は㊙)を頂くことになった次第。

 人手が欲しい時に連絡を頂くのだが、今回は25~27日の3日間、新築住宅の庭造り。ボランティア活動で身体を鍛えたつもりだったが、とんでもない。慣れないことをするのは大変。結構疲れた。最初の案件が3日で終わってホッとしているのが正直なところ。でも、次のお呼びが掛かるのを心待ちにしているのも正直なところ。

 傾きて土より立てる梅の幹影ひくほどの薄日さし来つ (葛原繁・80) 
 
 s-100年梅20200228
 今年の梅の花は例年以上にきれいに思える。暖冬のせいか、花が大きく数も多いのではないか。そんなことで、2/28は91歳のお袋と近郊梅花巡りの2時間弱のドライブ。こちらの梅は、樹齢100年超(大きな方)とのこと。 
 
 鶴と思へば鶴に見えきつ梅ひと木遠回りつつ飽かぬひとりを (春日真木子・95)

 s-百年梅20200228
 別の角度からもう一枚。

 花喰いの鳥のごとくに飢うる身にうそうそとひとり梅園をゆく (玉井清弘・93)

 s-梅⑩20200228

あやまちて針に刺したる指先に膨るる血のたま梅の蕾は (渋谷みづほ・07)

s-梅⑧20200228

 ひらきたる梅花がひとつひとつ持つうす緑の萼(うてな)かなしさ (野村清・73)

 s-梅⑦20200228

 この山もあの山も眠り給ふかな佛みし目に梅しろく咲く (辺見じゅん・96) 

 s-梅⑥20200228

 谷深く散りゆく梅の花びらのいま抽象に近き一片 (井谷まさみち・87)

 s-梅⑤20200228

紅梅の芯あかるくて曇日の寒き光はそこに集まる (遠山光映・56)

 s-梅④20200228

 膨らみし花を宙空に飛び咲かせ寒風に梅は毅然と立ちぬ (大滝貞一・01)

 s-梅③20200228

 老木に冬日を凛と梅咲けり人のひと生(よ)のいかなるときか (井田金次郎・04)

 s-梅20200228

 ひなぐもりやさしき色に咲き出でて紅梅白梅古寺の屋根 (久泉迪雄・99)

 s-おもいのまま②20200228
 「思いのまま」。

 2月9日の活動を以って、いわきのボランティアセンターは活動終了。それから20日間、今の時期は畑の雑草退治もなく、時間を持て余している。そんなこともあり、植木屋さんの手伝いを始めた次第。そもそも還太郎は美的感覚に乏しい。剪定作業もやはりセンスが欠かせないのは分かっているが、自己流で剪定するのは実家の庭や畑なので、他人様に迷惑は掛からないと居直っている。

 コロナウイルスがとどまる処を知らない勢いです。皆さま、くれぐれもご注意願います。還太郎も、母校野球部の甲子園大会応援は止めることにしました。

 s-img055 (3)
 そんなことを友人の「N村村民」さんにメールしたら、上の本を紹介され、早速Amazonで購入。著者は1988年スウェーデン生まれ。19歳で日本に移住、23歳で造園業に飛び込み、26歳で日本国籍取得。日本名「村雨辰剛(むらさめたつまさ)。「N村村民」さんが何故この本を紹介してくれたのかは分からないが、まあ私の若い頃に似てないこともないか・・・。(ブーイング多数)

 

新豊の折肘翁(しんぽうのせつびおう)

 「新豊の折肘翁」は、辺功(へんこう・国境付近でたてた手柄。国境の異民族を征伐した手柄)を戒めたもの。「新豊」は県名で、陝西省臨潼県(せんせいしょうりんとうけん)の東北。漢の高祖が豊の民を移して作った町。徴兵を忌避して自分の肘を折り、自ら不具者となった翁を主題として、白楽天が当時の政策に対し、徒に外征を企て武功を立てても人民を苦しめるだけだと諷刺した。 今年のタイトルは『中国故事成語辞典』から。

 今回も短歌は『現代短歌集成』(角川学芸出版)から。作者名のあとの数字は西暦の下2桁で発表年を示す。

 海峡の彼方の島の陽だまりに幸ある如く人家寄り添う (吉田みのる・06)
 
 s-冬陽20200211
 ここから6葉は@勿来の関。

 よるべなき沈黙(しじま)といへど濃密に苔咲く上を光移ろふ (小中英之・81) 

 s-冬陽②2200211
 陽だまりの中、コケも元気。

 徐行する列車の窓に川底の泥に陽のさす処見えたり (高安国世・78)

 s-冬陽③20200211
 実葛蔓(サネカズラ)かな。独特の紅葉。

 こんなにも赤いものかと昇る日を両手に受けて嗅いでみた (山崎方代・80)

 s-八重の梅20200211
 梅。

 その光響ける如く寒の日の夜空に満ちて星の輝く (戸田佳子・85)
 
 s-八重の梅②4720200211
 アップにすると・・・。

 たんぽぽのぽぽのあたりをそっと撫で入り日は小さきひかりを収(しま) (河野裕子・95)

 s-桜の蕾20200212
 もうすぐ咲きそうな桜。 

 窓ゆ入る春の陽射しを掌(て)に受けて冬を堪へ来し魂あらふ (浜守・06)
 
 s-黄色の花20200211
 ここからは@還太植物園。姫立金花(ヒメリュウキンカ)。

 日だまりの芝生に背を干す老女いて仏のような顔に居眠る (上川原紀人・08)

 s-ヒメリュウキンカ20200212
 翌日観たら満開。

日だまりの笹生にまろび仰ぐ蒼(あお)歓喜おそひ來山のうへの空 (窪田章一郎・73)
 
 s-木蓮20200211
 木蓮。

 まだ一年もう一年と数えいる光の粒か時間というは (山田震太郎・91)

 s-梅20200211
 梅。

 戸を引けばすなはち待ちしもののごとく辷(すべ)り入り来(き)ぬ光といふは (宮柊二・74)

 s-なにかな20200212
 1月から元気に咲いている。名前は調査中。

 鳥のために樹は立つことを選びしと野はわれに告ぐ風のまにまに (大塚寅彦・03)

 s-頭高20200113
 2/13、2018年6月までいたかすみがうら市へ。友人の見舞い出掛けたのだが、夜は5人で飲み会。写真は@霞ヶ浦総合公園。頭高。

 貧しかることばを尽くして詠はむに木末(こぬれ)の鳥に「虚虚」(きょきょ)と鳴かれるる (羽生田俊子・99)
 
 s-頭高②20200213

 今年子の目白とびかふ花のあひだ乾ける空気動くことあり (吉田正俊・81)
 
 s-鶯20200213
 目白。

 目白来て鵯(ひよ)が来て人も寄る樹齢百年の白梅勢えば (大下一真・04)

 s-鶯②20200213
 
 ひらひらと日毎舞ひくるひよどりの庭に呼び合ふ声は桃色 (藤岡武雄・92)
 
 s-鵯20200213
 鵯(ヒヨドリ)。

 さて、いま2/14の17時過ぎ。ボランティアセンターからの連絡はなく、1月から土日だけになっていた活動も、明日・明後日はない見込み。明日は、還太植物園のツツジと山茶花にお礼肥えを施そうかな。

 皆さま、昨日今日は気温も10数℃になりました。春の到来ですね。お元気にお過ごし願います。

 
プロフィール

還太郎+7

Author:還太郎+7
畑や庭での作業を楽しんで、晩酌・早寝・早起きの毎日です。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム