FC2ブログ

随処に主と為る

 随処に主と為る。どこでも境遇に左右されず、自己の主体性を失わないで独立自在すること。

 ことしのタイトルは『中国故事成語辞典』(角川書店)から。また、短歌は水原紫苑歌集「うたうら【決定版】」(深夜叢書社)から。


 ばれいしよは不可思議の音(おん) さいはてに玉帇(たまははき)もつ童子のごとく 
                            *ほうきの美称                  


 s-ムシトリナデシコ20200709
 ムシトリナデシコ。今回の写真は全て還太植物園と還太池にて。


 白鳥の飛来地近きここにして夜(よ)のサキソフォンひとごゑに似る


 s-調査中20200709
 こちらは黄色のムシトリナデシコかと思って、前掲の写真と並べてみた。どちらも花弁は5枚、葉は対生で形も同じ。だが、蕊(シベ)の数が全然違う。ということで、調査中。


 アイヌ名の山をはさみて虹の脚やすらかにひらく出発の刻


 s-ヒメイワダレソウと日本ミツバチ20200709
 ヒメイワダレソウの花には二ホンミツバチが多数参集。


 火中(ほなか)より抱きあげられしをみなにてクレープうすくうすく焼きつぐ


 s-エゴの実20200709
 エゴの実。


 鏡壁に樹の貌(かほ)映すビル街のいづこに匿(かく)すトロイアの子を


 s-オニタビラコかな20200709
 オニタビラコかな。


 たましひの落下をかくも喜びて君いつの世の椿なりしや


 s-コケ20200718
 還太池の脇のコケ畑で。ゼニゴケかな。ちょっと分りづらいが「破れ傘」の下部の膨らんでいるのが胞子体。


 ミルクティ熱きを注ぎかうかうと未来語るは人ならぬわざ


 s-コケ②20200718 
 日本では約700種のコケが確認されているとのこと。こちらは調査中。

 
 星さへも眼もつゆゑ争ふと石かたるなりとはに盲(めし)ひよ


 s-セダムかな20200709 
 さて、そのコケ畑の中に特に元気なコケがいて、他を圧倒する勢いで増殖中。ある日、こんな花が咲いた(◎_◎;)。コケには花が咲くはずがないと調べてみると、どうやらセダムらしい。花径は6~7mmほど。


 あづさゆみ春たたかひに果てにしは十六敦盛そのきよき馬

 
 s-せた゜むかな②20200709
 こちらの写真の方が分かりやすいが、セダムは多肉植物で、どんどん増えるそうな。コケ類滅亡の危機。移植しなければ・・・。 


 脚長きグラス並べつ囚はれのいのちといへどいのち生みつぐ


 s-リュウノヒゲの救出20200717
 還太植物園の東・南・西の最外周部には、土留めのためにリュウノヒゲを1000株ほど植えた。それが、ちょっと油断するとこのありさま。雑草に覆われてリュウノヒゲが見えない。次の写真が雑草引き後。


 白鳥はおのれが白き墓ならむ空ゆく群れに生者死者あり


 s-リュウノヒゲの救出②20200717
 場所によってはリュウノヒゲが成長・密植状態になって、雑草が殆どないところもあるのだが、あと1年ほどは定期的な除草が必要。砂利を入れて防草シートを敷けば手間はかからないのは分かっているが、せっかく成長してきたリュウノヒゲを引き抜きたくないので、頑張るしかない。まあ、時間はたっぷりあるしね。


 薔薇の名の祈りにちかき夕まぐれおのれ恋ふなき東洋のみづ


 s-ベコニア20200718
 ベコニア。 


 ヴェネツィアに遊ぶと告げて途切れたる留守番電話の空白の喩や


 s-スイレン20200718
 スイレン。


 湖のとびらを想ふ一日の卓にかがやきやまぬクレッソン


 s-バラ20200718
 バラ。


 見あぐれば公妃のごときゴリラゐてわがいつはりの歌を諳(そら)んず


 s-ギボウシ②20200718
 ギボウシ。


 父と子は駱駝を見ずて夢に入り地軸のかたへ銀砂とびゆく


 s-庭園管理士


 さて、還太郎が「庭園技能講座」の通信教育を受けることにしたのは既報の通り。今般、6回の課題提出を終え、オール100点満点で修了。 \(^o^)/  テキストや資料を丹念に読み、それでも分からないことはネットで調べて解答すればいいので、誰でも修了できるけどね。
 修了の連絡と共に、上の写真のような看板を掲げてはどうかとの案内。アルミ鋳造、横20cm、縦50cm、厚2cm。税抜き価格は数万円。さらに、庭園技能の指導員養成講座の案内も。因みに、上の看板は印刷サンプルで、私は「金子好三」さんでもない。

 閑話休題。いわき市小名浜測候所の7月月初から昨日(7/18)までの日照時間は累計で18.3時間。過去10年間の7月1ヶ月間の平均値と比較すると、まだ10日強残っているが1割程度。雨も強弱はあるがほぼ連日。そんなことで写真を撮るチャンスが少なく、ブログ更新も半月ぶりとなった。

 この間の暇つぶし対策。
 
 ①ノートブックパソコンで観ていたDVDを49型のテレビで見るべくDVDプレーヤーを購入。最初に観たのは『マンデラの名もなき看守』。マンデラは南アフリカの反アパルトヘイト運動の指導者。1964年に国家反逆罪の判決を受け、27年間の獄中生活の後、1990年に釈放された。後に南アフリカの黒人初の大統領に。マンデラは弁護士であり、収監中に多くの看守を訴えたが、ただ一人だけ一度も訴えなかった看守との「交流」を描いた作品。
 「交流」と書いたが、マンデラの長男も、黒人びいきと噂された看守の長男も不審な交通事故で死亡するなど、それぞれの家族も右翼から迫害を受ける。
 ②去年の農業簿記3級に引き続き今年は「庭園技能講座」にトライした。暇つぶしにはうってつけ。まだ今年も半年近く残っているので、もう一つ何をやるか、思案中。

 東京などの新コロナウイルス罹患者は増加中。皆さま、くれぐれもご用心願います。

宵衣旰食

 宵衣旰食(しょういかんしょく)。天子が政務に精励すること。「宵衣」は、朝まだ明けきらない暗いうちに起きて着物を着ること。「旰」は日暮れ・遅いの意で、「旰食」は夜遅くなってから食事をとること。

 今年のタイトルは『中国故事成語辞典』(角川書店)から。今回の短歌は『現代短歌集成』(角川学芸出版)から。作者名のあとの数字は西暦の下2桁で発表年を示す。

 寂しさを身の重りとなし衣更へぬ水無月あらあらと山きほひ立つ (佐藤美知子・60)


 s-常緑山法師20200620
 常緑山法師。@還太植物園。

 泣きながら試験管振れば紫の水透明に変わる六月 (穂村弘・90) 


 s-ムシトリナデシコ20200620
 ムシトリナデシコ。ハエ?が動かない。食中植物なので虫捕りナデシコかと早合点したが、食虫植物ではないとのこと。茎の上部の葉の下に粘液を分泌する部分が帯状にあり、ここに虫が付着することがある。花の蜜を盗むだけで効果的な受粉に貢献しないアリが茎をよじ登れないようにしていると考えられている由。

 六月のもの思うも憂き雨の日は胸のあたりに古墳が眠る (渡辺松男・97)


 s-何かな②20200623
 アスティルベかな。花径5mm。還太植物園では新顔。

 つくづくと亡母に似て来ぬ紫蘇を揉み辣韭そろふる水無月の手は (栗林喜美子・01)


 s-なにかな20200620
 同アップ。

 ピンはずしとびたたむとする青き蝶みなづき若葉の光の大地 (木造美智子・02)


 s-ナツメの花20200620
 新葉をつけるのが一番遅かったナツメだが、こんな小さな花(5mmほど)を咲かせている。

 水無月のあはきゆふぐれ机(き)の上にひんやりひかるあれは爪切 (落合けい子・02)


 s-ドクダミ20200620
 ドクダミ。 

 水無月という六月の空晴れてランプは納屋に麦は畑に (岡部桂一郎・02) 


 s-シャラ20200620
 シャラ。夏椿とも。

 みづがねのひかりの潮にみなぎらひ爆撃機(ステルス)見えざる空の水無月 (島田修三・07)


 s-カラー20200620
 白いカラーが散ってしばらくしたら、今度はちょっと離れた場所に赤いカラーが。

 紫陽花は花の重みにしないつつなお瑠璃紺青の色を増しゆく (中井慶子・07) 


 s-アジサイ20200620
 アジサイ3枚。 

 あじさいの花がもの言いたげだ人間のことか神のことか (宮崎信義・07) 


 s-アジサイ②20200620
 
 おもひ濃きひとのごとくに藍の色深きあぢさゐかたはらにあり (蒔田さくら子・06)


 s-アジサイ③20200620

 夏至のひかりかすかに暗く有らしめてヘアピンは落つこころ葬らむ (河野愛子・83)


 s-ビロードモウズイカ20200623
 6/23、ビロードモウズイカは170cm超まで成長。

 時の記念日刻光りつついつの日も屍體置場(モルグ)に耳慧(さと)き屍體(したい)あれ (塚本邦雄・61)


 s-ビロードモウズイカ20200623②
 同アップ。

  百合の蕊(しべ)かすかにふるふこのあしたわれを悲しみたまふ神あり (雨宮雅子・80)


 s-ユリ20200620
 ここから2枚はご近所の畑で。ユリ。

 風はなぜその木にだけは吹いてゐる絵の奥のほそいゆりの木 (河野裕子・08)


 s-タイマッバナ20200620
 タイマツバナ。

 かがやきをまとひて歩む幼な児のつばさみえねど若葉はつなつ (雨宮雅子・76)


 s-雑草のくらし

 甲斐信江さんの絵本『雑草のくらし』(福音館)。絵本にっぽん賞、講談社出版文化賞・絵本賞受賞。1985年4月発行、2016年12月第15刷。
 甲斐さんは1930年のお生まれ。この絵本は、1979年の春から5年にわたって比叡山の麓に畑跡を借り、雑草がどんな風に繁殖するのかを観察したもの。以下はその概要。とは言っても、半分以上転記してしまった・・・。

 1年目  春になると更地だった畑跡にうっすらと緑が広がり始めた。1mmくらいの小さな芽の大群はメヒシバ。所々にエノコログサ、ホトケノザ、キュウリグサ、オオイヌノフグリ、ツメクサなども。夏、メヒシバとエノコログサが勝ち残って花を咲かせ実を結ぶ。秋、向こうの土手に生えているオオアレチノギクが盛んに種を飛ばして、あとからあとから枯れたメヒシバのすみかにやってくる。やがて続々とオオアレチノギクが芽を出してくる。カラスノエンドウ、オランダミミナグサ、ヒメジョオンも芽を出してくる。この草たちは、みんなこのまま冬を乗り越えて、大きく育っていく草のこどもたちだ。

 *絵本の1頁がA4より大きいサイズで、かつ全て左右のページで一つの絵なので、A4サイズまでしかスキャンできない私のプリンターでは本の折り目が影になってしまう。乞う、ご容赦。

 s-1年目


 2年目  春の始めに、ツクシが登場。その後、冬を乗り越えたオオアレチノギクなどが一斉に花を開かせる。やがて去年隆盛を誇ったメヒシバやエノコログサも芽を出すが、先に大きくなったオオアレチノギクなどに覆われ、日の光を奪われて、殆どが枯れてしまう。オオアレチノギクは他の草を押し分け追い越し、どんどん伸びて行く。(この光景は2年目を迎えた還太植物園の様子とよく似ている。もっとも、オオアレチノギクなどは定期的な草刈りで退治している。)
オオアレチノギクが枯れ、2年目の秋が終わる頃、一段と高く花を咲かせるのはセイタカアワダチソウ。

 
  s-2年目


 3年目  春、ツクシが広がっている。スギナが地面の下で勢力を伸ばし続けているのだ。カラスノエンドウが、小さな巻きひげを伸ばし、葉を広げて重なり合っている。やがてカラスノエンドウが一斉に立ち上がった。オオアレチノギクの枯れ枝につかまって、するすると伸びていく。隣の草に巻き付き引き寄せ、横に広がりなかせら、上から他の草たちにすっぽり覆いかぶさっていく。日の光を奪われた草たちが、いつの間にか姿を消していく。
 夏、波のようにうねるつる草の一団が、荒れ畑の草に向かって押し寄せてきた。クズやヤブカラシだ。やがて、クズやヤブカラシは草たちの上を這いまわり、ねじ伏せ、巻き付き、抑え込み、大きな葉っぱで覆いかぶさる。3年目の秋が終わる頃、去年より一段と高く花を咲かせたのはセイタカアワダチソウ。つる草の攻撃にも負けず、4倍にも5倍にも仲間を増やした。


 s-3年目


 4年目  春、カラスノエンドウに代わって、一面に花を咲かせたのはスイバの群れ。そしてイヌムギ。種子を残して死んでしまう草に代わって、種子を残した後も根っこで生き続ける草がとうとうこの荒れ畑を奪ってしまった。やがて地下茎を持つ草どうしの、一層激しい戦いが始まる。クズ、ヤブカラシがスイバやヒメジョオンを葉っぱの波に飲み込んでいく。その波を突き抜けて、セイタカアワダチソウはぐんぐん伸びる。そして畑はぼうぼうとした草むらになった。

 s-4年目

 5年目  春のある日、荒れ畑の土が掘り返さて、草がすっかり取り除かれた。すると、続々と芽を出してきたのはメヒシバ、エノコログサ。彼らは種子のまま土の中で生き続け、自分たちの出番がくる日を、じっと待っていたのだ。

 s-5年目


 今日(6/25)は雨。時間がたっぷりとれるので、長い長いブログになってしまいました。 ご笑覧くださった皆さま、いつもありがとうございます。ところで一つお願いがあります。拙ブログもアップすること336回となりました。毎回数個の拍手をいただき、老人の励みになっているのですが、残念なことにこの3ヶ月、コメントが全くないのです。
 
 そこで今回の特別企画は、今後コメントをくださった先着5名さまを、還太植物園での庭飲み会にご招待します。但し、交通費は自腹ですよ。奮ってコメント作成をお願いします。\(^o^)/
 

伯仲の間

 伯仲の間(はくちゅうのかん)。両者の才能が相等しくて優劣のないこと。「伯仲」は、兄弟の順序の呼称。兄弟の順序を伯・仲・叔・李の四つに分ける。伯は一番上、仲はその次。叔は三子から李の上まですべて。李は末っ子。日本でも「実力伯仲」は慣用句。類句に、兄足り難く、弟足り難し。

 今年のタイトルは『中国故事成語辞典』(角川書店)から。また、今回も短歌は水原紫苑の『うたうら【決定版】』(深夜叢書社)から。


 石の生(せい)けだものの生ことならず星あふぐ間(ま)のはつかなる呼気
 
                       *はつか=わずか、ほのか。

 s-爆食20200604
 @還太池。池の方に歩いていくと、鯉や金魚はいつもエサを投げ入れる場所に集合している。ピラニアのような爆食。鯉はやや太り気味かも。メダカも数え切れないほどいる。

 
 老犬は林檎を食みてうつくしきふと黄金(きん)いろの尾さへ外るる  


 s-ヒメイワダレソウ20200605
 ここからは@還太植物園。ヒメイワダレソウの群落。園内10ヶ所ほどがこんな状態。


 かなしみに胸裂くることまことなれ鶺鴒一羽裂け目より翔つ


 s-ヒメイワダレソウ20200527
 これは前回掲載したヒメイワダレソウのアップ。


 黄落のいちやうは吾子にあらざるをかがやき舞へばわが乳(ち)痛めり

               *黄落(こうらく)=木の葉や実が黄色に色づいて落ちること。

 s-アジサイ2020066
 アジサイも色づき始めた。 


 塔赤く息づきにけり曼珠沙華ほろびしのちに残るうつしみ 


 s-スイレン20200606
 スイレン。昨年はこれほど水面から飛び出ていなかった気がするのだが、10cm以上茎が見える。


 漆黒の三尊おはす薬師寺へ蝶鳴きいでてわれを誘(いざな)ふ


 s-スイレン②20200606
 こちらは昨年通り。 


 み柱はいづこへ走る月光に唐招提寺疾駆のかたち


 s-シャラ20200606
 シャラの今年の初咲き。一日花で翌日にはもう落花している。


 草枯るるひびきかそけし約束は音にきこゆるものならなくに


 s-泰山木②20200607
 こちらも泰山木の今年の初咲き。花径は15cmほど。


 たそがれの部屋に飛ぶ蛾の紋様にあはれなるかな小(ち)さきわたくし


 s-泰山木20200607
 同。 


 舞はぬ日の扇さびしも夢に来てみづからひらくその身群青


 s-シルバープリペット20200607
 シルバープリペット。


 湖(うみ)若く舟若かりし幸ひの日も帆の蔭に薔薇酒ありにき


 s-ザクロ20200607
 ザクロも初咲き。


 山菜のみどりを食みてしまらくは少年のわれ、きみも知るらむ 


  ビロードモウズイカ20200611
  6/11、ビロードモウズイカはさらに成長。145cmに達した。


 糸よりも繊(ほそ)き蛇ゐてしんしんと澄む旅の酒のやさしかりしを



 s-スイカズラ2020607
 スイカズラ。これはスモモを植えた畑の脇の藪で。

 還太郎の車は2005年に購入した。18万km弱も走っているが、依然として走りは快調。ただ、買い物をして車に戻った時にリモコンで鍵のロックを解除しようとすると、逆にロックされてしまう。車の中には別な店で買った品物が置いてあるのに、鍵を掛けないでお店に行くとは何たることだ、「ボケ」っと自分を叱る。そんなことが何度かあったが、幸いにして盗難の被害はなかった。しかしながら、これではもうすぐ92歳になる母親の物忘れを笑えないな、それどころか何年もしないうちに完璧な××老人になり、介護施設で生活するようになってしまうだろうと暗澹たる気持ちに。事故を起こす前に運転免許も返納すべきだろうな・・・。
 
 あるとき気が付いた。鍵が掛かっていないのは運転席だけで、他のドアは全てロックされているではないか。結論としては、運転席のドアのみが、鍵をロックする駆動装置が不調だったということ。掛かったり掛からなかったりの繰り返しだったので、自分の不始末と思い込んでいた。それからはリモコンではなく、鍵そのもので開閉するようにした。修理工場の方も「こういう故障は、一番頻繁に開閉される運転席のドアで発生します」とのこと。ここにきて急に××が進行したわけではないんだと、ホッとした。(これを読んだ皆さまは、もっと早く気づけよ、やっぱり××が進行してんじゃないのとつぶやいているだろうな・・・)
 
 閑話休題。「庭園技能講座」はテキスト1を終了。テキストはあと3冊。多分最後まで行ける。

 今回はこれまで。皆さま、もう真夏日・猛暑日が発生してます。くれぐれもご注意願いを。

 

它(た)無し

 它(た)無し。 ご無事ですかの意。「它」は、頭の大きい蛇の象形文字で、マムシやハブのような毒蛇のこと。古代生活では、農耕や旅行などの山野で毒蛇に噛まれる被害はかなりのものであった。このありがちな災難の有無を問うのが、日常の挨拶になったことば。日本の「つつがなきや」と同意。
 今年のタイトルは『中国故事成語辞典』(角川書店)から。また、短歌は水原紫苑『うたうら【決定版】』(深夜叢書社刊)から。

 窓あらぬひとのからだのさびしけれ病むなる六腑月をまちつつ

 s-ヨシキリ20200525
 近くの農道で。お馴染みのヨシキリ。

 象来たる夜半(よは)とおもへや白萩の垂るるいづこも牙のにほひす

 s-ビロードモウズイカ20200527
 以下は還太植物園にて。ビロードモウズイカ 3葉。これは5/27の姿。

 青銅期ひとかなしみの深くして朝はまなこゆ葡萄こぼれき

 s-ビロードモウズイカの花穂20200602
 こちらは6/2。花穂に黄色の花が咲き始めた。

 亡きひとは純白の橋 踏みゆけばいまだ脈打つごとく揺れたり

 s-ビロードモウズイカの花20200603
 そして6/3。根元から花穂の先端までで110cmほどに成長。

 うつくしき弥勒となりしあかまつのいたみをおもふ幸ひとして

 s-サザンカの新葉20200527
 サザンカは5月頃に新旧の葉が入れ替わる。新葉は初めは紅いが徐々に緑になる。葉が異様に肥大化する「もち病」が発生してしまったので、毎朝見回って切除している。

 白魚のひかりまがなし科(とが)ありて海に咲きたるさくらと思ふ

 s-エゴの花とハナムグリ20200527
 エゴの花。ハナムグリの来訪しきり。

 うつしゑの犬ほのぼのとうつくしき耳の柔毛(にこげ)に舟かただよふ

 s-ヒメイワダレソウ20200527
 ヒメイワダレソウ。花の直径は1cmほど。どんどん増殖中。

 さびしさよ柿の木なれば青き葉を多(さは)にまとへり湯浴みの刻(とき) 

 s-何かな20200603
 ニワゼキショウ。こちらも増殖中。
 
 部屋ぬちのはかなき旅と知りぬらむ百合の香はつかわれを越えつつ

 s-シロツツジ20200603
 今頃咲いたツツジ。

 ひつたりと冷蔵庫閉づ切り爪のきららを深くしまへるごとく

 s-スミレ20200603
 スミレ。

 黒ぶだうはるかに匂ひ鋼鉄がかへりゆくなるふるさとを思ふ

 s-還太池20200602
 池の半分ほどをウォータークローバーが占めている。 

 カーテンのさみどり映るわれらより樹霊は発ちて絶えずひびけり

 s-スイレン②20200602
 スイレン3葉。

 みごもれる葡萄つめたしつめたしとたれか言ふこゑその青きより

 s-スイレン③20200602

 夏帽子かぶらぬ君に降り来たる古鏡砕片(こきょうさいへん)なほもうつし世

 s-スイレン④20200603

 一管の笛のごとくにおとろえて帰る日あらむと竹に知らゆな

 s-葉長オモダカ20200603
 葉長沢潟(はながおもだか)。

 5/29、16時から還太植物園にて『庭飲み会』を開催。参加者は実家の近所の方々(71歳、70歳、67歳2名)。後から仕事帰りの弟も参加。最年長の方が最近奥様を亡くされたのだが、49日も明けたので激励会をしよう、飲み屋さんに行くのは「3密回避」の観点からまずいので、庭で飲もうということになった次第。
 ビールケースなどの上にコンパネ(180cm×90cm)を置き、その周囲に椅子を配置。飲み物と簡単なつまみはスーパーで仕入れてきた。同級生がイノシシ肉・山菜を調理して持参。飲み物はビール(500ml12缶)、ハイボール(500ml5缶)、酎ハイ(同)、日本酒(大吟醸720ml2本)。全てを飲み干したわけではないが、大いに盛り上がる。イノシシ肉も柔らかくて臭みは全然なく、美味しかった。
 オンライン飲み会は3回、庭飲み会は1回やったが、どちらも癖になりそう。

 閑話休題。さて、還太郎は通信教育で日本園芸協会の『庭園技能講座』の受講を始めたことは既報の通り。テキストを開くと先ず「庭園の定義」が記載されている。

・庭園の定義
 「個人の住宅に接続し、生活に直結した何らかの物によって囲われた場所で、個人の好みに応じて、実用、鑑賞、休養、遊びなどに利用されるために、植物や工作物が計画的、美的に配置され、よく管理された空間。

 「庭」という字はニワ・テイと読み、もとは廷と書いて広い場所の意でした。それが屋根(まだれ)の下に入ってできた字で、家の中の土間や中庭を表します。宮中や役所の中庭の意味もあり、そこに役人が参賀するのでこれを朝廷といいます。また裁判を開くことを開廷というように、白州の意味もあります。
 つまりニワとは、植物とは全く関係なく、もともとまつりごとや作業をする「場」でした。ですから「庭」も「ば」と読みます。江戸時代でも、土間のことをニワと言っていた地方もあるようです。
 つぎに、「園」という字は「植物を集約的に栽培する場所」のことで□で囲まれています。これは、自分の所有地を外からの侵入に対して守る囲いを意味しています。


 この文章を読んで、最後まで続けられるような気がした。今後が楽しみ。皆さま、どうぞ御機嫌よう。
 
 

 

 

 

修羅の巷

 修羅の巷(しゅらのちまた)。目も当てられない惨憺たる有様の場所。或いは激しい戦闘や騒乱の場。 

 「修羅」は阿修羅の略。サンスクリットAsuraの音訳字。六道の一つで、須弥山(すみせん)の北、大海の底、或いは海岸、或いは四州の山間にあるという。その王は、嫉妬、猜忌、執着の念強く、剛力で闘争を好み、常に仏法帰依の人を守護する梵天・帝釈と争う神である。それで惨憺たる光景を形容することばに使う。

 今年のタイトルは『中国故事成語辞典』(角川書店)から。また、短歌は『現代短歌集成』(角川学芸出版)から。作者名のあとの数字は西暦の下2桁で、発表年を示す。

 定職のない人に家は貸せないと言われて鮮やかすぎる新緑 (松村正直・01) 

 s-広葉樹の林20200507
 阿武隈山系田人路(以下6葉)。ブナ、コナラなどの新緑の森。

 いつせいにすももの蒼を浴びて立つ人間であることの淡さに (高島健一・88)
 
 s-すももかな20200507
 スモモかな。

 いつしんに木苺の実を食らふとき刻々ととほき東京ほろぶ (小野茂樹・71) 

 
s-木苺20200507
 木イチゴ。

 能古島は指呼の間となり膨らめる春のうしほへ船は水脈曳く (渡辺茂子・03)

 
s-モミジ20200507
 あまり目立たないが手前中央部に殆ど花が散ってしまったサクラ。その後ろのオレンジがかった黄色の葉はモミジ。時間の経過とともに下の方のような真っ赤な葉になるようだ。

 蝶追ひて見知らぬ森の路ゆきぬ子の背を隠す夏草の花 (大野誠夫・65) 

 s-クサノオウ20200507
 クサノオウ。名前の由来は諸説ある。葉などを傷つけると黄色の乳液を出すので「草の黄」、皮膚疾患に有効な薬草という意味で「瘡(くさ)の王」、皮膚疾患以外にも鎮痛剤として内臓病に用いられたことから薬草の王様という意味で「草の王」。

 君に従きて登る坂道うつすらと漂ふごとき著莪(しゃが)の明るさ (前田彌生・03)

 s-シャガ20200507
 シャガ。

 ゆらぎつつ咲ききはまりし白妙か花のいのちは短かりとも (吉田正俊・70)

 s-ツメクサ20200508
 ここからは@還太植物園。ツメクサ(草)。花径は4~5mm。何度撮ってもピンボケ。因みにシロツメグサは白草。つめくさという名は同じでも字が違う。

 みずからの手もて葬(はふ)りし青春の姿にてクローバの青きに沈む (大野誠夫・65)

 s-ウォータークローバー20200508 
 
ウォータークローバー。全て四つ葉。


 動きゆくさ霧のなかにみづからの色深めゐる牡丹の花々 (初井しづ枝・56)

 
s-牡丹20200510
 ボタン。老木なのだが今年も咲いてくれた。

 安土野の白き夢幻と訪ね来しナンジャモンジャの花散り初むる (渡辺茂子・01)

  s-ヒトツバタゴ20200513
 ヒトツバタゴ(一つ葉田子)。同じモクセイ科のトネリコ(別名タゴ)に似ており、トネリコが複葉であるのに対し、これは小葉を持たない単葉であるとから「一つ葉田子」。
 別名は「ナンジャモンジャ」。ただ、地方によってはクスノキ、ニレ、イヌザクラ、ボダイジュなどもそう呼ばれるとのこと。

 萌えいでし若葉や棗(なつめ)は緑の金、百日紅(ひゃくじつこう)はくれなゐの金 (宮柊二・72)

 s-ナツメの新葉20200513
 ナツメの新葉。

 人生はあやなす闇へ一茎の菖蒲芽ぶけり刃(やいば)のごとく (中川昭・89)

 s-ダッチアイリス20200513
 ダッチアイリス。

 庭坂をおりて竹村(たかむら)のもとに來つ白う見えしはつづじがさける (佐佐木信綱・56)
 
 s-躑躅②20200513
 ツツジ。

 ぐわぐわとつつじひらけり陽のもとに押し出されゆくくれないの舌 (鈴木英子・05) 

 s-躑躅20200513
 ツツジ。@還太植物園はこまで。

 じゅっぽんのゆびを広げて指の間に五月の風を入れております (上野春子・00
 
 s-ヨシキリ②20200514
 今年、やっと撮れたヨシキリ。還太郎の住まいの西側には何十枚もの水田が広がっていたが、その大半に太陽光発電のパネルが設置された。休耕田だったところはネコヤナギやアシなどが生い茂り、ヨシキリやウグイス、キジなどの繁殖地なっていたのに・・・、残念。まだパネルの設置工事は続いており、野鳥の撮影も困難になってしまった。
 14日朝5時半頃、やっと撮れた。


 時間ひらたく大皿の縁にもりあがり今しあふれん五月の朝 (糸川雅子・00)

  s-ヨシキリ20200514
 
 ヨシキリの鳴き声が聞こえるのは5~7月中旬の間。仁部富之助著『野の鳥の生態』(大修館書店・1979年刊)の第4巻に、ヨシキリについて記載がある。以下、引用。

 五月、六月は鳴きほこる雄親の自慢の喉も、七月中旬頃から、そろそろあやしくなり、同下旬には急にとまってしまう。鳴かなくなったのではなく、時期がくると、鳴きたくても鳴けないのだ。彼らのある者が突如不如意になった自分の身、自分の喉を怪しむかのように、けんめいに声をしぼっているのをときどき見るが、いったんとまった喉はふたたびほころびることがない。いや、翌年の初夏までは長い長いお預けである。

 無数に生息する歌手たちが、その時期になるとわれわれの想像以上、急に鳴きやむことは意外である。秋田地方で女房達の会合とか、井戸端会議のおしゃべりが、突如とぎれた瞬間、「土用が来た」といって皆を笑わせる風習がある。これはもちろん、にぎやなオオヨシキリが土用の声を聞くと急に止まることになぞらえてのことであるが、けだし適切な諷刺といよう。


 閑話休題。還太郎は「庭園技能講座」の通信教育を受けることにした。昨年受講した「農業簿記3級講座」は終盤に挫折しそうになったが、家族や友人に言ってしまった手前、最後まで頑張らざるを得なかった。今回も、先ず宣言ありきで退路を断つ。乞うご期待。

 コロナ禍もちょっと下火になったようですが、油断大敵。皆さま、どうぞご自愛専一に願います。

  
プロフィール

還太郎+7

Author:還太郎+7
畑や庭での作業を楽しんで、晩酌・早寝・早起きの毎日です。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ