FC2ブログ

本来無一物

 本来無一物。 

 今年のタイトルは『中国故事成語辞典』(角川書店・1985年4月20日刊)から。
 『本来無一物』(ほんらいむいちぶつ)は、仏教で、全ての現象はもともと空(くう)で、絶対の存在はひとつもないこと。一切を空と悟って、ものに執着しない自由自在の心境。

 今回の短歌は、『現代短歌集成』(角川学芸出版・2009年11月30日刊)から。作者名のあとの数字は西暦の下2桁で発表年を示す。

 冬なれば毛深くなりしわが犬と外套を着し我と歩めり (高安国世・55)
 
 s-裸木20200116
 いつもの農道散歩。裸木が清々しい。

 付きて来し犬の姿が忽然と消えたるあたり青き空間 (大野誠夫・65)

 s-鳶20200116
 鳶の若鳥らしい。成鳥の尾羽は三味線のばち型になるが、そこまでは成長していない。何か気配を感じたのか振り返った瞬間。

 尾を追ひてまはる仔犬よ音符の輪きらきらしくて島の日だまり (大西民子・71)

 s-鳶②20200116
 アップにしてみたら、親鳥とはぐれてしまったかのような寂しげな眼差し。

 日のくれに帰れる犬の身顫ひて遠き砂漠の砂撒き散らす (大西民子・71)

 s-田人路②20200117
 これと次の写真は阿武隈山系の田人路。私が住むアパートの3階のベランダから西方に見える阿武隈山系を朝に夕に眺めているが、雨の日は白く煙って見えることが多く、山は雪かなと思う。どんな状態かな、何処まで行けるかなと出掛けて見たら、雪はこんな状態。「はだら雪」という言葉が浮かんできたが、念のため辞書をひくと、「まだらに降り積もった春の雪」の由。1月の雪には使わないようだ。1/19、ボランティア活動で一緒のグループになった新潟の方も、極端な雪不足とおっしゃっていた。

 曲がり角知り合いの犬と出会いたり間のわるき顔を一瞬したり (高安国世・78)

 s-田人路20200117
 ブナやコナラの原生林も1月の様相ではない。

 思ひつくといふこと犬の身にもあらむ雨の中来て戻りゆきたり (高栁サダエ・83)

 s-日だまり②20200117
 ここから6葉は@勿来の関。

 犬はいつもはつらつとしてよろこびにからだふるわす凄き生きもの (奥村晃作・88)

 s-日だまり20200117

 ゆうぐれは犬にも愁あるごとく傍らに来て焚火をみつむ (王紅花・95)

 s-裸木②20200117

 ぐずりし犬もいつしか眠りたり泣き寝入りするは人間(ひと)のみならず (石田比呂志・95)

 s-なにかな20200117

 犬の仔の耳やはらかく幾度(いくたび)も形を変へて風を聞きをり (渡辺幸一・97)

 s-アカゲラ②20200117
 アカゲラ2葉。木の枝が邪魔して、アカゲラの眼に光が届かず、置物のように見えてしまう。

 あたし犬あたしの仲間は人間で犬の友達おりませんの (梅澤鳳舞・99)

 s-アカゲラ20200117
 コゲラは何度も撮ったことがあるが、アカゲラは珍しい。

 さざんくわは空(くう)を切るはなほろほろと切らるる一切空の世界よ (水原紫苑・99年)

 s-山茶花20200120
 ここから以下は1/20の還太植物園。赤花の山茶花。
 
 山茶花はゆふべの雲にしろたへの花まぎれんとして咲きゐたり (佐藤佐太郎・75)

 s-山茶花②2020120
 白花の山茶花。

 心耐へてこの幾日をありにしか犬にもの言ふ今朝の子のこゑ (大河原マス美・00)

 s-ツワブキ20200120
 石蕗(つわぶき)。バックは赤花の山茶花。

 キュッと鳴る玩具を咬みてみずからをしずむるすべを仔犬は覚ゆ (上野久雄・01)

 s-水仙20200120
  水仙。

 花の奥にさらに花在り私の奥にわれ無く白犬棲むを (水原紫苑・04) 
 
 s-母子草20200120
 母子草。

 あのやうな人になりたかった私を人間になりたかった犬が見てをり (稲葉京子・05)

 s-なにかな20200120
 調査中。

 わが犬はぢっと目を見て話聞く留守を頼むにまなこ逸らせり (土屋亮・06)

 s-なにかな③20200120
 調査中。葉は肉厚に見えるが、実際に触ってみるとそれほどではない。たくさん見かける。松吉さんからご教示あり。金盞花(キンセンカ)とのこと。但し、Wikipediaでは「花径10cmほど」と記載され、『季節の花図鑑』(日本文芸社)では「花径1~5cm」との記載。でも、葉の形からしても「キンセンカ」のようだ。

 メロンパン犬と分けあふ昼さがりお前も私も微塵のいのち (渡辺茂子・07)

 s-オオイヌノフグリ20200120
 オオイヌノフグリ。庭のあちこちに咲いている。

 今回はここまで。皆さま、お体を大切になさってください。

 追記

 冬といへ春思はせる暖かさ照る陽のどかに空澄みわたる (小澤知江子・08)

 s-八重の梅20200121
 今日(1/21)、勿来の関へ行ったら梅が咲いていてびっくり。その一角だけ華やいだ光景が広がっていた。
 
梅の香の甦す微かな痛みあり春は来るより返さるるもの (高村典子・08)

 s-八重の梅②20200121

 「勿来関文学歴史館」の海側の傾斜地に咲いていた。花びらの先端が割れているのが桜、尖っているのが桃なので、丸い花びらのこれは梅だと思う。

 以上です。

 

五風十雨(ごふうじゅうう)

 今年のタイトルは『中国故事成語辞典』(角川書店・1985年4月20日刊)から。

 「五風十雨」とは、五日めに一たび風が吹き、十日めに一度雨が降ることで、農作物の生育に都合がよく、豊年の兆しであるとされた。「十日の雨土くれを動かさず、五日の風枝を鳴らさず」とも。

 今回の短歌は、『現代短歌集成』(角川学芸出版・2009年11月30日刊)から。作者名のあとの数字は西暦の下2桁で発表年を示す。

 あらためていま一度とも言ひがたき一点鐘に似るいのちかな (中原綾子・60)

 s-タンポポ20200109
 お正月で鈍った体を鍛えるべく連日1万歩超の農道散歩をしている。冬枯れで写真の材料は乏しい。さて、これは蒲公英(タンポポ)と思うのだが、花は地面に張り付くように咲いている。タンポポではないのかな。漢字表記の「蒲公英」は中国植物名の「ほこうえい)から。

 おのずからいのちのともしび消えゆくを待つごとくにも深く瞳を閉ず (渡辺順三・66)

 s-タンポポ②20200109

 かりそめの感と思はず今日を在る我の命の頂点なるを (窪田空穂・67)

 s-何かな20200109
 
 無灯火の峡の夜ふけて月ながら降る雪吾の命きよめむ (三浦武・75) 

 s-ホトケノザ20200109
 仏の座(ホトケノザ)。

 植えざれば耕さざれば生まざれば見つくすのみの命もつなり (馬場あき子・77)

 s-ナズナ2200109
 薺(ナズナ)。

 さしのぞく深井の底に映れるはいづこより来し小さき顔ぞ (伊藤雅子・88)

 s-オオイヌノフグリ20200109
  大犬の陰嚢(オオイヌノフグリ)。

 魂の最も深きところより滲み出る部位を顔とし寫す (佐々木六戈・03)

 s-セイタカアワダチソウ20200109
 背高泡立ち草(セイタカアワダチソウ)。

 年が明けて、いわきのボランティアセンターの活動は土日のみとなった。1/11・12、両日とも7名のグループで同じお宅の室内清掃作業。通常は浸水被害の部分掃除をする。ただ、高齢独居女性かつ闘病中(左手も麻痺)とのことで、床上浸水レベルより高い部分も掃除。蛍光灯の交換も。 
 
 11日は還太郎が勤務していた会社のOBと一緒になった。フルマラソン・坂道のぼりのサイクリングが趣味とのことで体力充分。キッチンの引き出しを全部徹底掃除してくれた。

 12日は7名中3名が南会津の方(うち一人は、お父さんと一緒に参加した小学校5年生のお嬢さん)。「雪深いところから大変ですね」と声を掛けると、「雪祭りの開催が危ぶまれるほど降雪が少ない」とのこと。あとは埼玉・大阪・福島市の方と還太郎。2日がかりの掃除で室内は大分きれいになり、Before・Afterの写真を並べてみたいところ。参加者全員が達成感を味わいつつ、終了。 

 さて、いわきの日の出時刻は1月6,7日の6時50分10秒を境に早くなり、今朝(1/13)は6時49分27秒。この間に日没時間は6分ほど遅くなっており、日に日に春が近づいている。

 今回はここまで。皆さま、お元気にお過ごし下さい。

沈魚落雁、閉月羞花

 明けましておめでとうございます。皆さまのご多幸とご健勝を祈念いたします。

 今年のタイトルは『中国故事成語辞典』(角川書店・1985年4月20日刊)から。

 「沈魚落雁、閉月羞花(ちんぎょらくがん、へいげつしゅうか」)は、美人を最大級に形容することば。美人に会うと、その非常な美に圧倒され、魚は深いところ沈み隠れ(沈魚)、雁は見とれて列を乱して落ち(落雁)、月は雲間に姿を隠し(閉月)、花は恥ずかしがってしぼんでしまう(羞花)ということ。
 『荘子』の中のことばをもじったもの。荘子本来の意味は、美人の形容ではなく、人間には美人に見えるものも、魚はこれを見るとおびえて水底に沈み、鳥は驚いて空高く飛び上がるというもの。

 今回の短歌は『現代短歌集成』角川学芸出版・2009年11月30日刊)tから。作者名のあとの数字は西暦の下2桁で発表年を示す。テーマは『雪』。 

 この冬も粥のやしない蹌踉たりあかとき路地はうつくき雪 (坪野哲久・71)

 *「粥の養い」とは1/7に食べる七草粥かと思った。ただ、「蹌踉」(そうろう)とは足もとのおぼつかないさまをいうので、米の蓄えが充分ではなく粥飯でしのいでいるということかな。

 s-サザンカ20191231
 @還太植物園。山茶花2葉。

 暗を來て家洩るる燈を横切ればわれにしきりに降る雪が見ゆ (早川幾忠・74)

 s-サザンカ220191231

 倒れぎわを鮮烈に匂いし椴松(とどまつ)によもすがらなる雪となりたり (坂田博義・74)
 
 s-ハクチョウ②20200105
 @鮫川、沼部大橋付近。白鳥、鴨、百合鴎などなど。

 きしきしと雪ふみかへるわれはいま優柔の果ての科(とが)負ふらしも (上田三四二・75)

 s-ハクチョウ20200105
 息、ピッタリ。 

 閑寂が音となりゐるごとくにてしんしんと雪いちにち止まぬ (植田多喜子・76)

 s-ユリカモメ20200105
 給餌する人が現れると、ユリカモメはホバリング開始。

 積雪遠屋根にひらめくことありて鶴などのわらふごとくあかるき (葛原妙子・77)

 s-カシラダカ20200107
 頭高。

 音たてぬ川に音なく降る雪をわが身のうちにひびかせて聴く (大塚陽子・82)

 s-アオジ20200107
 青(アオジ)。「鵐」の訓読みは「しとど」(古くは「しとと」)。アオジ、ノジコ、ホオジロ、ホオアカなどの小鳥の古名。

 皆さま、今年もよろしお願いします。

十二月尓者 沫雪雫跡 不知可毛 梅花開 含不有而 (紀少鹿女郎)

十二月(しはす)には、淡雪降ると、知らねかも、梅の花咲く、ふふめらずして (きのをしかのいらつめ)

 今年のタイトルは万葉集。「十二月には淡雪が降るということを知らないのでしょうか。梅の花が咲いています。つぼみのままではいないで」の意。

 今回の短歌は「日経歌壇 19年の秀作〈下〉」(12/29)から。

 羽根は腕よりも苦しみを見えやすくする地面を何度も打つ羽根 (東京・田中有芽子)
 
 s-日だまり20191227
 日だまり@勿来の関。以下、野鳥の写真は近くの水田の耕作放棄地で。それ以外は勿来の関で。

 12/24、私の年内のボランティア活動は終了。年明け以降、ボランティアセンターの設置は土日のみの由。10月下旬から生活の中心がボランティア活動だったので、拍子抜けの感あり。年明け以降の活動は事前予約が必要とのことで、1/11,12を予約した。

 太陽を機窓船窓車窓にと嵌めて見にけり今日一日に (横須賀・丹羽利一)

 s-赤い実20191227
 男ようぞめ(オトコヨウゾメ)かな。図鑑には「秋には葉が美しく紅葉するが、乾燥すると黒くなるという特徴というを持っている」と。
 名前の由来はガマズミ類をさす木曽・下伊那地方の方言が「ヨウゾメ」で、他の果実は生食できるが、この果実は赤くて大変きれいだが苦くて食べられないので、「男」をつけたとのこと。
  
 そう言えば伝わりますとあずかった伝言を抱き渡る桟橋 (小牧・戸田響子)
 
 s-正面像20191227
 頭高(カシラダカ)かな。

 棄てられるドールハウスの中に眠る私を早く起こさなければ (仙台・山上秋恵)

 s-なにかな320191227
 こちらの方がカシラダカの特徴が出ている。名前の由来は、興奮すると頭頂部の羽を立たせることによる。

 「カマドウマ」名前があれば怖くない名前を知らぬ虫に囲まれ (インド・須田覚)

 s-なにかな20191227
 ルリビタキの♀かな? 尾が見えないのが残念。 

 鐘の数で0時を表す術がなく振り子時計が12回打つ (札幌・清信かんな)

 s-松ぼっくり20191227

 青空を折りたたみ式にリュック詰め戦争おこれば逃げる覚悟だ (つくば・潮田清)

 s-山茶花かな20191227
 サザンカ。 

 銀行の前で空見るガードマン空飛ぶ強盗まだ現れず (守口・小杉なんぎん) 

 s-なにかな220191227
 権萃(ゴンズイ)かな。名前は材がもろくて役に立たないので、利用価値のない魚のゴンズイの名を当てたといわれるが、真偽は不明の由。

 因みに、魚のゴンズイはこれ。ナマズの仲間で、成魚となるとナマズによく似た姿となる。背びれと胸びれの第一棘条には毒がある。毒針さえ取り除けば、白身の美味な魚で、味噌汁や煮物、天婦羅なとで食されるとのこと。
 s-ゴンズイ

 今日(12/30)、いわきは雨。本棚の整理をしていて、今年最も啓発された本は「ホモ・デウス」(ユヴァル・ノア・ハラリ著・河出書房新社)だなと思った。カズオ・イシグロは「優れた作品である前作の『サピエンス全史』よりも面白く読める、より重要な作品である」と、ビル・ゲイツは「人類にとって何が待ち受けているのか、思慮深い考察を著している」と評価。

 s-img053.jpg

 それでは皆さま、良いお年をお迎えください。 

霜干 冬柳者 見人之 蘰可為 目生来鴨

 霜枯れの冬の柳は見る人のかづらにすべく萌えにけるかも (詠み人知らず)

 今年のタイトルは万葉集。「霜で枯れた冬の柳は、見る人の髪飾りになるくらいに芽がでています」の意。

 今回の短歌は12/7の日経歌壇から。

 兜太なき秩父は寂と秋深しをりふし遍路の鈴の音ひびく (町田・谷川治)

 「兜太」は俳人・金子兜太のこと。2018年2月20日没。埼玉県出身。現代俳句協会名誉会長、日本芸術院会員、文化功労者。 

 s-芙蓉20191201
 今回の写真は全て@還太植物園・還太池。芙蓉の花殻。
 
 約一ヶ月振りのブログ更新となった。この間、雨の日と土日以外は殆どボランティア活動に参加。16時頃には帰宅し、シャワーを浴びてハイボール缶をプシュ・・・。その後は焼酎のロック(今晩からお湯割りに変更)をチビチビと飲み、早い時は21時頃に就寝。ブログ用の写真を撮る時間もないし、前に撮った写真でブログを作製したいと思う頃は既に酔眼朦朧。そんなわけでちょっと用事があってボランティアに参加しなかった今日、一ヶ月振りの更新となった次第。

 スカイツリーが成長期だったあの頃は窓から眺める楽しみがあった (横浜・森秀人)

 s-冬枯れのビオトープ20191201
 冬枯れの様相を呈し始めた還太池。金魚やメダカは水生植物の下に潜ったままで姿を見せない。コイは時折姿を見せるが、エサは殆ど食べない。

 生きながら死んでいるような目をしても生きているから酒を呑む人 (守口・小杉なんぎん)
 
 s-石垣菊20191201
 
 ボランティア活動では、全国各地からの参加者と数名~十数名のグループで作業をする。車中泊できるように軽自動車を改造し、1ヶ月間活動された北海道の方。12/1に帰ると言うので、地元の人間としてお礼をしたい、居酒屋で御馳走させてほしいと言ったら、あまり乗ってこない。では割り勘でどうと聞くと、それならどこでもお供しますと快諾。一次会の焼鳥屋はきっちり割り勘したが、酔余の勢いで乗り込んだショットバーは持たせてもらった。床下の泥だしの作業になると、彼は合羽を着用して床板の下に潜り込んで泥を掻き出すなど脱帽もの。 

 プロローグとエピローグだけ書いてある物語として冬蝶の翅 (和泉・小野田裕)

 s-還太植物園⑥20191201
 
 なにわナンバーの乗用車でボランティアによく参加される女性(たぶん先輩)は、毎回参加者が活動現場を往復するため交通手段として車を提供。トランクには何も入っておらず、スコップその他の用具を運ぶことも厭わない。いわきに家を借りて参加している由。

 われ死なば妻は絶対泣くだろうそれから笑う十日ほどして (仙台・岩間啓二)

 s-還太植物園⑤20191201

 雨が降らない限り毎日参加しているS君は地元の方。足に障害があるのに、泥出し等のハードな作業に好んで参加。

 滝のごときビル壁面の電飾の一箇所欠けてさらに際立つ (横浜・石塚令子) 

 s-還太植物園③20191201
 
 東京から来たという20代の青年は、「寄付は嫌いです、どんな使われ方をするのか分からないから。自分で参加すれば、間違いなくお役にたてていると実感できます」とのこと。
 
 二十年使い続ける一分の遅れ毎朝合わせる時計 (横浜・橘高なつめ)

 s-還太植物園②20191201

 これまでに地元以外では北海道、岩手、宮城、茨城、千葉、埼玉、群馬、東京、神奈川、愛知、大阪、奈良、岡山、広島、山口、愛媛、大分、熊本の方と同じグループで活動した。「どうしていわきに来てくれたのですか、なにかいわきにご縁がおありですか」と伺うと、「いわきはボランティアが足りないとネットで知ったから」との返事が最も多い。他には、以前3年ほどいわきに勤務していたことがあるとか、妻の実家がいわきなのでとか。全国の被災地に赴いているという方も多い。
 ボランティアセンターのスタッフも北海道、青森、秋田、岡山等の社会福祉協議会から派遣されている。

 のんびりと動く重機がマンモスの骨掘り当てそうな小春日 (千葉・深海泰史)

 s-還太植物園20191201

 ボランティアは老若男女を問わず、とにかくよく働く。手当をもらって作業すると、同じ手当なのにあいつは動きが悪いとか、自分ばかりが大変な作業を割り当てられるという不満も出るが、ボランティアは作業する気満々の方が参加していることは皆が承知しているので、他の参加者への不満はまず出ない。作業時間内にこの現場を完了しようという思いは一つ。
 
 枝を伐るあなたの下で枝集め運動会のような冬支度 (福島・横山ひろこ)

 s-コケの培養20191201
 実家のあちこちで舗装の割れ目から清水が沁み出すので、コケが元気に成長。

 台風19号とその後の大雨で、いわきでは1万戸弱が床上浸水の被害。まだまだボランティアの活動が必要。床下の泥出しなどの重作業ばかりでは無く、災害ゴミの分別、住宅内の掃除といった軽作業もあるので、ぜひご参加を。

 荒む世に生くる子の無事を祈りをり澄みわたる空に満天の星 (青森・安田渓子)

 s-コケの試し植え20191201
 こちらは砂地(土砂)に試植したコケ。雨が降るたびに生気を取り戻す。来年は100平米ほどに広げようかな。

 それではまた。気温が乱高下してます。ご自愛ください。
プロフィール

kantarou + 7

Author:kantarou + 7
畑や庭での作業を楽しんで、晩酌・早寝・早起きの毎日です。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム