FC2ブログ

夏の野の 繁みに咲ける 姫百合の 知らえぬ恋は 苦しきものを (大伴坂上郎女)

 夏の野の 繁みに咲ける 姫百合の 知らえぬ恋は 苦しきものを

 今年のタイトルは万葉集。夏の野の草が茂っているなかに咲く姫百合のように、思う人に知られることなく恋焦がれているのは辛いものです、の意。作者は大伴旅人の異母妹であり、大伴家持の叔母・姑でもある。恋多き万葉女流歌人。

 今回の短歌も『現代短歌集成』 (角川学芸出版・2009.11.30刊)から。やはり8月は鎮魂の月。作者名のあとの数字は西暦の下2桁で発表年を示す。

 餓ゑ逝くは多くをさな児草木を喰ひつくしたる砂漠まなかに (永平緑・93)

 s-ビオトープ化してきた還太池20190822
 @還太池。池の水の浄化が進み、池底の小石まで見えるようになった。黄色のスイレンから右方向に視線を動かしていただくと、池底を泳ぐ3匹の稚鯉が見える。スイレンを8株追加したので、来年の夏は水面は殆ど緑の葉に覆われるのでは。

 敗戦の前後のわが飢餓まざまざと難民キャンプの給食の列 (古玉従子・97)

 s-スイレン20190817

 飢ゑに死にし兵の瞳にたちまちに蟻は這ひゆくを我は見てをり (大木平・00)
 
 s-スイレン20190822

 戦はず飢ゑに逝きたる叔父なるかレイテ戦記読みつつおもふ (前田充・07)
 
 s-サルスベリ20190822
 池のほとりのサルスベリ。
 
 沖縄戦かく戦えりと世の人の知るまで真白なる丘に木よ生えるな草よ繁るな (仲宗根政善・88)

 s-田人路にて20190829
 ここから8枚(オニユリまで)は田人路の林道で撮影。

 後の世に打電されたる電文か沖縄県民斯戦えり (大平勇次・04) 

 s-紫の花20190829
 ツリフネソウ。

 草も木も人も絶ゆると怖れたる声々の果〈核〉ふえゆけり (苔口萬壽子・83)

 s-白い花20190829
 イワシャジンかな? 図鑑には中部地方、関東地方西北部に咲くとあるので、違うかな。 ツリガネニンジン(以下、青字ははっぴーさんからのご教示)。

 硫気吹く島のいくさに手も足も焼けうせてなほ子は生きてゐよ (岡野弘彦・78)

 s-黄色の花②20190829
 キンミズヒキ。

 戦いに沈みし船の幾千の死者らが夜の船底たたく (井口世津子・94)

 s-黄色の花20190829
 キツネノボタンかな。

 ふるさとの戦の惨を呑みほして喜屋武の海面の青き鎮もり (與那覇久美子・04)

 s-ホトケノザ20190829
 ホトケノザ。 クルマバナ。

 妻枕(ま)かず戦の野に曝(さらさ)れゆきし兄よふるさとの野の花を見よ (青木ゆかり・06)

 s-ゲンノショウコ20190829
 ゲンノショウコ。

 はるかなる記憶といえどあざやかに戦を知ればわれは譲らず (影山美智子・07) 

 s-オニユリ20190829
 コオニユリ。

 ものしづかに暮れてゆく春ふたたびをいくさはあるな地平は緑 (伝田幸子・08)

 s-ミント20190829
 以下2枚は@還太植物園。カーリーミントかな。

 唐黍の焼くる匂ひに顕つ亡母(はは)も戦も遠き記憶となれり (神辺園子・01)

 s-タカサゴユリ20190829
 タカサゴユリ。

 戦争は始まってしまえばもう止め様がなくなるというのは歴史の示す通り、始まってしまえば阿鼻叫喚の地獄。歴史に学びたい。

 7月は連日の雨、月末の台風が去ったら、8月は猛暑。夕方になると雷は鳴るのだが結局雨は降らない。それがこのところ夕方になるとスコール級の雨。ここはハワイか? まあ、着実に涼しくなっていることは間違いない。

 『あふれでたのは やさしさだった・奈良少年刑務所・絵本と詩の教室』(寮美千子・西日本出版社)をお勧めします。

前書きを転載する。

 刑務所に入るような人は、がさつで凶暴な人だろう。
 何を考えているかわからない恐ろしい人に違いない。
 漠然とそう思っていた。
 ところが奈良少年刑務所で出会った少年たちは、まったく違っていた。
 想像を絶する貧困の中で育ったり、親から激しい虐待を受けたり、
 学校でいじめられたり・・・・・・。みんな、福祉や支援の網の目からこぼれつづけ、
 加害者になる前に被害者であったような子たちだった。
 それぞれが、自分を守ろうとして、自分なりの鎧を身につけている。
 いつも無意味に笑っている、わざとふんぞりかえる、
 殻に閉じこもる、くだらない冗談を連発する、妙に姿勢がいい・・・・・・。
 千差万別のその鎧は、たいがい出来がよくなくて、
 自分を守るよりも、自身をさらなる窮地に追い込んでしまう悲しい代物だった。
 それも仕方ない。周囲に助けてくれるおとなもいないなか、
 幼い彼らが必死で考案し、身につけてきたものなのだから。
 そんな彼らは、心の扉を固く閉ざしていた。自分自身の感情もわからないほどに。
 けれども、その鎧を脱ぎ捨て、心の扉を開けたとたん、
 あふれでてきたのは、やさしさだった。
 重い罪を犯した人間でも、心の底に眠っているのはやさしさなんだ。
 ほんとうはだれでもが、愛されたいし、愛したい。人間って、いい生きものなんだ。
 彼らに出会って、わたしはそう確信するようになった。
 心の扉を開いた鍵は「詩」。そして受けとめてくれる「仲間」の存在。
 「自己表現」+「受けとめ」は、傷ついた彼らの心を確実に癒していった。 
 2007年から足掛け十年、「社会性涵養プログラム」の一環として、
 奈良少年刑務所で行ってきた「物語の教室」の軌跡を記した。
 奇跡だと思ったけれど、違った。百八十六名、一人として変わらない子はいなかった。
 彼らの本当の姿を、この記録を通じて、知っていただければ、幸いです。
  

 皆さま、夏の暑さの疲れが出る頃です。ご自愛専一に願います。

大海尓 荒莫吹 四長鳥 居名之湖尓 舟泊左右手 (作者不明)

大海に あらしな吹きそ しなが鳥 猪名(ゐな)の港に 舟泊(ふねは)つるまで

 今年のタイトルは万葉集。意味は、大海に嵐よ吹かないで、猪名の港に舟が着くまでは。「しなが鳥」は「猪名」の「ゐ」を導く枕詞とのこと。「猪名の港」は兵庫県の猪名川のどこかとかと推定されているらしい。

 今回の短歌は『現代短歌集成』(角川学芸出版・2009.11.30)刊から。作者名のあとの数字は西暦の下2桁で、発表年を示す。

 八月は千万の死のたましずめ夾竹桃重し満開の花 (山田あき・77)
 
 s-スイレン20190806
 @還太池。スイレンが次々と咲く。交差する黄色の糸は、コイやキンギョを狙うシラサギ対策。

 騒然と明るき街や八月を負の月とする意志の混濁 (野村久雄・08)

 s-スイレン②20190807

 夏空のむなしき青さよみがえる原爆忌または八月十五日 (葛原繁・80)

 s-スイレン③20190807

 原爆忌穏やかに過ぎ列島に鮮血のごとく湧く百日紅 (富小路禎子・93)

 s-スイレン④20190807
 池のアオコ大発生の原因は日当たりが良すぎることらしいので、8/15、更に8株追加してもっと水面を覆うことにした。

 原爆忌ふた持つ国、椒(はじかみ)の口ひびくがに蝉鳴きしきる (杜澤光一郎・08)

 s-フヨウ20190809
 フヨウ。
 
 亡びたる夏の記憶に灯のともる燈籠の群(むれ)水の上ゆく (大野誠夫・65)

 s-アカウミガメ20190810
 こちらはKennyさん(高校の同級生)からのメールに添付されていたウミガメの写真。撮影場所はいわき市の薄磯海岸。8/10、お孫さんとの散歩中に見つけた、翌日には姿を消したとのこと。アカウミガメのようだ。いわき市はアカウミガメの産卵地の北限と言われている。2007年には宮城県山元町でも確認されたが、その後観測されていない由。8月はまだ産卵の時期。無事に産卵して海に戻ったのかな。

 つゆの世はつゆの世ながら存(ながら)へて万灯流すこの濁り川 (蒔田さくら子・86)

 s-アカウミガメ②20190810
 10月19日の夜、いわき市の新舞子海岸では、アカウミガメの赤ちゃん70匹が海に放たれた。同年8月、新舞子海岸で産卵の跡があることに地元の人が気づいた。連絡を受けた同市の海洋科学館「アクアマリンふくしま」の職員が、アカウミガメの卵を確認。津波の影響もあって砂浜の浸食が激しいため、「満潮時に水没す恐れがある」と、同館が卵を取り出し保護していた。(朝日新聞、2012.10.20から抜粋)

 今回はここまで。皆さま、残暑お見舞い申し上げます。 
 

天(あめ)の海に 雲の波立ち 月の船 星の林に 漕ぎ隠る見ゆ (柿本人麻呂)

 (あめ)の海に 雲の波立ち 月の船 星の林に 漕ぎ隠る見ゆ (柿本人麻呂)

 今年のタイトルは万葉集。天を海に、雲をその海に立つ波にたとえ、月の船がそこを滑るように進み、やがて輝く星の中に隠れていくさまを詠んだ歌。「月の船」とは三日月のことらしい。

 今回の短歌は、『現代短歌集成』(角川学芸出版・2009年11月刊)から。作者名の後の数字は西暦の末尾2桁で、発表年を示す。

 百段(ももきだ)の田をつぎつぎにひたしゆく水の下降に涙湧きくる (前登志夫・64)

 s-メダカは浅瀬が好き20190722
 @還太池。メダカは浅いところが好き。木箱に池底の土砂を入れて水生植物を植えた。池底がデコボコなので箱が傾いており、メダカも入り込む。
 
 青田中真日照るのみの道を来て白き蝶に遭ひ黄の蝶に逢ふ (田谷鋭・73)

 s-アオコ対策20190716
 池の工事のため周りの木をすべて切らざるを得なかった。日当たりが良すぎる池ではアオコが大発生。池の水は緑の絵の具を大量に解かしたような状態に。この木箱の中には収納ケースが2段重ねてあり、軽石、砂利、砂、炭、濾過マット、濾過材などが入っていて、アオコや土砂が回収された水は、収納ケースの底にあけた数十個の穴から池に流れ込む。
 今日現在、この濾過装置は順調に稼働しているが、水の吸い上げ量(小型水中ポンプ使用)と濾過装置からの排水量のバランスをとるのが難しく、30回近くの改良を重ねた。今は母屋から水中ポンプへ電気を供給しているが、近いうちに太陽光発電をするつもり。

 眼窩数多もてるおどろの実を結び月夜風の夜蓮田(はちすだ)冷ゆる (富小路禎子・93)

 s-泰山木②20190722
 @還太植物園。泰山木はまだ幼木なのに、ソフトボール大の見事な花を咲かせてくれた。

 青さざ波湧きつぐ稻田に對ひゐて確かにわれは農民の裔 (太田青丘・96)

 s-いい感じの野原風に②20190722
 感じのいい野原になってきた。

 山峡の棚田は四角も眉形もありて夕ぐれを黒く光れる (大塚洋子・00)

 s-いい感じの野原風に20190722

 さやさやの青田のなかに杭ひとつ鴉の去ればまた杭ひとつ (砂田暁子・00)

 s-田人路20190728
 7/27~28、東京・渋谷在住の友人(実家はいわき)が遊びにきてくれた。27日はビッキさんの山荘で22時まで酒盛り。翌28日はいつもの田人路を徘徊。ブナやコナラ、モミジ等々の林は涼しくて快適。

 青き海ひろき砂丘の内灘をわがものとして幾たびの夏 (芦田高子・54)

s-オカトラノオ20190728
 オカトラノオかな。

 やがて海へ出る夏の川のあかるくてわれは映されながら沿いゆく (寺山修司・58)

 s-ダイコンソウかな20190728
 ダイコンソウかな。

 記憶には星のごとくに咲きてゐし山百合もかの夏ほどは咲きゐず (吉野昌夫・75)

 s-ヤマユリ20190730
 ここからは7/30の写真。あまりに暑いので野良仕事を中断し、田人路をドライブ。道路沿いの雑草は刈り込まれているのだが、ヤマユリは残されており、そこここに見られる。

 百合の蕊かすかにふるふこのあしたわれを悲しみたまふ神あり (雨宮雅子・80)

 s-ヤマユリ②20190730

 合歓ゆれて涼しき夕べ聖ドミニコ修道院の窓少し開く (柏崎驍二・83)

 s-ネム20190730
 ネム。

 野のみちのほたるぶくろに蛍火のともると思う長き夕映え (武川忠一・81)
 
 s-ホタルブクロかな2019730
 ヤマホタルブクロかな。

 青蚊帳に寝(いね)し夜思へばそのかみの夏はさまざまな匂ひしており (花山多佳子・98)

 s-アカハラの幼鳥かな20190730
 @還太植物園。アカハラの幼鳥かな。

 茄子の棘オクラの棘にくらくらと目眩おぼえしまま夏を越ゆ (足立昭子・02)

 s-アカハラの幼鳥かな②20190730

 ただいま8/3 の13時過ぎ。「NHKニュース防災」アプリから「熱中症・厳重注意」とか「熱中症・危険・運動禁止」が伝えられてくる。ベランダで温度を測ったら(直射日光下に温度計を5分ほど置いた)、38.5℃ (◎_◎;) 。八ヶ岳のishichanさんにメールしたら、同所は25℃ほどとのこと。あ~あ、八ヶ岳に行きたいよーーー。

 皆さま、ご自愛専一に願います。

天漢 霧立渡 且今日々々々 吾待君之 船出為等霜 (藤原房前)

 天の川、霧立ちわたる、今日今日と、我が待つ君し、船出すらしも 
 
 今年のタイトルは万葉集。天の川に霧が立ち込めています。今日か今日かと、私が待っていたあなたが、船出をされたでしょう、の意。彦星は、天の川を船で渡って来るらしい。

 今回の短歌は、『現代短歌集成』(角川学芸出版・2009年11月30日刊)から。雨の歌を選んでみた。作者名のあとの数字は、発表された年を西暦の末尾で示す。

 いつまでも明けておく窓に雨匂ふもしや帰るかと思ふも寂し (大西民子・56)

 s-赤いスイレン20190713
 @還太池。スイレンの花は、朝開き、夕には閉じてしまうが、それも3、4日の命。たまたま13日から16日にかけて3つ同時期に開花した。

 あれは確かに降り出でし雨のしぶきにて草は濡れわれも濡れなほ眠りゐし (小野茂樹・68)

 s-白いスイレン20190716

 感情の起伏の如く来ては去る雨といいえども暖かき雨 (高安国世・72)

 s-黄色のスイレン20190716

 雨の水光となりてくだる坂ありこころ響(な)りつつ仰ぐ (山本かね子・81)

 s-メダカ20190716
 スイレンの葉の周りを泳ぐ小さな魚は、メダカの稚魚。

 雨はれて山の中腹にいる雲のしろじろとして湖に影ひく (高安国世・81)

 s-鯉20190714
 餌を投げ入れてもなかなか反応しなかったコイの稚魚も、最近は爆食。 

 雨の日の雨の色など書きよこす短き手紙にこころ揺れおり (大塚陽子・82)

 s-黄色の花20190713

 昼冷えて雨通りゆく図書館に這ふ蔦の葉はあまねく青し (篠弘・84)

 s-白い植物②20190716

 雨ながらかすかに虹の浮く空と知りて歩みのあかるむ如し (大西民子・86)

 s-白い植物20190713

 花にふるあかつきがたの細き雨ともしびは届くその花のへに (吉田正俊・95)

 s-アジサイ20190716
 これ以下は@還太植物園。

 雨のむかうに透けて見えゐるその町は何とさびしく雨が降りゐる (河野裕子・00)

 s-オレンジの花20190716

 木末(こぬれ)よりしたたるみどり一滴に世界をすべて閉ぢこめて雨 (寺井淳・01)

 s-赤い花2010716

 花ふたつ全くひらき暁の雨をたたへし浄きしづまり (小暮政次・03)

 s-ヤマボウシ20190716
 ヤマボウシ。

 帰らざる時の彼方を漆黒の雨はたばしり居るのであろう (福島泰樹・04)

 s-ザクロ20190716
 ザクロ。

 7/19、農業簿記3級の合格通知が来た\(^o^)/。 25問中22問正解。今回の合格率は約60%とのこと。

 今回のテストで最も心配したのは、自分の電卓計算力。過去の出題を見ると、決算のための「精算表」には7~8桁の数字が40行ほども並んでいる。それに期末決算用の修正処理をするのだが、私が電卓を叩くと、表の左右の合計が一致しない。

 講習を受けていた時期には、決算書作成の宿題は自宅のパソコンでExcel (表計算ソフト)を使っていた。そうしないと、いつまでも左右の合計が合わない。

 7/7の受験日の数日前に、18年度のテスト問題と解答が郵送されてきたので、本番に備えてパソコンは使わずに電卓で解こうとしたら、テスト時間の90分を過ぎても40%程度しか進まない。これには焦った。

 それから数日間、過去数年間のテスト問題に取り組むも、電卓能力なんて、そんなに急には上がらない。ため息つきつつ計算に取り組んでいると、頭が痛くなってくる。そういう時は、車で10分ほどの実家に行き、還太池のほとりに佇み、コイ、キンギョ、メダカに餌を与えて暫しクールダウン。受験することは家族や友人にも言っているし、ブログにも書いた。逃げられない・・・(T_T)。

 そんな憂鬱な日を送っているうちにひらめいた( ^o^)。 決算表の最終行の年間損益額は当然出題されるが、他の行の数値は修正欄に転記すればいい (資産や経費の、どの項目に転記すべきかは理解している必要がある) 問題もある。そういう欄を先に埋めて、時間に余裕があったら最終行の年間損益額を計算すればいいではないか。 一問当たりの点数はどれも同じ。 窮すれば通ずだ o(^▽^)o 。

 皆さま、そんなことで還太郎は、車の運転免許以外の初めての「資格」を取得できました。何か新しいことに挑戦するのも、いいのかも。

 7/21、追記。そもそも農業簿記の勉強をしようと思ったきっかけは、無料で3時間×6回の講習を受けられること。講習は主催・福島県いわき農林事務所、共催は福島県農業共済組合いわき支所。費用はテキストと問題集の代金1,728円のみ。会場はいわき農林事務所が提供し、毎回ペットボトルのお茶も出してくれた。また、農業簿記の受験手続等は農業共済が代行するとともに試験会場も提供。農業に携わる皆さんが経営の現状を正確に把握することで、福島の農業をより一層強いものにしたいという両者の熱意を感じた。大変お世話になった。
 因みに、いわき市の新規就農者は10人/年ほどとのこと。広大な面積のいわき市(全国12位。1,232㎢、但し可住地面積3割・森林面積7割)で、「新入社員」が毎年10名では大変 (´・_・`) 。

春者毛要 夏者緑丹 紅之 綵色尓所見 秋山可聞 (詠み人知らず)

 今年のタイトルは万葉集。「春は萌え、夏は緑に、紅のまだらに見える秋の山かも」。

 今回の短歌は『現代の短歌』(篠弘編著・東京堂出版)から、小島ゆかりの作品。小島は昭和31年、名古屋市生まれ。日常をモチーフとし、詩的に展開される家族詠。

 おほぞらに鋏を入れし者ありやこよひ半弧の月鮮しき

 s-ヨシキリ20190619
 ヨシキリ。
 
 春、ことに無用の物らなつかしきたとへば耳付花瓶の耳など

 s-黄色の花20190619
 黄色の花はクサノオウ(ケシ科)。万葉集にも「夏は緑に」とうたわれているように、濃淡色々な「緑」の宴。
 
 一本の木を見てゐしが目薬を差せばひそかにその木溺れつ

 s-モズ20190619
 モズ。

 新しきインクをおろす風の朝 青桔梗あをききやうと声す

 s-ピンクの花20190619

 アメリカで聴くジョン・レノン海のごとし民族はさびしい船である

 s-チョウ20190619
 
 死を囲むやうにランプの火を囲みヘブライ暦は秋にはじまる

 s-ヨシキリ20190622
 毎朝恒例のヨシキリ観察。

 月ひと夜ふた夜満ちつつ厨房にむりッむりッとたまねぎ芽吹く

 s-農道で20190622
 ミゾカクシ(キキョウ科)。

 浅漬けの茄子しくしくと二杯目のごはんおいしき夕立のあと

 s-モズ20190622
 巣作りの材料にするのか、枯れた植物を咥えたモズ。

 寄せ鍋の泡ぶく立つた煮え立つた この世のことはごちやごちとする 

 s-キジ20190622
 キジも元気。

 なめこ汁どろりとすすり霧の夜のふかいふかあい暗愚のこころ

 s-スミレ20190622
 @還太植物園。既報の通り、スミレ満開。

 しろじろと繃帯ながれゐるごとき霧の朝なり手足より覚む

 s-シャラの蕾20190622
 シャラの蕾。

 干草のにほひするかなパトリシアが踊るアルゼンチンのポルカは

 s-シャラ20190622
 シャラの花。シャラは別名「夏椿」。朝咲いて、夕方にはポトリと落ちてしまう一日花。

 上階に深夜のわらひ ひとたびは大笑ひするイエスを見たし

 s-ウグイスかな②20190623
 以下2葉は6/23撮影。鳴き声は響くものの姿はほとんど見せてくれないウグイス。今朝は曇天なのでカメラを持たずに農道散歩に出かけようかと思ったが、何があるか分からないからと自分に言い聞かせてカメラを携行。良かった・・・。これで陽がさしていれば、ウグイスの眼にポチッと光が入ったのになあ・・・。

 希望ありかつては虹を待つ空にいまその虹消えたる空に

 s-ウグイスかな①20190623

 農家のベンツといわれている「軽トラ」(中古)を買うことにした。これで、私の車が土まみれにもならないし、草刈り機や刈り払い機、管理機などを実家より高い位置にある畑で使用するのも億劫ではなくなる。また、池のビオトープ化の一環で、流木を拾ってきたり、水草を採集したいと思っているが、4輪駆動の軽トラは少々の荒れ地・砂地・湿地でも大丈夫。楽しみ、楽しみ・・・。


 
 
プロフィール

kantarou + 6

Author:kantarou + 6
畑や庭での作業を楽しんで、晩酌・早寝・早起きの毎日です。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム