FC2ブログ

撮れた! 四十雀

 シジュウカラ(四十雀)の名は鳴き声から。 

 スズメ目シジュウカラ科。さえずりは「ツツピーッツピー」、地鳴きが「チ・チジュクジュク」と表されるので、「シジュウ」は鳴き声を表したものとのこと。なかなか可愛らしいし、色彩に乏しいわけではない。「シジュウカラ」というと、お小遣いをもらえない亭主の財布みたいな連想が働いてしまう。悔やまれるネーミングでは?
 シジュウカラ121008
 
 U公園の散策路を歩いていくと、いつも「ツツピーッツピー」と可愛い鳴き声がする。時折姿は見えるのだが
せわしなく枝から枝へと移動し、写真を撮らせてはもらえなかった。今日は、少年野球の試合をしている広場の脇の薮でお目にかかったが、少年野球の監督やコーチの大声の指示やママさん方の黄色い声援で騒然としていたため、シジュウカラはいつもの警戒心を解いた様子。ラッキーでした。例によってピンボケはご容赦乞う。
 
 お次は「コゲラ」

 「ツツピーッツピー」という可愛い鳴き声は下の写真の鳥のものかと思っていた。これは6月24日に撮った写真であるが、「ツツピーッツピー」と鳴く数羽の小鳥たちの中の1羽の写真だから。「日本の野鳥」(山と渓谷社)によると、どうやら「コゲラ」らしい。
 「コゲラ」は「小啄木鳥」と表され、「キツツキ目キツツキ科」。英名は「Japanese Pygmy Woodpecker」とのこと。小さな体の割りには20ha程の広い縄張りを持つとのことだが、『シジュウカラなどと混群を作ることもある。また、嘴で木を強く連続して叩くドラミングもする。』とのこと。フムフム・・・。それにしてもU公園の奥の深さよ!

 コゲラ120624
 
 実りの秋です。

 枝もたわわに稔った柿の実。耕作が放棄されているような畑の一角。干し柿にされることもなく、このまま野鳥のエサかな。子供のころ、実家に「百目柿」と称する大きな実をつける甘柿があった。秋になると、学校から帰るや否や柿の木に直行。「ゴマ」がたっぷり入っていて、甘い甘い柿だった。イチジクや枇杷(ビワ)、茱萸(グミ)の木もあったし、桑の実も食べたなあ。凶作への備えだったのか、当時の農家の周囲には多くの果樹が植えられていた。
 柿の木は枝が裂けやすく、木から転落したことがある。その時の傷は太腿に今も残っている。「猿でもあんめに、そんなどごまでのぼるばかいっか」というおやじの怒声も。(訳:猿でもないのに、そんなところまで登る馬鹿がいるか!)
 カキ121008
 
 鈴生りの銀杏。もちろん野生ではなく、畑地に百本以上並んでいるイチョウの木についた実です。粒ぞろいで実に美味しそう。いずれ近くの農家の庭先で「直売」するかも。
 銀杏121008
 
 こちらも美味しそう?な粒ぞろいのドングリ、野生というか防風林の中の一本。ドングリの形、殻斗(かくと・実の枝側のはかま状のもの、はかまと言ったり帽子と言ったり。)の形からして「ツクバネガシ」かと。「クリ」はこの殻斗が実の全面を覆い、しかも棘まで付いてしまった。ブナ科22種の実をドングリというが、ブナ属、クリ属、コナラ属、シイノキ属、マテバシイ属と幅広い。 

 ツクバネガシ121008

 こちらはたぶん「クサギ」(臭木)。

 果実は草木染に使うと媒染剤なしで絹糸を鮮やかな空色に染めることができると言う。
 不明な実

 こちらは「ゴンズイ」。別名「狐の茶袋」、「黒臭木」。ミツバウツギ科ゴンズイ属。権瑞(ゴンズイ)という魚がいるが、役に立たない魚、役に立たない材ということで、「ゴンズイ」と同名になったとか。
 不明な種120929

 「ブタクサ」かと思ったら「セイタカアワダチソウ」。

 キク科アキノキリンソウ属。同じころ増えた同じく帰化植物の「ブタクサ」と時折間違われ、花粉症の原因と言われたりするが、別の植物。
 この「セイタカアワダチソウ」も他の植物の成長を阻害する「アレオパシー効果」を持っており、ススキ等を駆逐し、モグラやネズミが長年生息していた地域で肥料となる成分(主として糞尿や死体由来の成分)が多年蓄積していた地下50cmの深さまで根を伸ばす生態であったので、そこにある養分を大量に取り込んだ結果背が高くなり、平屋の民家がおしつぶされそうに見えるほど勢いがあった。
 しかし、平成に入るころには、その領域に生息していたモグラやネズミが駆除されてきたことによって希少化し土壌に成分が蓄えられなくなったこと、また蓄積されていた肥料成分を大方使ってしまったこと、他の植物が衰退してしまったことで自らがアレオパシー成分の影響を強く受けてしまったことなどの理由により、ススキなどが勢いを取り戻しつつあるとのこと。(wikipedia)
 確かに、昔は日本中セイタカアワダチソウだらけになりそうな勢いがあったよね。線路脇に繁茂していた訳もわかったよ。

 セイタカアワダチソウ121008

 今回はここまで。
 なお、動植物名やその他の記述に誤りがありましたら、是非ご教示願います。

 

彼岸花の頃

彼岸花は「三倍体」!?

 彼岸花はお彼岸のころ芽を出し、1日に10cm近くも茎が伸びて瞬く間に50cmほどになり、真っ赤な花を咲かせる。花と茎だけ、葉はない。その後、1週間ほどで花も茎も枯れ、今度は球根から緑の葉っぱが伸びてくる。冬になっても葉が枯れることはない。
 彼岸花には「アルカロイド」という毒があるため「毒花」とか「痺れ花」とも。その毒がネズミやモグラの侵入を防ぐとして、田畑や墓地(土葬だったので)の周囲に植えられたらしい。
 日本に存在する彼岸花は全て遺伝的に同一であり、「三倍体」なので種子で増えることができない。中国から伝わった1株の球根から、日本各地に株分けして広まったと考えられるとのこと(Wikipedia)。「三倍体」の説明は私には難しい。遺伝子的に不安定な組み合わせなので不稔体になるとか。(9/29、U公園)

曼珠沙華120929

 つきぬけて天上の紺曼珠沙華(山口誓子)
 西国の畔曼珠沙華曼珠沙華(森 澄雄)


 赤くてちょっと変わっている花と言えば、鶏頭も独特。鶏頭の学名の「Celosia argentea」はギリシャ語の「燃焼」を意味する言葉とか。(9/8、いわき) 

けいとう120908

 秋風の吹きのこしてや鶏頭花(与謝蕪村)
 鶏頭の一四五本もありぬべし(正岡子規)
 鶏頭の黄色は淋し常楽寺(夏目漱石)

 これは何の花? 花の下に実が写っていますが、そう、オクラです。きれいで、落ち着いていて、何とも言えない品もある。
 このオクラ、原産地はアフリカ北東部。エジプトでは紀元前から栽培されていたとも。(9/29、U公園)

オクラ120929

開花期間の長い花たち

 1年ほど前からデジカメで草花の写真を撮り始めた。道端の草花も気になりだし、車でいつものU公園に行く時も視線はあちこちさまよう始末。これでは危険だと思い、U公園までは自転車で移動することにした。そんな風にしてあちこち観察するようになると、民家のお庭や畑にもたくさんの種類の花が咲いていることに気づく。また、ハナミズキや百日紅(さるすべり)、木槿(むくげ)の開花期間の長いことに驚く。

 下の写真の「百日紅(さるすべり)」、百日間も紅い花が咲くから「百日紅」。唐代長安の紫薇(宮廷)に多く植えられたことから「紫薇」とも呼ばれるとのこと。
 百日紅120815
 
 こぼれ日にさそはれ見るや百日紅(秋桜子)

 下の3枚の写真の「木槿(むくげ)」も開花期間が長い。日本橋人形町あたりでは街路樹になっている。
 
むくげ120908

むくげ120906

むくげ120821

 道のべの木槿は馬にくはれけり(芭蕉)
 町中や雨やんでゐる白木槿(松村蒼石)

もしかして「ミヤマカワトンボ」?

 「ミヤマカワトンボ」 は均肢亜目(きんしあもく)カワトンボ科。日本産の均肢亜目の中で最も大きく、世界的にも屈指の大きさとのこと。涼しくなってきたのでちょっと動きが鈍くなってきたのか、撮影できた。(9/29、U公園)

イトトンボ120929

 先週のU公園パトロールでやたらに目についたのが、このジョロウクモの蜘蛛の巣。しかも秋は繁殖期ということで、小さなオスも同居している(メスの右上にいる)。「JSTX-3」という毒を持っている由。これだけどぎつい衣装を見ると近づくのはためらってしまう。因みに、「女郎蜘蛛」とも「上臈蜘蛛」とも。(9/29、U公園)

ジョロウクモ120929

 こちらは「コガネクモ」。頭部の辺りが「人面」に見えなくもない。(7/15、U公園)

コガネクモ120715


 またまた「百舌鳥の高鳴き」。今回は電線の上で鳴いていました。(9/29、U公園)

百舌鳥120929

 今日の結びの写真は「ヨシキリ」。6/17撮影です。この頃、コンパクトデジカメで最も望遠がきくと薦められたSONYのカメラを購入。このヨシキリの撮影の時は、まだ「一脚」を買っておらず、手元で数mmずれるとヨシキリはどこに行ったか分からない。そんな中で偶然撮れたのがこの1枚。
 
ヨシキリ120617

 ヨシキリはスズメ目ヒタキ科ウグイス亜科。ヨシキリは下くちばしと口内が黄色。オオヨシキリは下くちばしと口内がピンク。「ギョギョシ、ギョギョシ」と鳴くので「行々子(ぎょうぎょうし)とも。

 行々子大河はしんと流れけり(一茶)
 月やさし葭切葭に寝しづまり(松本たかし)

今回はここまで。

百舌鳥は百枚舌?

①百舌鳥の高鳴き

 キーキーと響く鳥の声の主を探して高い木の枝先を見上げると、百舌鳥(モズ)。「百舌鳥の高鳴き」と言うが、縄張りを主張する威嚇の声。他の種類の鳥の侵入を拒むのは当然であるが、メス百舌鳥の侵入も許さないという徹底ぶりだそうな。長野県では「百舌鳥の高鳴き75日」という生物暦がある。百舌鳥の高鳴きが聞こえてから75日くらいすると霜が降りるということ。小首をかしげてカメラの方を向いているさまはかわいいものだが、実はけっこう獰猛。

百舌鳥②
(9/17、U公園。風にあおられながらもしっかりと止まっている。)

 この嘴を見よ。昆虫やカエル、トカゲ、小鳥、ネズミ等を餌とするが、自分よりも大きいツグミやヘビを襲うこともある。下の写真はWikipediaから。
百舌鳥の嘴

 百舌鳥と言えば剣豪宮本武蔵。下の絵は宮本武蔵の真筆と伝えられる和泉市久保惣記念美術館蔵「枯木鳴鶪図」(コボクメイキャクズ)。嘴の辺りをよく見ると、捕獲した昆虫を咥えているのがわかる。「キャク」の字は左半分の上半分が「目」で下半分が「犬」。犬のように目をキョロキョロさせて虫を捕食する鳥のことだと。だいぶ迷路に入り込んだ感じになってきた。
 
宮本武蔵・百舌鳥
 (枯れ枝の途中を尺取虫が這っている。)

 この猛禽百舌鳥も2月の繁殖期になると、オスは小さなか細い声で、自分の縄張りに入ってきたメスに対して求愛の歌を捧げる。そのとき、いろいろな鳥の声を真似る。ホオジロやシジュウカラ、ヒバリ、メジロ、カワラヒワなどなど。そのことから、二枚舌ならぬ百枚舌・・・、それで「百舌鳥」となったとか。

 ②田園の主役も交代

 さすがにセミの声も静かになってきた。代わって飛び回っているのがバッタ。これはトノサマバッタのメス。オスは緑色をしてる。(9/17、U公園)
 バッタ120917

 こちらはショウリョウバッタのメス。植物の葉に隠れてしまっているが、頭が三角形で前方に伸びている。オスは5cmほどだが、メスは8cmほどもある。旧盆(精霊祭)のころに姿を見せるので、この名がつけられたとか。後肢がやたらと長い。(9/23、U公園) 
 ショウリョウバッタ120923
 
 お次はショウジョウトンボ(猩々蜻蛉)。動きが速く、なかなか止まってくれないのでピンボケ。これはオス。『池の縁に縄張りを持ち、縄張りの縁に沿って力強く哨戒飛行をする。他のオスが飛来すると斜め20cm弱の距離に位置関係を保ち、地形に合わせて見事な低空編隊(にらみ合い)飛行をみせる』(Wikipedia)。
 「猩々」は中国に由来する伝説上の動物。人語を解し、赤い顔をした人間のような容姿とのこと。オランウータンの漢名でもある。(9/17、U公園)
 猩々トンボ120917

 そばの花。雨にうたれながらも清楚に佇んでいる。大きな畑一面に咲いている。(9/23、U公園) 
 蕎麦畑120923

 ツユクサの群生。ツユクサは秋の花ということではないが、この群生は見事なので。(9/17、U公園)
 つゆくさ120917
 (こちらは6/17、u公園)
 ツユクサ120617

 こちらは初秋の花「赤のまま」。「犬蓼(いぬたで)」とも。「ニオイタデ」。田舎では「赤まんま」と呼んでいた。(9/17、U公園)
 あかまんま120917

 犬蓼の花くふ馬や茶の煙 (子規)

 赤飯の花と子等いふ犬蓼の花はこちたし家のめぐりに (牧水)
 
 おまえは歌うな
 お前は赤まんまの花やとんぼの羽根を歌うな
 風のささやきや女の髪の毛の匂いを歌うな
 すべてのひよわそうなもの
 すべてのうそうそとしたもの
 すべての物憂げなものを撥き去れ
 もっぱら正直なところを
 腹の足しになるところを
 胸元に突き上げてくるぎりぎりのところを歌え
 たたかれることによって弾ねかえる歌を
 恥辱の底から勇気をくみ来る歌を
 それらの歌々を
 行く行く人々の胸郭にたたきこめ    (中野重治『歌のわかれ』)

 ③きれいな花には毒がある。

 ホテイアオイ。バンやカルガモがいるU公園の小さな人工池に咲く。上の猩々蜻蛉も同所で撮影。青い花が美しいので観賞用に栽培されるという。このホテイアオイ、実は繁殖力旺盛で「青い悪魔」と恐れられている。肥料分の多い水域ではあっという間に水面を覆い尽くし、水の流れを滞らせ、水上輸送の妨げになり、漁業にも影響を与える。冬季に大量に生じる枯死植物体も腐敗して環境に悪影響をもたらす。他の植物の成長を抑える物質を放出したりもするとのこと。 布袋さんも真っ青!! (9/17、U公園)
 ほていあおい120917
 
 柚子もたわわに実ってきました。

 ホテイアオイの話のお口直しにどうぞ。グラスに大きめの氷を2、3個。焼酎をドボドボ注いで、この柚子の厚めのスライスを浸す。クーーゥッ、たまらん。(9/17、U公園近くの農家の庭先で)
 ゆず120917

 公園の看板。今日は雨なので散歩する人も殆どいない。公園管理事務所前の看板を眺めていたが、「アレッ?」。「今日も、楽しく、遊びませょう。」「遊びませう」と「遊びましょう」の中間? 看板の両側の支柱に被せられた缶も手作り。製作者も結構楽しく遊んでいる様子。(9/23、U公園)
 公園看板

 今回はここまで。


セミと屁こき虫

セミとカメムシは遠い親戚 !!

①U公園はツクツクボウシの大合唱です。

 地球温暖化の影響なのか、仙台や盛岡で、寒さに弱いとされてきたツクツクボウシが増えつつあり、反対に暑さに弱いアブラゼミは減少している(盛岡では激減)とのこと。アブラゼミは青森や八戸ではほぼ消滅とも。下の写真はツクツクボウシ(U公園、9/15撮影)。  
つくつく法師 
 ツクツクボウシはカメムシ目(半翅目)・ヨコバイ亜目(同翅亜目)・セミ科に分類されるとのこと。なんとカメムシ目とは ! 初めて知った。下の写真も"カメムシ"と思ったが、「カメムシ」は「カメムシ目(半翅目)・カメムシ亜目(異翅亜目)に属する昆虫のうち、カメムシ科など陸生昆虫の総称で、和名を「カメムシ」とする昆虫は存在しないとのこと。「悪臭を放つことから『屁こき虫』との俗称もある」。プー・・・
カメムシ
(近くの川沿いで・5/5撮影。たぶん羽化?してすぐに撮影。時間の経過とともに体の色が変わるのか。それにしてもサイズもバラバラ。)

 「屁をひっておかしくもない一人者」は有名な川柳であるが、「音も香も空へ抜けゆく田植えの屁」というのもある。『広々とした田の面(も)。渡るそよ風。晴れ渡った青空。田植えであるから当然、お尻は高々と天に向いている。誰に遠慮気がねなく、その大空に向かって心ゆくまでひり放つ。放った方も爽快だが、放たれた屁玉もさぞここちよかろう。』(佐藤愛子・「古川柳ひとりよがり」・集英社文庫)


ミンミンゼミが羽化したところ。このころ(7/21)から暑くなった。
セミ羽化(S運動公園、7/21撮影)

 劣勢といわれるアブラゼミ。「目指せ! 北海道!」
アブラ蝉(浜町公園、8/26、日曜だけど出勤した朝)

 半翅目(はんしもく)、同翅亜目、異翅亜目・・・。翅(はね)全体が膜状になっているのがの同翅亜目でセミ、ウンカ、アブラムシなど。異翅亜目は翅の基部が硬化して革質化したもので、カメムシ、アメンボ、タガネなど。少しは分かったような気になる。この聞き慣れない、怪しい語感は嫌いではない。

②今年、U公園で出会った生き物たち

つがいの雉、オスが後ろを向いてしまったが・・・
雉 番

こちらを向いてくれました
雉 オス この写真を撮った1~2ヶ月ほど後、同じ場所を通りかかると数羽のヒナを従えた母雉が道路を横切ってヤブの中に姿を消した。(いずれも6/10)

カルガモ。稔って頭を垂れた稲穂を遠慮なくガシガシと食べていた。満足げに、ゆったりと歩いている。
殆どの鳥はオスのほうが派手な装いをしているが、カルガモは外観からはオスメスの見分けがつかないほど似ている。2羽で行動しているから「つがい」と思ったが、交尾・営巣地の探索を終えると、別々に行動するとのことなので、この2羽は単なる仲良しカモ? (9/15)
カルガモ番

 こちらはたぶんオス。「次列風切」羽の緑紫色が明瞭。カルガモ

「次列風切」があれば「初列風切」もあるはずと思って検索したのが下の図。「三列風切」もある。「大雨覆」・「中雨覆」・「小雨覆」、「上尾筒」・「下尾筒」・・・。明治時代のころの学者さんが西洋人の指導を受けて鳥の体の構造を学ぶともに頭を捻りながら日本語を作ったのでは、などと想像が膨らむ。下図はウィキペディアから。
鳥の体

バン。ツル目クイナ科。額にはくちばしが延長したような「額板」があり、繁殖期には額板とくちばしの根もとが赤くなるとのこと。額板は十分に赤い。ひと夏に2回繁殖することもあるというから、ただいま繁殖中かな?葦の中を動き回るので撮影は難航。ピンボケ写真をお許し願う。(9/15)

バン

ダイサギかチュウサギ? コサギは頭部の後ろから飾り羽が下がっている。青空が写った池の青、ハスの緑、サギの白の色の組み合わせが気に入っている。(5/12)
鷺内牧

ハグロトンボ(羽黒蜻蛉)。カワトンボ科。(6/17)
黒トンボ
ヒメアカネ(7/8)
トンボ内牧

 ツマグロヒョウモンチョウ。
蝶

  ジャーマンアイリス。見て欲しいのは花の右側のハチ(フタモンアシナガバチ)。花の写真を撮ろうとしていたところに飛び込んできたらしい。帰宅してパソコンで見て気がついた。
ハチ

ザリガニの泥んこプロレス。近くの田んぼや用水路にザリガニ大発生。子どもたちが連日のように歓声を上げながらザリガニ捕りをしているのだが、ザリガニも次々に発生するのか、いなくならない。(8/19)ザリガニ

③富士山火口
 
羽田から福岡へ向かう機中から窓を開けて撮影・・・、ウソです。9月12日はいい天気。航空機も電車も窓側の席がいい。天候に恵まれるとこんなチャンスもある。きれいな雲海の写真でも撮ろうと思っていたら、雲の切れ間から富士山頂が出現。この後も知多半島、琵琶湖の瀬田のあたり、京都御所(後でGoogle Mapで確認)、大阪湾、淡路島、小豆島などが見えた。福岡空港付近でしばらく旋回して待機したので、「?」の形に似た「相島」もしげしげと観察できた。「?」の形の下部に位置する「・」の岩は真中が抜けて空洞になっているのも見えた。メガネ岩と呼ばれ、海蝕洞ありとのこと。
富士山
 今回はここまで。
プロフィール

還太郎+7

Author:還太郎+7
畑や庭での作業を楽しんで、晩酌・早寝・早起きの毎日です。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ