FC2ブログ

酒坏に梅の花浮け思ふどち飲みての後は散りぬともよし

 酒坏(さかづき)に梅の花浮け思ふどち飲みての後は散りぬともよし (万葉集・大友坂上郎女)

 今年のタイトルは万葉集から。「思ふどち」は相思う人々、親しいものどし、心の合った者どうし。

 今回の短歌も『ぼくの短歌ノート』(穂村弘、講談社、2015年6月15日刊)から。不思議な感覚の歌、見たままの歌、笑ってしまう歌などなど。

 マウンドにコーチ・内野手駆け寄れば我も行かねばテレビの向かふに (川西守)

 s-千葉の海201902
 @房総・平砂浦。

 動き初むる汽車の窓よりわれを見し涙とび出さんばかりの眼なりき (筏井嘉一)

 s-照葉樹林①201902
 照葉樹林が2月の陽を浴びて輝く。

 噴水は疾風にたふれ噴きゐたり 凛々(りり)たりきらめける冬の浪費よ (葛原妙子)

 s-照葉樹林②201902

 渇きたる砂に半ばうづもれて貝殻はみな海の傷持つ (大西民子)

 s-照葉樹林③201902

 名を呼ばれしもののごとくにやはらかく朴の大樹も星も動きぬ (米川千嘉子)

 s-照葉樹林④201902

 たちまちに君の姿を霧とざし或る楽章をわれは思ひき (近藤芳美)
 
 s-照葉樹林⑤201902
 マサキ。 (青字の植物名はS先輩から御教示ただいた。)
 
 さりげなくさしだされているレストランのグラスが変に美しい朝 (早坂類)

 s-照葉樹林⑥201902
 ヤマハゼかな?

 湯口より溢れ出でつつ秋の灯に太束(ふとたば)の湯のかがやきておつ (宮柊二)

 s-照葉樹林⑦201902

 約束を残したまま終わっていくような別れがいいな、月光 (杉田菜穂)

 s-照葉樹林⑧201902
 ヌマスギに絡む蔦植物。

 スカートをはいて鰻を食べたいと施設の廊下に夢が貼られる (安西洋子)

 s-照葉樹林⑨201902

 草つぱらに宮殿のごときが出現しそれがなにかといえばトイレ (小池光)

 s-照葉樹林⑩201902
 カクレミノ。 (次も)

 ボールペンの中身のインクが見えるのに書けないいらだちぐるぐるをかく (吉田洋和)

 s-照葉樹林⑪201902

 さくらさくらいつまで待っても来ぬひとと 死んだひととはおなじさ桜 (林あまり)

 さて、今回は長い「おまけ」。偶然に、東日本大震災をテーマにした作品を3冊続けて読んだ。

      s-本201902 
 
 先ずは、前号でも紹介した乙川優三郎の『太陽は気を失う』(文春文庫)。書評家江南亜美子氏は、次のように解説している。

 この作品では、里帰りする初老の女性が登場する。かつて暮らした東北の海沿いの町には、老いて一人暮らしをする母がいる。この帰省の目的は、母親の見舞いに加え、ひと月前に四十六歳で亡くなった、知的障害者でもあった幼馴染の起則くんの墓参りにもあった。

 老母のおつかいに応えてスーパーに出かけようとしたとき、大地震が起きる。余震もつづくなか、津波に備えて自力での歩行も困難な母と少しでも高いところへ逃げようとするが、その行動は捗々しくはいかない。そして避難所へ。交通網も寸断され、不便と不安のつのる慣れない避難所暮らしにあって、逗子にいる彼女の夫との会話が挿入される。

 〈「地震と津波で家はめちゃくちゃよ、母と避難所にいるの、食べるものがないし、もう一度大きな地震が来たらここも危ない、あなたから東京の姉に電話して、車で助けに来るように言って」(中略)「あの人は苦手だ、話したくない」「お願い、そんなことを言っているときじゃないでしょう、母もいるのよ」「金は借りたのか」そのとき地面が揺れて、私の芯のあたりも揺れた〉

 じつは、この里帰りには、借金の申し込みという隠されたもうひとつの目的があったのである。しかもその借金は夫のふがいなさと見栄に起因するものだ。・・・・

 地縁が薄れていても起則くんのことは忘れなかった「私」が、過酷な被災状況にあって、夫の他者性に直面する。親の無力さにもまた。彼女はこの瞬間、時間が堆積して形作られてきた自分自身の「生」を、むなしく感じたことだろう。しかしそれに打ちひしがれただけではなく、夫との決別をも決意する。フィクションの力で、ある登場人物の人生がそこにまざまざと立体的に立ち上がるというのはひとつのマジックのようなものだが、それが可能になったとき、その物語は特定の場所や時代〈この作品なら3.11〉というくびきから解かれる。これがわたしやあなたの物語であってもなんら不思議ではない、という普遍性を獲得するのである。 

 二つ目は佐伯一麦(さえきかずみ)の『空にみずうみ』(中公文庫)
 
 この作品は、2014年6月23日から2015年5月26日まで、読売新聞夕刊に連載したもの。舞台は仙台。作家の小山田浩子氏の解説は次の通り。

 震災は日本中に大きな影響を与えたが、言うまでもなくその心理的な濃淡はさまざまであり、亡くなった人、亡くした人、家を失った人、そこにある土地に足を踏み入れられなくなってしまった人、電気や物資の不足に困った人、ボランティアに行った人行けなかった人行きたくなかった人・・・・・・それら全てに届く言葉などあるはずもない。当事者が発した言葉なら正しいわけでもないし誰かからのいたわりや鼓舞の言葉が暴力になる場合もある。・・・・

 作者はずっと自分の人生や生活と重なる作品を書いてきた。だから、「日常」を書くというのは作者のこれまでの作品と共通する姿勢ではある、が、本作ではそれらよりさらに細やか静かな描写、現実離れして感じられるほどもの柔らかな会話が選択されているように思える。
 それによって、作者の、自分はこうして (どんなことがあったあとであろうとも) 「日常」に淡々と向かい続けるのだ、それを作品にし続けるのだ、というむしろ激しいほどの決意と努力を読者は感じることになる。どんな災厄が起ころうと、それからも人は生きていかなければならない。震災を克服すべきものとして対峙するのではなく、顔を背けるのでもなく、目を向け耳を傾けじっと向き合い続ける。そして作者は、花を見たり木に触れたり水たまりを見つけるたびに、それにまつわる作家や詩人の文章を思い出し読み返す。

 覚悟のもと日常を生きていくとき、自然の移ろいに目を留め文学作品を紐解くのは単なる癒しや慰めにとどまらない。それは大きな事態を前にともすれば狭くなりがちな視野を広げるための、自分自身の心の基盤となる。「日常とは時間を取り戻すことなのかもしれません。」という言葉通り、人間の生活とはまた違ったリズムで繰り返される自然の営みへ研ぎ澄ました五感で向き合うこと、心の中に生きているさまざまな人々の声と融和すること、そしてそれを日々作品として書くこと。作者は日常を、その中に震災も含まれている日常を、受け止め生きようとしている。


            s-本②201902
             
 三作目は安東量子の『海を撃つ』(みすず書房)。以下は、本著の裏表紙の紹介文。

 著者は、植木屋を営む夫と独立開業の地を求めて福島県いわき市の山間部に移り住む。震災と原発事故直後、分断と喪失の中で、現状把握と回復を模索する。

 放射線の勉強会や放射線量の測定を続けるうちに、国際放射線防護委員会 (ICRP) の声明に出会う。著者はこう思う。「自分でも驚くくらいに感情を動かされた。そして、初めて気づいた。これが、私がいちばん欲しがっていた言葉なんだ、と。『我々の思いは、彼らと共にある』という簡潔な文言は、我々はあなたたちの存在を忘れていないと明確に伝えているように思えた。」

 以後、地元の有志と活動を始め、SNSやメディア、国内外の場で発信し、対話集会の運営に参画してきた。「原子力災害後人と土地の回復とは何か」を掴むために。事故に対する関心の退潮は著しい。復興・帰還は進んでいるが、「状況はコントロールされている」という宣言が覆い隠す、避難している人びと、被災地に住まう人びととの葛藤と苦境を、私たちは知らない。

 地震と津波、それに続いた原発事故は巨大であり、全体を語りうる人はどこにもない。代弁もできない。ここにあるのは、いわき市の山間部に暮らすひとりの女性の幻視的なまなざしがとらえた、事故後7年半の福島に走る亀裂と断層の記録である。 

 還太郎は、「農業簿記3級」の講座の受講を昨日から開始。1回3時間を6回。受講料はテキスト代のみ。昨年の受講者が全員合格して資格を取得したと聞いて安心して始めた次第。資格取得のための受験は運転免許以来かな。頭の体操中 ❢

 皆さま、お健やかにお過ごし願います。
 
 

崢嶸(そうこう)


崢嶸(そうこう)は、山や谷のけわしさ、人生のけわしさ。今年のタイトルは漱石『草枕』の難解熟語。

 今回は今年撮った写真から。こうして1年間の写真を並べてみると、季節の移ろいとともにいろいろな花々が咲くものだなと改めて感心する。
 今回の短歌は、日経歌壇「2018年の秀作(上)」(12/22・三枝昂之 選)から。

 ほうき、橋、指ぬき、老いの手の一人あやとりそこで終はりぬ (仙台・武藤敏子)

 s-20180101鶴沼
 @神立(土浦市)。
 
 「君たち」を「老人たち」に置きかへてどう生きるかを考へてみる (長野・山口恒雄)

 s-20180107春日部
 @春日部。

 100万回生きたねこから訊くべきは100万回の死の迎え方 (横浜・安西大樹)

 s-201802神立
 @神立。*「百万回生きたねこ」は佐野洋子作の絵本。一匹の猫が輪廻転生を繰り返していく様を描いた作品。200万部超のベストセラー。

 団塊で生まれて働きそして老い社会の重荷と言われる世代 (横浜・森秀人)

 s-201803神立
 @神立。

 いくつかの改竄疑惑を飲み込みて耐へる能吏の家族を思ふ (成田・神部一成)

 s-201803②いわき
 @いわき。

 晩節を汚せるほどに出世せよと励ます親のゐさうな現代 (横須賀・丹羽利一)

 s-201804神立
 @神立。 

 内定にフライングしてルールなど構わず始まる新社会人 (東京・野上卓)
 
s-201804②神立
 @神立。

 総理よりひびく言葉におみなごが今を生きるとおきなわの日 (甲府・内藤富士子)
 
 s-201804③神立
 @神立。

 アンフェアが当たり前だと知ったとき少年時代は終わりとなった (八千代・服部勝) 
 
 s-201804④神立
 @神立。

 煮凝りを割ればふるさと滲みでるどじょっこふなっこもう冬ですね (東京・青木公正)

 s-201804⑤神立
 @神立。

 芽吹きたつ木々のむかふの校舎裏夢ある若きの銀輪並ぶ (横須賀・小知和弘子)

 s-201805いわき
 @いわき。

 帰省して厠に出でて眺めたる砂子のやうな満天の星 (八王子・竹下富子)

 s-201805②いわき
 @いわき。

 此のところ将棋弱いぞ無事なのか病の前科癒えた筈だぞ (千葉・磯崎静夫)

 s-201805③神立
 @神立。

 俺なんか掃除・洗濯・布団干し大谷君よりやること多い (川口・亀山幸輝)
 
 s-201806神立
 @神立。

 一生に一度奇跡の一枚を撮られてみたい篠山紀信に (横浜・橘高なつめ)

 s-201806②神立
 @神立。

 宇宙(おおぞら)は億光年先が見えるのに地下十キロが読めぬ災い (東京・上田国博)

 s-201807いわき
 @いわき。
 
 人生の荒海ばかり渡りつつ凪しか知らぬ顔した希林 (筑紫野・二宮正博)

 s-201807②いわき
 @いわき。

 以下は、日経俳壇「2018年の秀作(上)」(12/22・黒田杏子 選)から。全17句のうち冒頭の5句は今年2月に亡くなった金子兜太を悼む、偲ぶ作品。

 俳鬼神昇り春天賑はへり (下関・粟屋邦夫)

 s-201808いわき
 @いわき。
 
 遺句のごと巖(いわ)に残雪嗚呼兜太 (倉敷・山本一穂)

 s-201809②いわき
 @いわき。

 竜天に登るあなたを忘れない (池田・鈴木みのり)

 s-201809③いわき
 @いわき。

 兜太さん勝手にしのぶ花の宴 (下妻・神郡貢) 

 s-201809いわき
 @いわき。

 蛍烏賊仕えし兜太偲ぶ日よ (東久留米・渡辺誠)

 s-201809④いわき
 @いわき。 

 フクシマの墓前に届く初音かな (千葉・渡部健)
 
 s-雨後20180928
 @春日部。

 八月六日被爆四世の産声 (広島・村越縁)

 s-201809昭和公園
 @昭和公園。

 汝断酒我は禁煙山眠る (国立・松尾丈)

 s-201810②いわき
 @いわき。

 空腹を忘れて居たる原爆忌 (大阪・田村昶三) 

 s-201810いわき
 @いわき。

 街の灯に夏のおとろへ見えにけり (立川・西遥)

 s-201810春日部
 @春日部。

 署名せずカンパもせずに夏ゆけり (東京・野上卓)

 s-201811③いわき
 @いわき。

 「月佳なり」荷風記せし敗戦日 (千葉・鈴木千ひろ)

 s-201811⑤いわき
 @いわき。

 新米の上手に炊けぬこともあり (東京・明惟久里)

 s-201811いわき
 @いわき。

 川越せぬ蜻蛉か橋を渡りゆく (白井・毘舎利道弘)

 s-20181130紅葉
 @いわき。

 眼に深く深く沈めよ冬銀河 (ソウル・金利恵)
  
 s-20181211いわき
 @いわき。

 長く生きそしてひとりの庭花火 (堺・鈴木律夫)

 s-モズ
 @いわき。この一枚だけ2015年5月に撮ったもの。モズの眼つきが険しいのは雛を狙うカラスを警戒しているから。

 拙ブログも289回目となった。読者の皆様に感謝 ‼ 最近はカメラよりも鍬やスコップ、電動工具を持つことがはるかに多い。晴れた日は野良仕事。雨の日は写真撮影には不向き。そんなことで、1ヶ月振りのブログ更新となった次第。

 年末は寒波襲来とのこと。皆さま、くれぐれもご自愛願います。どうぞ良いお年をお迎えください。
 

尺素(せきそ)

「尺素」=(一尺の絹布の意で、文字を書くことに用いたことから)短い手紙。今年のタイトルは漱石『草枕』の難解熟語。

 今回も『昭和万葉集秀歌 【三】 四季・自然』(講談社現代新書・上田三四二編、昭和60年1月刊)から。作者名の後の数字は昭和何年の、或いは何年何月の発表かを示す。

 あきあじが川上にたどり着く頃か朝々の水つめたくなりぬ (加藤良秋・28.2)
 
 s-朝露20180928
 9/28、春日部にて早朝の散歩。夜来の雨が上がり、植物にはたっぷりの水気が。

 秋の気の裂けて鋭声(とごえ)に百舌鳥(もず)なけばももくさの実もしまるとききぬ (太田水穂・8)

 s-朝露②20180928

 秋の夜の井戸に音あり深奥のはるけき銀河汲まれいるなり (馬場あき子・47)

 s-朝露③20180928
 シロザ(S先輩からご教示有り。以下、青字は同様。)

 あらあらしき野分吹きつつ庭畑にこぞりたちたる葱苗(ねぎなえ)ひかる (板宮清治・49.11)

 s-朝露④20180928

 (いにしへ)もかくありつらむ熊野路の磯の岩間にこぼるる椎の実 (大井俊次・50)

 s-朝露⑥20180928
 オオニシキソウ。

 海の湧く音よもすがら草木と異なるものは静かに睡(ねむ) (佐藤佐太郎・45)

 s-朝露⑦20180928
 たぶんツクシハギ。

 おもほへば海の心のやはらかき方(かた)に伸びて来て岬濡れをり (安永蕗子・37)

 s-朝露⑧20180928
 イヌガラシ。

 カナカナは鳴かずなりにし昨日より野に立つ風の澄みて秋づく (八杉龍一)

 s-昭和記念公園20180928

 9/28午後、昭和記念公園(東京都立川市・昭島市)へ。東京ドームの約40倍の敷地。広々としていて気持ちいい。

 かへり行く先も檻にて芸終へし猛獣どもはゆるく歩めり (岸本千代・43)

 s-昭和記念公園④20180928

 寒蝉(かんぜん)の声ゆるやかに外(そ)れゆきてひつそりと秋は老楠(おいくす)にくる (野上久人・48)

 s-昭和記念公園③20180928

 車道より高処(たかど)に見えて迫田(さこだ)あり空につづきて稲の輝く (広森清・48.9)

 s-昭和記念公園②20180928
 「みんなの原っぱ」。高さ20m超の大ケヤキは同公園のシンボルツリーとか。

 
 秋雷の絶えたるのちの冷々と卓に黒耀の粒なす葡萄 (馬場あき子・47)

 s-ソバ20180928
 ソバ。

 台風にのりて琉球の蝶こしと小さき記事あり秋となる空 (富山繁子・50)

 s-ススキ20180928

 ちる花はかずかぎりなしことごとく光をひきて谷にゆくかも (上田三四二・50)

 s-キンモクセイの大樹20180928
 キンモクセイの大樹。満開の花。

 ひぐらしの一つが啼けば二つ啼き山みな声となりて明けゆく (四賀光子・29)

 s-キバナコスモス20180928
 キバナコスモス。

 拾ひきて夜の灯に愛(お)しむ秋蝉のあかがねいろのぬけがらひとつ (杜沢光一郎・51)

 s-昭和記念公園⑤20180928
 日本庭園にて。

 9/26から3泊4日で春日部の自宅へ。26日は都内で劇団四季の「キャッツ」を観た。妻は大喜び。
 27日は妻の掃除の邪魔にならぬよう、宮本輝の『田園発港行き自転車』上下巻を読む。やっぱり宮本輝はいい。近所のTSUTAYAで『錦秋』、『星宿海への道』も購入。
 29日は春日部~坂東~つくば~土浦~行方~大洗~日立経由でいわきへ戻った。全て一般道。あいにくの雨ではあったが、サツマイモ・キャベツ・白菜等々の畑を眺めるのが目的。17時半頃から、海上を走る6号国道日立バイパスを北上。町の灯りがきれいだった。
 
 台風24号はかなり強烈とのこと。皆さま、どうぞご安全に ‼

空花乱墜(くうからんつい)


 「空花乱墜」の意は、現実の姿が明確に見えないこと。また、実体のないものを実体があるものとして見誤ること。(漱石・「草枕」から)

 1/2、妻と春日部の自宅に戻る。留守宅に風を通すこと、年賀状等の郵便物の確認などなど。
 春日部イオンの屋上から望む富士山。
s-富士山20180102

 「匠大塚」店内。撮影OKとのこと。これは500万円のペルシャ絨毯。
s-500万円②20180102

 こちらも高価とは思うが、価格は見なかった。
s-ペルシャ絨毯③20180102

 家具屋さんというより美術館?(1階は)
s-お皿2018012

    s-猫②20180102   s-侍かな20180102

s-猫③20180102

 昨年12月4日に続いて、2日未明もスーパームーン。これは2日の晩に撮影。 
s-満月③20180102
 
 次回からは短歌の紹介を中心とした、いつものバージョンに戻ります。
 皆さま、お健やかにお過ごしください。

霎時施(こさめときどきふる)

「霎時施」は24節気「霜降」の次候(10/28~11/1)。秋の時雨に、あたりが冷たく湿る頃の意。木々の葉も色づく。

 このところ週末の天候に恵まれない。今回は撮り溜めた写真から。今回は佐藤佐太郎の作品。佐藤志満選・香川末光解説。

 連結を終りし貨車はつぎつぎに伝はりてゆく連結の音

 客観に徹して重い対象を見ている。その中に言い難い機微のある歌境が新鮮である。 
 s-紅葉20141103

 階(はし)くだり来る人ありてひとところ踊り場にさす月に顕はる 

 前後を言はず写象の中核のみに視点を据えている。現実客観へ作風の移行してゆく変化が見られる一首。
 s-菊④20151101

 北上の山塊に無数の襞見ゆる地上ひとしきり沈痛にして

 俯瞰する北上山塊の重厚なさまを沈痛と観た冷徹な気魄に力が漲っている、雄豪な歌境への進展である。
 s-菊③20151025

 空わたり来る鶴のむれまのあたり声さわがしく近づきにけり

 出水の鶴、自註に「胸さわぐような思いを下句は言い当てたように思った」とある、三句がそれを生かしている。
 s-菊②20151025

 白鳥の群れとびたちてひとしきり雪山の上ゆれつつわたる 

 瓢湖の白鳥、鶴の場合もそうだったがわざわざ見に行っている、見て真実を詠む以外架空で歌を作らなかった。
 s-菊20151025

 海の湧く音夜もすがら草木と異なるものは静かに眠れ  少女喘を病む

 孫娘を題材にした歌。「この頃はおもむくままに赴いて歌に音韻が添う」と自註してをり、着想も形容も自在闊達。
 s-サザンカ20141102

 鳥雀のごとたわいなく秋の日のいまだ暮れざるに夕飯を待つ

 60歳の作、昭和41年鼻の出血で入院以来体調を気にとめ摂生している、その哀感の自照である。
 s-ツワブキ20171029

 春ちかきころ年々のあくがれかゆふべ梢に空の香あり

 老境というには余りにもみずみずしい、あこがれと言い、梢の空の香と言い、衰えることのない感覚が新鮮である。
 s-ススキ20141103

 たちまちに過ぎし命をいたむなく順序よく死の来しをたたへん

 大切な仕事を為し遂げた人を詠んだ歌、道を述べた歌ではなく、深い生を賛嘆して格調がある。

 ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロさんの「忘れられた巨人」を読んだ。以前読んだ「日のなごり」に次いで2冊目。書評家の江南亜美子さんの解説によると、『カズオ・イシグロの代名詞といえば「信頼できない語り手」。「日のなごり」の語り手の執事スティーブンスも、自身が長年忠義を尽くして仕えてきた相手への失望を自覚したくないあまりに、自分の心を偽って生きてきた男であった。』
 「忘れられた巨人」の話も、同様。山に棲む雌龍の吐く息が霧となり、それを吸った人々の記憶を日々奪っていくというのだから、語り手は常に自分の記憶力を疑いながら行動することになる。その霧が封印しているのは2つの民族が相争った戦争の事実であり、その霧のおかげで2つの民族が仲良く暮らしているのだが・・・。あまり語り過ぎないほうがいいかな。

 皆さま、お健やかにお過ごし願います。
プロフィール

kantarou + 6

Author:kantarou + 6
畑や庭での作業を楽しんで、晩酌・早寝・早起きの毎日です。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム