FC2ブログ

鬼の霍乱

 「生まれてこの方、熱を出したことも風邪ひいたこともない」

ことが取り得だった私も、今回ばかりはいけません。もう約3週間も咳が収まらない。「鬼の霍乱ですね」と会社で後輩にもからかわれる始末。『鬼の霍乱』は、本人に面と向かって言う言葉かと思ったものの、後で辞書で確認すると「普段壮健な人が珍しく体調を崩したときに言う」とのことで、悪口ではないらしい・・・? 「アラ還」はもうすぐ「本還」だけど、もう二度と風邪はひかないと心に刻むのであります。
 まあ、それでも昨日は咳も殆ど出なくなり、行ってきましたU公園。午前中は雲一つない青空、先日の雨に洗われた樹々はいつも以上にきれいで、樹々も草花も野鳥も虫も、温かな秋の陽射しを精一杯楽しんでいるような秋の一日でした。

 U公園散歩の報告の前に先々週末のいわきの様子です。9~10日は青森・仙台、11日~13日はいわきでした。いずれもいわきの実家の庭先の草花です(今回は妻の実家、農家なのでほぼ一年中幾つもの花が咲いている、手入れしているものもあるし、毎年勝手に生えてくるのもある。)。

 「イヌサフラン」、「コルチカム」の名前の方が知られる。
 犬サフラン121013

 秋の花であるが、葉は開花後に出てくる。球根や種子には「コルヒチン」が含まれており、誤って摂取すると皮膚の知覚が麻痺したり、重症になると呼吸困難に陥るという。昔は痛風薬として用いられたとも。葉が後から出てくるとか、ある種の毒を持つというのは、曼珠沙華と同様。「犬サフラン」の葉は食用にされるギョウジャニンニクと、球根はジャガイモやタマネギと間違われることがあるというので、要注意。
 初めてチラッと見たときは地面に挿した造花かと思った。きれいな花ではあるが異様。因みに「犬サフラン」はユリ科、「サフラン」はアヤメ科。

 次は「シオン」。キク科の多年草。薄紫の花の色から「紫苑」と。根および根茎に去痰作用、利尿作用ありとのこと。義姉は「ちょっと野暮ったい花だけど、秋のお彼岸に墓前に供えると結構映えるのよ」と言っていた。 
 シオン121013

 「モミジアオイ」。
 ハイビスカス121013

 ヤマイモの「むかご」。「むかご」って、ヤマイモの「むかご」しかないと思っていたが、「植物の栄養繁殖器官のひとつ」とのことで、他の植物にもあるとのこと。「主として地上部に生ずるものをいい、葉腋や花序に形成され、離脱後に新たな植物体になる」とのこと。
 ムカゴ121013
 ムカゴこれは「Allium vineale」のむかごとのこと。(Wikipedia)

 むかご=「零余子」。「零余子」と言えば、漱石の「三四郎」の主人公の友人「与次郎」のペンネームではでは? 「れいよし」を「むかご」と読むとは、今日初めて知った。


 ここからが、10月20日のU公園です。

 まずは「キンモクセイ」。モクセイ科モクセイ属でギンモクセイの変種という。中国南部原産で江戸時代に渡来。雌雄異株で日本には雄株しかなく結実しない。芳香あり。桂花の名で呼ばれ、花冠は白ワインに漬けたり(桂花陳酒)、茶にまぜて桂茶にしたりする。
 
 1978年、アリスの「君のひとみは10000ボルト」がヒット。資生堂のキャンペーンソング。
  ♪ 鳶色のひとみに誘惑のかげり 金木犀の咲く道を
    銀色の翼の馬で駈けてくる 二十世紀のジャンヌ・ダークよ ♪

 因みに、年配の方は芳香剤を思い出すかも? 小林製薬がリビング用消臭剤「キンモクセイ」を発売したのも1978年秋。
 キンモクセイ121020
 
  次は「ヨメナ」。キク科の多年草で、いわゆる雑草とのこと。雑草にしては可愛らしい、だから「嫁菜」とか。
 ヨメナ121020

 こちらは「杜鵑草(ホトトギス)」。ユリ科ホトトギス属。東アジアに分布し19種が確認されているが、日本では13種確認され、うち10種が日本固有種であることから、日本原産と推定されているとのこと。
 この写真は栽培種で珍しいものではないが、黄花杜鵑草、高隅杜鵑草、台湾杜鵑草、上臈杜鵑草、紀伊上臈杜鵑草などはいずれも絶滅危惧種とのこと。
 ホトトギス121020
 
 因みに「杜鵑草」の名は、花にある斑点模様が、鳥のホトトギスの胸にある模様に似ているから。
 ホトトギスWikipedia (写真はWikipediaから)

 これは「ヨウシュヤマゴボウ」=「洋種山牛蒡」。ヤマゴボウ科ヤマゴボウ属の多年草とのことだが、「山ブドウ」ではないのかと思ってしまう。米国原産で明治時代初期以降、各地で雑草化した。
 実を潰すと赤紫色の果汁が出るが、この果汁は強い染料で、服や人体につくとなかなか落ちない。これも有毒植物で、毒性は、根>葉>果実の順とのこと。毒性だけではなく、有益な薬理作用を持つので研究対象になっているとのことだが、まあそれにしても結構危険な植物って多いんだね。
 食用として販売されているヤマゴボウはキク科で、本種とは別とのこと。
 ヨウシュヤマゴボウ121020

 「キクイモ」。花が菊に似て、イモができるために付けられた和名。キク科ヒマワリ属。北米原産であるが、世界中に拡がっているほど繁殖力旺盛。背丈は1.5~3mにもなる。
 キクイモ120915

 お次は「赤い色」の4連発。

 まずは「ナンテン」。メギ科ナンテン属。音が「難を転ずる」に通ずることから縁起の良い木とされ、鬼門に植えるといいなどの俗信がある。
 葉は南天葉(なんてんよう)という生薬で、健胃、解熱、鎮咳などの効果あり。葉に含まれるシアン化水素は猛毒であるが、含有量は僅かなので殆ど危険はなく、むしろ食品の防腐に役立つ。
 南天実に含まれる毒成分としてはナンテニン、ナンジニン、メチルドメスチニン等々8種に及ぶ。これらの成分から抗アレルギー薬、ケロイド治療薬が生まれているとのこと。人類の知恵も凄いけど、そうした成分を配した神様?も凄い!!
 因みに、生け花などではナンテンの実は長持ちし、最後まで枝に残っている。このことから某地方では、酒席に最後まで残って飲み続け、なかなか席を立とうとしない人々のことを「ナンテン組」というとのこと。要注意!!
 ナンテン121020

 「ハナミズキ」の実です。ハナミズキはミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属。北米原産。開花期の長い植物であるが、赤い実もなかなか見事。1912年に当時の東京市長だった尾崎行雄が米国ワシントンDCに桜を贈った答礼として、1915年に米国から日本に贈られ、その後、各地に広まったとのこと。
 ハナミズキ121020

 「ベニカナメモチ」は『春先に葉が紅葉し、冬に緑色となる一風変わったバラ科カナメモチ属の常緑広葉樹』ということだが、10月なのに紅葉が始まっている。これは「カナメモチ」と「オオカナメモチ」の交配によって育成された「レッドロビン」のようです。このレッドロビンは年に3回ほど刈り込みを行うと、その都度真っ赤な葉が生えてくるという優れもの。10月に刈り込むと早春まで色鮮やかな葉を観賞できるとのこと。
 ベニカナメモチ121020

 赤シリーズ第4弾は「カラスウリ」。ウリ科の多年草。枯れ始まった周りの植物のなかで、真っ赤な実が目立つ。
 カラスウリ121020

 これは7月21日に撮影したカラスウリの花。夜開花し、昼には萎んでしまう。花の縁部が無数の白く細いひも状になって伸び、直径数cmの網状・レース状に拡がる。昼に見る花はしどけない感じで、撮るのも若干躊躇した。
 カラスウリ120721

 「フウセンカズラ」。ムクジロ科。花も咲くが、むしろ風船状の果実を見て楽しむために栽培される。これも北米原産。よく茂ったときは非常に涼しげで、最近は「壁面緑化」にも使われる。
 フウセンカズラ121020

 「シュウカイドウ」、秋海棠。シュウカイドウ科シュウカイドウ属。江戸時代中期に中国から持ち込まれ、園芸用に好まれたとのこと。近年は同属の多くの種が持ち込まれて園芸用に栽培されているが、それらはベコニアと呼ばれている。
 シュウカイドウ120917

 バランス 

 おなじみの「セイタカアワダチソウ」。畑の縁に一本立ち。奥に写っている鉄塔は近代科学の力学計算で設計されているのだろうが、「セイタカアワダチソウ」も重そうな花や葉を戴きながらもスクッと立っている。お見事!といつも思うのであります。なかなかのバランスでは。
 バランス121020

 こちらの「ユッカラン」も装飾過剰な錫杖のような花々を見事なバランスで支えている。二度咲きです。
 ユッカ蘭121020

 やはり「ジョロウグモ」の巣が目立ちます。9月下旬の頃は、繁殖期ということで小さなオスも同居していたが、昨日はどの巣にも妖艶さを増し、加えて腹部が大きくなったメスしかいない。哀れオスは何処へ?
 ジョロウグモ121020

 草むらで狩りの最中の猫ちゃん。姿勢を低くして辺りを覗っている。獲物はバッタかもしれないが、野生の血が騒ぐのかな? 気分はブッシュに潜んで獲物を待つライオンかトラ!
 狩猟猫121020

 本日はここまで。

撮れた! 四十雀

 シジュウカラ(四十雀)の名は鳴き声から。 

 スズメ目シジュウカラ科。さえずりは「ツツピーッツピー」、地鳴きが「チ・チジュクジュク」と表されるので、「シジュウ」は鳴き声を表したものとのこと。なかなか可愛らしいし、色彩に乏しいわけではない。「シジュウカラ」というと、お小遣いをもらえない亭主の財布みたいな連想が働いてしまう。悔やまれるネーミングでは?
 シジュウカラ121008
 
 U公園の散策路を歩いていくと、いつも「ツツピーッツピー」と可愛い鳴き声がする。時折姿は見えるのだが
せわしなく枝から枝へと移動し、写真を撮らせてはもらえなかった。今日は、少年野球の試合をしている広場の脇の薮でお目にかかったが、少年野球の監督やコーチの大声の指示やママさん方の黄色い声援で騒然としていたため、シジュウカラはいつもの警戒心を解いた様子。ラッキーでした。例によってピンボケはご容赦乞う。
 
 お次は「コゲラ」

 「ツツピーッツピー」という可愛い鳴き声は下の写真の鳥のものかと思っていた。これは6月24日に撮った写真であるが、「ツツピーッツピー」と鳴く数羽の小鳥たちの中の1羽の写真だから。「日本の野鳥」(山と渓谷社)によると、どうやら「コゲラ」らしい。
 「コゲラ」は「小啄木鳥」と表され、「キツツキ目キツツキ科」。英名は「Japanese Pygmy Woodpecker」とのこと。小さな体の割りには20ha程の広い縄張りを持つとのことだが、『シジュウカラなどと混群を作ることもある。また、嘴で木を強く連続して叩くドラミングもする。』とのこと。フムフム・・・。それにしてもU公園の奥の深さよ!

 コゲラ120624
 
 実りの秋です。

 枝もたわわに稔った柿の実。耕作が放棄されているような畑の一角。干し柿にされることもなく、このまま野鳥のエサかな。子供のころ、実家に「百目柿」と称する大きな実をつける甘柿があった。秋になると、学校から帰るや否や柿の木に直行。「ゴマ」がたっぷり入っていて、甘い甘い柿だった。イチジクや枇杷(ビワ)、茱萸(グミ)の木もあったし、桑の実も食べたなあ。凶作への備えだったのか、当時の農家の周囲には多くの果樹が植えられていた。
 柿の木は枝が裂けやすく、木から転落したことがある。その時の傷は太腿に今も残っている。「猿でもあんめに、そんなどごまでのぼるばかいっか」というおやじの怒声も。(訳:猿でもないのに、そんなところまで登る馬鹿がいるか!)
 カキ121008
 
 鈴生りの銀杏。もちろん野生ではなく、畑地に百本以上並んでいるイチョウの木についた実です。粒ぞろいで実に美味しそう。いずれ近くの農家の庭先で「直売」するかも。
 銀杏121008
 
 こちらも美味しそう?な粒ぞろいのドングリ、野生というか防風林の中の一本。ドングリの形、殻斗(かくと・実の枝側のはかま状のもの、はかまと言ったり帽子と言ったり。)の形からして「ツクバネガシ」かと。「クリ」はこの殻斗が実の全面を覆い、しかも棘まで付いてしまった。ブナ科22種の実をドングリというが、ブナ属、クリ属、コナラ属、シイノキ属、マテバシイ属と幅広い。 

 ツクバネガシ121008

 こちらはたぶん「クサギ」(臭木)。

 果実は草木染に使うと媒染剤なしで絹糸を鮮やかな空色に染めることができると言う。
 不明な実

 こちらは「ゴンズイ」。別名「狐の茶袋」、「黒臭木」。ミツバウツギ科ゴンズイ属。権瑞(ゴンズイ)という魚がいるが、役に立たない魚、役に立たない材ということで、「ゴンズイ」と同名になったとか。
 不明な種120929

 「ブタクサ」かと思ったら「セイタカアワダチソウ」。

 キク科アキノキリンソウ属。同じころ増えた同じく帰化植物の「ブタクサ」と時折間違われ、花粉症の原因と言われたりするが、別の植物。
 この「セイタカアワダチソウ」も他の植物の成長を阻害する「アレオパシー効果」を持っており、ススキ等を駆逐し、モグラやネズミが長年生息していた地域で肥料となる成分(主として糞尿や死体由来の成分)が多年蓄積していた地下50cmの深さまで根を伸ばす生態であったので、そこにある養分を大量に取り込んだ結果背が高くなり、平屋の民家がおしつぶされそうに見えるほど勢いがあった。
 しかし、平成に入るころには、その領域に生息していたモグラやネズミが駆除されてきたことによって希少化し土壌に成分が蓄えられなくなったこと、また蓄積されていた肥料成分を大方使ってしまったこと、他の植物が衰退してしまったことで自らがアレオパシー成分の影響を強く受けてしまったことなどの理由により、ススキなどが勢いを取り戻しつつあるとのこと。(wikipedia)
 確かに、昔は日本中セイタカアワダチソウだらけになりそうな勢いがあったよね。線路脇に繁茂していた訳もわかったよ。

 セイタカアワダチソウ121008

 今回はここまで。
 なお、動植物名やその他の記述に誤りがありましたら、是非ご教示願います。

 

彼岸花の頃

彼岸花は「三倍体」!?

 彼岸花はお彼岸のころ芽を出し、1日に10cm近くも茎が伸びて瞬く間に50cmほどになり、真っ赤な花を咲かせる。花と茎だけ、葉はない。その後、1週間ほどで花も茎も枯れ、今度は球根から緑の葉っぱが伸びてくる。冬になっても葉が枯れることはない。
 彼岸花には「アルカロイド」という毒があるため「毒花」とか「痺れ花」とも。その毒がネズミやモグラの侵入を防ぐとして、田畑や墓地(土葬だったので)の周囲に植えられたらしい。
 日本に存在する彼岸花は全て遺伝的に同一であり、「三倍体」なので種子で増えることができない。中国から伝わった1株の球根から、日本各地に株分けして広まったと考えられるとのこと(Wikipedia)。「三倍体」の説明は私には難しい。遺伝子的に不安定な組み合わせなので不稔体になるとか。(9/29、U公園)

曼珠沙華120929

 つきぬけて天上の紺曼珠沙華(山口誓子)
 西国の畔曼珠沙華曼珠沙華(森 澄雄)


 赤くてちょっと変わっている花と言えば、鶏頭も独特。鶏頭の学名の「Celosia argentea」はギリシャ語の「燃焼」を意味する言葉とか。(9/8、いわき) 

けいとう120908

 秋風の吹きのこしてや鶏頭花(与謝蕪村)
 鶏頭の一四五本もありぬべし(正岡子規)
 鶏頭の黄色は淋し常楽寺(夏目漱石)

 これは何の花? 花の下に実が写っていますが、そう、オクラです。きれいで、落ち着いていて、何とも言えない品もある。
 このオクラ、原産地はアフリカ北東部。エジプトでは紀元前から栽培されていたとも。(9/29、U公園)

オクラ120929

開花期間の長い花たち

 1年ほど前からデジカメで草花の写真を撮り始めた。道端の草花も気になりだし、車でいつものU公園に行く時も視線はあちこちさまよう始末。これでは危険だと思い、U公園までは自転車で移動することにした。そんな風にしてあちこち観察するようになると、民家のお庭や畑にもたくさんの種類の花が咲いていることに気づく。また、ハナミズキや百日紅(さるすべり)、木槿(むくげ)の開花期間の長いことに驚く。

 下の写真の「百日紅(さるすべり)」、百日間も紅い花が咲くから「百日紅」。唐代長安の紫薇(宮廷)に多く植えられたことから「紫薇」とも呼ばれるとのこと。
 百日紅120815
 
 こぼれ日にさそはれ見るや百日紅(秋桜子)

 下の3枚の写真の「木槿(むくげ)」も開花期間が長い。日本橋人形町あたりでは街路樹になっている。
 
むくげ120908

むくげ120906

むくげ120821

 道のべの木槿は馬にくはれけり(芭蕉)
 町中や雨やんでゐる白木槿(松村蒼石)

もしかして「ミヤマカワトンボ」?

 「ミヤマカワトンボ」 は均肢亜目(きんしあもく)カワトンボ科。日本産の均肢亜目の中で最も大きく、世界的にも屈指の大きさとのこと。涼しくなってきたのでちょっと動きが鈍くなってきたのか、撮影できた。(9/29、U公園)

イトトンボ120929

 先週のU公園パトロールでやたらに目についたのが、このジョロウクモの蜘蛛の巣。しかも秋は繁殖期ということで、小さなオスも同居している(メスの右上にいる)。「JSTX-3」という毒を持っている由。これだけどぎつい衣装を見ると近づくのはためらってしまう。因みに、「女郎蜘蛛」とも「上臈蜘蛛」とも。(9/29、U公園)

ジョロウクモ120929

 こちらは「コガネクモ」。頭部の辺りが「人面」に見えなくもない。(7/15、U公園)

コガネクモ120715


 またまた「百舌鳥の高鳴き」。今回は電線の上で鳴いていました。(9/29、U公園)

百舌鳥120929

 今日の結びの写真は「ヨシキリ」。6/17撮影です。この頃、コンパクトデジカメで最も望遠がきくと薦められたSONYのカメラを購入。このヨシキリの撮影の時は、まだ「一脚」を買っておらず、手元で数mmずれるとヨシキリはどこに行ったか分からない。そんな中で偶然撮れたのがこの1枚。
 
ヨシキリ120617

 ヨシキリはスズメ目ヒタキ科ウグイス亜科。ヨシキリは下くちばしと口内が黄色。オオヨシキリは下くちばしと口内がピンク。「ギョギョシ、ギョギョシ」と鳴くので「行々子(ぎょうぎょうし)とも。

 行々子大河はしんと流れけり(一茶)
 月やさし葭切葭に寝しづまり(松本たかし)

今回はここまで。

プロフィール

kantarou + 6

Author:kantarou + 6
畑や庭での作業を楽しんで、晩酌・早寝・早起きの毎日です。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム