FC2ブログ

カワセミと遭遇!!

 一瞬の翡翠(カワセミ)との遭遇!!
 
 1/18、いわきの某所。この一枚だけ撮れた。ブッポウソウ目カワセミ科カワセミ属。「清流の宝石」と称される。
 s-カワセミ20140118

 トリミングしてカワセミをアップにしたら、小魚を咥えていることが判明。このあとも何度か目撃はしたが撮影はできなかった。ただ、いることが分かったので近隣徘徊の楽しみが増えた。
 s-カワセミ③

 今回はカワセミの写真2葉でお仕舞、では余りにも無愛想かな・・・。おまけにお勧めの2冊+1を紹介させていただく。

 ひとつ目は沢木耕太郎の「流星ひとつ」。帯の惹句の通り、藤圭子をテーマとしたもの。全編、著者と藤圭子の会話だけで構成され、地の文章は全くない。この本の原型となるインタビューが行われたのは1979年の秋の一夜。この年、藤圭子は28歳の若さにもかかわらず年末に引退すると発表。その報に驚いた著者がインタビューを申し込んだ。最後のコンサートが行われた同年12月26日まで何度も追加のインタビューをしたとのこと。その後、作品は完成したが、著者に思うところがあり作品はお蔵入りに。
 藤圭子は昨年8月下旬亡くなった。そのことがきっかけで封印を解く気になった由。天才藤圭子の人知れぬ苦労、きっぱりとした性格、お人形のように整ってはいるがどちらかと言えば固すぎるように見えた表情の裏に隠された思い、離婚した前川清に対して持ち続けている尊敬の思い等々。名手沢木耕太郎ならではの逸品。
 s-流星ひとつ

 二つ目は乙川優三郎の「脊梁山脈」。名人三浦しおん曰く「感動という言葉ではたりない。心の震えを覚えた。ああ、なんという小説だろう。すごすぎる」。三浦しおんがこんなこと言っていたら読まざるを得ない。小説の主人公が終戦で戦地から日本に戻り、常磐線で母の待つ平(たいら)駅(現在は「いわき駅」)に向かう。家は平の掻槌(さいつち)小路にあったが、母は「胡摩沢(ごまざわ)」に越したというところから話が始まる。平は還太郎の母校のある街。地名も懐かしい。

 本の選択にお悩みの方、三浦しおんの「本屋さんで待ちあわせ」も超お勧め。ありとあらゆるジャンルから約90冊が紹介されている。

 寒波大襲来の砌、皆さまくれぐれもご自愛願います。

 追記。ただいま20時10分。外気温-1℃。天気予報では深夜2時から5時までは降雪確率30%となっている。拙宅の寒いお風呂場を敬遠し、車で数分の温泉へ。太平洋を見下ろす大浴場で充分温まって、次は露天風呂。左手には太平洋、右手には照明に浮ぶゴルフコース、上には満天の星空を望む。南南東の空にオリオン座。星座の中央に横一列で3つの星が並んでおり、私にも判る。祖母はこの3つの星を「三大師様」と呼んでいた。(下の写真はWikipediaから)
 オリオン座

 温泉から帰宅して、Asahi CRYSTAL GOLD(いわゆる第3のビール)をグイッと。たまりませんな。チャンチャン。

年末年始あちこち

本社ビル(賃貸です)からスカイツリーと東京タワーが見える

 12/25の夕方。東側に見えるスカイツリー。分厚いガラス越しなので不鮮明なのはご容赦を。18階から。
 s-スカイツリー

 西側には東京タワーが。ライトアップはクリスマスバージョンかな。
 s-東京タワー20131225

 1/7、東北道を下って仙台へ

 安達太良山。左側の頂が箕輪山(1,718m)、中央奥の白い頂が鉄山(1,709m)、その3cmほど右の頂が安達太良山(1,700m)でしょう。
 s-安達太良山

 次いで吾妻小富士。吾妻山は福島市西部から山形県米沢市南部の天元台にかけて、東西およそ20km、南北およそ10kmにわたって標高2,000m級の火山が連なる山脈。最東端に位置する吾妻小富士は1,705m。小さくて実に可愛らしい。
 s-吾妻小富士

本日(1/11)は大寒波襲来のはずが好天

 鮫川の白鳥飛来地。オオハクチョウが悠然と泳ぐ。
 s-オオハクチョウ

 と思って見ていたら、たくさんのカモ類に囲まれ、ちょっと困惑気味の様子。
 s-白鳥と鴨類

 色も柄もとりどりのカモ類。
 s-鴨たち

 オオバン(ツル目クイナ科オオバン属)もいる。
 s-オオバン

 カメラを向けるとすぐに飛び立つサギ。
 s-サギ

いざ田人路へ

 ブナ林の中の渓流は寒さでこの有様。
 s-凍る川

 氷の花が咲く。
 s-凍る川②

 先日の雪のせいか、引き裂かれたような姿を見せる樹木。幹の中が空洞になっており、雪の重さに負けたか。
 s-裂けた木

 こちらは裂けてから何年も経っている。
 s-裂けた木②

 もっと古い木は分厚く苔むして、徐々に土に還る。
 s-朽ちた木

 葉が落ちると、目立つのは「ヤドリギ」。
 s-やどり木

 鮫川村の雪景色。
 s-鮫川村

 さて、これからビッキ@山学校氏が衝撃を受けたという沢木耕太郎の「流星ひとつ」を読むことに。
 みなさま、ごきげんよう。

遠い記憶をたどるような冬枯れの道

冬枯れの近郊を歩く。8,354歩。

s-DSC_0057.jpg s-DSC_0060.jpg s-DSC_0072.jpg s-DSC_0069.jpg s-DSC_0066.jpg s-DSC_0059.jpg s-DSC_0054.jpg s-DSC_0053.jpg s-DSC_0065.jpg s-DSC_0061.jpg s-DSC_0080.jpg s-DSC_0079.jpg s-DSC_0078.jpg s-DSC_0076.jpg s-DSC_0073.jpg s-DSC_0088.jpg s-DSC_0087.jpg s-DSC_0086.jpg s-DSC_0083.jpg s-DSC_0081.jpg s-DSC_0089.jpg s-DSC_0094.jpg s-DSC_0092.jpg s-DSC_0091.jpg s-DSC_0090.jpg s-DSC_0099.jpg s-DSC_0098.jpg s-DSC_0097.jpg s-DSC_0096.jpg s-DSC_0095.jpg s-DSC_0107.jpg s-DSC_0106.jpg s-DSC_0102.jpg s-DSC_0101.jpg s-DSC_0108.jpg s-DSC_0114.jpg s-DSC_0113.jpg s-DSC_0112.jpg s-DSC_0111.jpg s-DSC_0109.jpg s-DSC_0120.jpg s-DSC_0119.jpg s-DSC_0118.jpg s-DSC_0117.jpg s-DSC_0116.jpg s-DSC_0127.jpg s-DSC_0126.jpg s-DSC_0125.jpg s-DSC_0123.jpg s-DSC_0121.jpg s-DSC_0135.jpg s-DSC_0133.jpg s-DSC_0132.jpg s-DSC_0131.jpg s-DSC_0129.jpg s-DSC_0136.jpg
 
 今回は写真だけです。いい天気で気持ちがいい。

天地粛々、満天の星空。

やっぱり、春日部・内牧は『桃源境』!!

 久し振りの「内牧公園」。12/30、31の両日、8時には「公園出勤」。29日、某ゴルフ場で18,000歩も歩いたのに加えて、内牧公園で30日は12,000歩、今朝はバタバタと5,000歩。

 どう見ても、チョウゲンボウ!!
 「内牧ランラン」(内牧公園の徘徊を、仲間内ではこう言っている)で、いきなりの宝くじ当選!!。「あんた、もしかしたら『チョウゲンボウ』さん?」と動揺をかくす軽口を叩きながら、僥倖に仰天しつつカメラをセット。木陰に停まっているのが玉に傷と思っていたら、なんと日向に移動してくれた。次をご覧願います。
 s-チョウゲンボウでしょう!!

 以下は、カメラ目線を外したチョウゲンボウとの「あっち向いて、ホイ」です。
 s-チョウゲンボウ②

 s-チョウゲンボウあっちむいてほい!

 冬枯れの「セイタカアワダチソウ」の中にいる雀が見えますか?(何羽見えます?)
 s-スズメ20131230 (1)

 アメリカセンダングサ。 コセンダングサ。キク科センダングサ属。これがズボンなどに付くとなかなか取れません。
 s-アメリカセンダングサ
 
  やっぱり、内牧はいい。おなじみのコゲラもメジロもシジュウカラも見ることができた。
 s-コゲラ20131230

 s-20131230メジロ

 シジュウカラとメジロ、近所付き合い。
 s-楽天内牧

 モズ君。
 s-モズ20131230

 内牧公園から4,800歩ほど歩いて帰ろうと思う頃、あれあれと思う近さで富士山。白岡市岡泉からの遠望です。
 s-春日部から富士山20131230
 富士山が見える北限はオラガ郷土の福島県。阿武隈山地の日山(ひやま・標高1,057m)とのこと。富士山からの距離は299km。南限は和歌山県の妙法山(標高749m、距離は323km。)

 昨夜の霜をいただく野草。勁い!!。
 s-P1040076.jpg
 
 早くも「イヌシデ」は新芽をつけている。 s-イヌシデ新芽

 植物関連の資料、続々Get!!

 埴さんは1931年、大分のお生まれ。「植物記」は1993年初版。「ふるさとハーブ物語」は実家のご近所のお生まれの大先輩のご著書。
 s-植物記 s-ハーブ物語

 結びは、内牧で撮った「木綿」。
 木綿


 飲んでいるうちに、『新年』になってしまった・・・。 皆さま、よいお年を!!
 今回の写真は出色のできばえ(自画自賛!!)。パソコンよりもiPadで見ていただきたい。画像の鮮明さが全く違うのであります…。
プロフィール

kantarou + 6

Author:kantarou + 6
畑や庭での作業を楽しんで、晩酌・早寝・早起きの毎日です。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム