FC2ブログ

欄中老驥尚昂頭

 今日(6/20)は梅雨の合間の晴れとなった。勇躍、内牧公園へ。ハスが最盛期を迎えようとしていた。花弁先端のピンク色がかわいい。
 s-20150620①

 こちらは赤い花弁のハス。
 s-20150620②

 オカトラノオ(丘虎の尾)、サクラソウ科オカトラノオ属。オカトラノオがあれば、ウミトラノオもなければならんだろうと検索すると、あるんだね。ホンダワラ科ホンダワラ属の由。
 s-20150620③

 ネムノキ(合歓木)、マメ科ネムノキ属。花は儚げだが、荒れ地に最初に侵入するパイオニア的樹木とか。
 s-20150620⑥

 ビョウヤナギ(未央柳)、オトギリソウ科オトギリソウ属。
 s-20150620⑧

 これも一個の生命体。次の写真も一個の生命体。不思議だね、こんなにサイズが違う。
 s-20150620⑤

 イヌシデの大木に藤が絡みつく。
 s-20150620⑨

今回のタイトル「欄中老驥尚昂頭」は、3月末で銀座某所のショットバーを閉めたマスターからのお便りの書き出し。「欄中老驥」とあるから、欄間の彫り物になっている老驥(年老いた想像上の生き物)が、老いたとはいえ頭を挙げて意気軒昂である、ということかと推察した。ネットで調べると、陳舜臣さんの七言律詩の一節とのこと。

  澄懐黙稿数離憂  華甲不甘章句囚   天外孤蓬猶挙踵  欄中老驥尚昂頭
  胸閒薄膜存餘悸  脳底残筋耐激流   溌墨江湖呵凍筆  展箋編録百春秋

  懐(おも)いを澄(きよ)めて黙稿(もっこう)すれば数(しばしば)憂(ゆう)に離(かか)る
  華甲、章句の囚(しゅう)に甘んぜず
  天外の孤蓬(こほう)猶(なお)踵を挙げ
  欄中(らんちゅう)の老驥(ろうき)尚(な)お頭を昂(あ)ぐ
  胸間の薄膜は餘悸(よき)を存し
  脳底の残筋(ざんきん)は激流に耐(た)う
  墨を江湖に溌(そそ)ぎ凍筆を呵(か)し
  箋を展(の)べて編録せん百の春秋

大意 :
心を清めて稿を練ると、しばしばこれでよいのかと不安になる。
六十になったが、文章の章句の奴隷にだけはなりたくない。
遠くまで飛ばされた一本の根なし草になっても、かかとが地に触れる限り、高く伸びあがって希望を失うまい。
柵の中の老いたる名馬も、曹操の詩に「老驥は櫪(うまや)に伏すも志は千里に在り」というように、昂然としているものだ。
わが胸の薄い膜にまだ残りのときめきがあり、わが脳がまだ激しい感情の流れに耐えうるうちに、さあ、この人の世の舞台に墨をふりかけ、筆が凍ればそれに息を吹きかけ、原稿用紙をひろげ、この百年の歴史を書きとめよう。

 「天外孤蓬猶挙踵  欄中老驥尚昂頭」。これっていいね。この路線で行こう!!
皆さまもお健やかにお過ごしください。

ヤマボウシ、満開!!

やま、ヤマ、YAMA、山、やまぼうし。

 6/15は工場出張。朝7時過ぎの田人路。例によって、出勤前にひとっ走り(もちろん車で・・・)。余りにも見事に咲いており、思わず車を停めてパチリ。
 
山法師咲けば記憶のある山路(稲畑汀子)
山法師開花場外ホームラン(山本敏子)

 s-ヤマボウシ20150615

 今日はこれだけ。皆さま、お元気にお過ごしください。

何と、体重2Kg減!!

 先ずは6/7のいわきで。既報の花々であるが、元気に咲いている。ムラサキツユクサ2葉。 (文中の赤字の記載はS先輩のご教示です。)
 s-20150607①

 s-20150607②

 ツゲ(柘植)イヌツゲ(モチノキ科)の花。数mmほどの大きさ。
 s-20150607③

 こちらは20cmはあろうかというタイサンボクの花。
 s-20150607④

 タイカンマツバギク(耐寒松葉菊)も元気。こんな温かい時期に咲いているのに耐寒とは?
 s-20150607⑤

 ゼニゴケ。「庭に生えるコケ類は日本庭園では喜ばれることが多いが、ゼニゴケ類は地面に深く張り付いて広がり、見栄えがよくないため、雑草として嫌われることも多い」とWikipedia。
 ゼニゴケといえば、地面に張り付いた銭型の葉を思い浮かべるが、それはゼニゴケの雄器托(精子を作る器官)。この写真は雌器托で、胞子嚢形成部が破れて胞子を放出後の状態とのこと。妻はこの写真を見て、うんざりした顔をしていた。
  s-20150607⑥
 
 フランスギクの上でアリが食事中。
  s-20150607⑦

 コウヤマキの新緑が輝く。
 s-20150607⑧

 ガザニア、2種。 
 s-20150607⑨

 s-20150607⑩
 
 12時40分頃撮影。
 s-20150607⑪

 角度は違うが、同じ花の1時間後。
 s-20150607⑫

 ここからは6/13の春日部・内牧公園。ミズキの果実。熟すと黒くなり、野鳥の餌になる。
 s-20150613①

 ラミーカミキリ。コウチュウ(鞘翅)目カミキリムシ科。体長10~20mm。背面は、両手を体の前に揃えたキョンシーのように見える。ある人は「スーツを着たガチャピン」だと。
 s-20150613②

 ウシハコベかな? 「花弁は5個で白色、萼辺より長いか短く、基部まで深く2裂し、10弁花に見える」と。「ウシハコベでよさそうです。コハコベやミドリハコベは雌しべの先が3本。ウシハコベは5本。写真では4本はあるようです。」(S先輩)
 s-20150613③

 これは何かな? 小さな花なのに、アリさんが食事中。「アレチギシギシの果実」(S先輩)
 s-20150613④

 調査中。カモガヤの果実(S先輩)
 s-20150613⑤

 ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)。
 s-20150613⑥

 ブルーベリーか? ブルーベリーを栽培している農家はあるが、かなり離れている。野生ってことはないよね?
 s-20150613⑦

 栗の実の赤ちゃん。
 s-20150613⑧

 こんな小さな新芽にも蜘蛛の巣が。既に誰かの縄張りになっている。
 s-20150613⑨

 おまけ。澤田瞳子「若冲」。若冲(1716-1800)の異様なほどの色使いと精緻を極めた描写の背景には、結婚3年で縊死した妻への鎮魂の思いが秘められていると。
 若冲73歳の折の述懐。「決して結ばれぬ鴛鴦、咲き乱れる紫陽花の下、奇妙な隔たりをもって対峙する雄雌の鶏。美しくとも生の喜びの欠落した絵に、妻を死なせた悔いを託すという気ままが許されたのも、金の心配のない隠居の身だったからこそ。・・・」。
 若冲という号は、老子の「大盈(たいえい)は冲(むな)しきが若(ごと)きも、その用は窮まらず」、即ち、満ち足りたものは一見空虚と見えるが、その用途は無窮であるという一節から付けられた由。
 s-若冲20160613

 昨日、久方振りに計量したら、何と2Kgも減っていた。特別なことはしていないのだが、車で20分の通勤から、電車で1.5時間の通勤に変わった所為かな。2ヶ月ちょっとで2Kg減るなら、1年後は6~7Kg減か!?
 どうぞ、皆さまもお健やかにお過ごし願います。

青花、清し!!

青色仲間4種。

 S大先輩は、いつも拙ブログの草花の名前を監修して下さっている。今回、4葉の写真をメールで送って下さったので、拙ブログへの転載をお願いしたところ快諾を得られた。

 Hさんちのオトメギキョウ(5/27)。
  Hさんちのオトメギキョウ20150527

 Kさんちのカンパニュラ・タキオンブルー(5/28)。
 Kさんちのカンパニュラ・タキオンブルー20150528

 Mさんちのヒゲキキョウ(6/2)。
 Mさんちのヒゲキキョウ20150602

 Mさんちの青花ホタルブクロ(6/2)。
 Mさんちの青花ホタルブクロ20150602

 今朝は雨。お出かけできないので、今回はS先輩から送っていただいた写真のご紹介のみ。皆さま、お健やかにお過ごし願います。

百花+野菜花、繚乱!

5/31、@いわき。快晴、そよ風、時々風塵が舞う。

 土曜日(5/30)の夕方、いわきへ。妻実家の庭先は花々でいっぱい。野菜の花も。シイタケもしばらく放置しておいたら『満開?』。色彩をお楽しみいただければ幸い。(今日6/1は平日なので写真のアップのみ)。

ムラサキツユクサ
 s-ムラサキツユクサ20150531

ユズ
 s-ユズの花20150531

フランスギク
 s-花⑥20150531

スイセンノウ(酔仙翁)
 s-花⑦20150531

ヤナギハナガサ
 s-花⑤20150531

バラ
 s-バラ②20150531

バラ
 s-バラ①20150531

ガザニア
 s-花④20150531

ハクチョウゲ
 s-花③20150531

タイカンマツバギク
 s-花②20150531

ゼ二アオイ
 s-花①20150531

タイサンボク
 s-タイザンボク20150531

スイレン
 s-ハス20150531

シラン
 s-シオン20150531

ザクロ
 s-ザクロ20150531

クレマチス
 s-クレマチス20150531

ジャガイモ
 s-ジャガイモの花20150531

キュウリ
 s-キュウリの花20150531

カボチャ
 s-カボチャの花20150531

シイタケ
 s-シイタケ栽培20150531

6/1、6時55分の田人路・広葉樹林。工場への出勤前にひとっ走りした。
 s-田人路の広葉樹林①20150601

 s-田人路の広葉樹林②20150601

 5/30の晩の地震、春日部は震度5弱。今晩、震災後初めて帰宅したが、幸いにして被害は全くなし。皆さまもご無事ですよね。花の名前はおいおい記載します。


プロフィール

kantarou + 6

Author:kantarou + 6
畑や庭での作業を楽しんで、晩酌・早寝・早起きの毎日です。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム