FC2ブログ

無絃の琴を霊台に聴く(むげんのきんをれいだいにきく)

 「無絃の琴を霊台に聴く」。絃の無い琴の音色を霊台(周の文王が建てた物見台、転じて天文台)。詩人の陶淵明は琴に弦を張らず、ただ眺めていたという。また菜根譚には「無絃の琴を聴き、無字の書を読む」という。要するに無窮の世界を言っている由。興味のある方は「弦の無い琴をひく」を検索願う。(今年のタイトルは漱石・草枕の難解熟語)

 さて、今回の短歌は川田順。テキストは『わが愛する歌人 第四集』(有斐閣新書・1978年刊)。解説は橋本喜典。
 川田順(明治15年1月15日~昭和41年1月22日)は東京都出身。城北中学、一高をへて、東大法学部卒業。住友本社に入社し常務理事となったが、昭和11(54歳)年実業界を引退。明治30年「竹柏会」に入門、佐佐木信綱に師事。大正13年、「日光」の創刊に参加。昭和17年歌集『鷲』によって第一回帝国芸術院賞受賞。昭和23年宮中歌会始の選者、昭和37年芸術院会員となる。

 わがこころ環(たまき)の如くめぐりては君をおもひし初めに帰る

 この歌は歌集『東帰』(昭和27年刊)の一首。この歌の「君」は京都大学教授中川与之助夫人俊子であり、俊子は当時39歳、順は67歳。二人の関係が発覚し、三者はそれぞれ懊悩の五百日を経て、漸く解決の話がでていた矢先、順は自責の念からか、遺書を知己に郵送して、亡き妻和子の墓前にて自殺を図った。結局、順と俊子は昭和24年3月に結婚し、国府津に住む。(最初の妻和子は昭和14年12月脳溢血で急逝。)

 s-ツツジ20180419
 ツツジ。

 夕顔や戸による母のおももちを幼な心にあやしみしわれ

 これは処女歌集『伎芸天』(大正7年)の「根岸の思出』一連中のもの。順の父は宮中顧問官文学博士川田剛。生母はその父の側室で蔵前の商家の女、本田かね。そうことで順は父の家には住むことができず、生母と共に根岸の別邸に住み、明治26年生母の病没後は妹美佳子とともに牛込の本邸に引き取られた。
 明治32年9月、第一高等学校文科に入学。島崎藤村、薄田泣菫らの感化でしきりに新体詩を作り、また近松、シェークスピアに興味を覚えて、それらの研究は爾後十余年に及んだ。
 明治25年東大文科(英文科)に入り、翌年9月法科に転籍。当時、歌の師佐佐木信綱は「君の転科については自分はまことに遺憾に堪へないでかたくとどめたのであった。然し君は之を断行した。文科は去るが文学は捨てぬと、君は自分に答へた。」と記している。卒業後は住友本店(大阪)に勤務。

 s-ツツジ⑤20190422
 ツツジ。

 寧楽(なら)へいざ技芸天女のおん目見(まみ)にながめあこがれ生き死なんかも

 大阪へ移ってからは、しきりに近畿の名勝古蹟を巡っては歌を作った。歌は、「奈良へさあ出かけて、技芸天女のその目のいろをながめ、その美しさに憧れながら、生きそして死にたいものだ」の意。

 s-ツツジ⑨20180422

 布さらし秋のあしたの眼もさやに一すぢの水山より来(きた)る 

 これは「河内柏原」にて。発想は情緒的だが、順の眼が庶民の生活に向けられていることがわかる。凛然とした秋気を感じさせる冴えた歌だ。

 s-ツバキかな20180422
 ツバキ。

 匠等(たくみら)は春のゆうべの床の上(へ)にあぐらゐ黙りはたらけるかも

 唐招提寺の講堂の中で、仏師たちが黙々と古い仏像の修繕をしている様子を歌っている。

 s-アイリスかな20180422
 アヤメ。

 鳴門の渦のまはりを渦なりに大きく廻って下りゆく船あり

 大正8年9月、窪田空穂は大阪に一週間ほど滞在した。昼間は名勝古蹟を巡り、夜は順との歓談を楽しんだ。空穂は「私たちは同窓の学生が、何もかも知り合ひぬいてゐる者が、後年再びめぐり合つた時にのみ感じるやうな親しさと安らかさを、氏の家庭から得ることができました」と記している。この空穂との対面が一つの契機となって、順は浪漫主義から写実主義への転換を遂げていく。上掲の歌は『青淵』(昭和5年刊)から。

 s-ツツジ④20180419
 ツツジ。

 わたの原秋近けれや天雲の寄り合ひのはてのいやはろかなる

  s-菜の花20180422
 ナノハナ。

 薬師岳は朝日のさせる山腹(やまばら)に雪の斑点(まだら)の大きく粗き

  これは歌集『鷲』(昭和15年刊)の「立山」の連作から。『鷲』は第一回帝国芸術院賞を受けた。
  実業家としての順は、住友本社経理課長、住友製鋼所支配人、総本社総務部長を歴任後、『青淵』を上梓した昭和5年8月には常務理事に抜擢され、次期総理事の席が約束されているかのように見えていた昭和11年5月、突然辞職。以後、文筆家としての活躍はめざましく、歌集以外の著作も次々と刊行した。 

 s-ツツジ③20180419
 ツツジ。

 見上ぐらく山原のそらを飛ぶ鷲の大き翼の白班(しらふ)かがよふ
 
 s-シャクヤクかな20180422
 ボタン。

山空をひとすぢに行く大鷲の翼の張りの澄みも澄みたる  

 s-ツツジ②20190419
 ツツジ。
 
 立山の外山が空の蒼深み一つの鷲の飛びて久しき

 s-シャクヤクか牡丹か②20180422
 ボタン。
 
 大鷲の下(お)りかくろひしむかつ山竜王岳は弥(いや)高く見ゆ 

 s-シャクヤクか牡丹か20180422
 ボタン。

 川田順は「文科は去るが文学は捨てぬ」と言った通りの人生を生きた。凄い人がいたのだと、今回も勉強になった。

 昨日・今日は夏日。昨年から今年にかけて「前期高齢者」と呼ばれるようになった同級生諸君、熱中症にも油断召されるな!!

銅臭児(どうしゅうじ)

「銅臭」どうしゅう)は銅銭のもつ悪臭。「児」は人を見下げた言い方。金銭をむさぼり、また、金銭によって官位を得るなど、金力にまかせた処世を送る者を卑しむ意。(今年のタイトルは漱石・草枕の難解熟語)

 今回の短歌は古泉千樫(こいずみちかし)。テキストは『わが愛する歌人 第四集』(有斐閣新書・1978年11月刊)。解説は吉田漱。 吉田は、古泉千樫を「高雅な明るさと悲哀 望郷のうたびと」と評している。

 古泉千樫〔明治19年(1886年)9月26日~昭和2年(1927年)8月11日〕。千葉県出身。明治43年千葉町教員講習所をでて小学校教員となる。明治37年18歳のとき「馬酔木」に短歌を投稿し、2首えらばれたのを機縁に伊藤左千夫に師事。明治41年蕨真によって下総より「アララギ」創刊。翌42年「アララギ」発行所が東京に移り左千夫によって刊行されたので本所緑町に移り、その編集を手伝い、茂吉、赤彦、憲吉、文明らとともに主要同人となる。

 君が目を見まくすべなみ五月野の光のなかに立ちなげくかも

 5月の野は光がみちわたり、山も木もみどりが生き生きとあかるい。そのなかにいて恋しい人に逢いたいと思いながら逢うことができず、明るいだけにいっそう歎きも深い。千樫の作品を読み進んでゆくと、こうした明るさの中にいての歎き、さびしさという感じに触れないわけはいかない。 

 s-新緑の山20180408

 ま昼まの路上に吾れの影くろしひとりまぶしく歩みつるかも

 この歌にも、何かに口ごもりうつむいている千樫の姿が見え隠れする。

 s-菜の花20180408
 ナノハナ。

 あが友の古泉千樫は貧しけれさみだれの中をあゆみゐたりき

 これは斎藤茂吉の歌。千樫が編集人であった時期、「アララギ」の度重なる遅刊に茂吉が憤激し電話で怒鳴ったという話や、千樫自身、歌集『川のほとり』巻末記に「言語道断懶惰なわたしは」と書いていることもあり、事務作業は不得意だったのか。

 s-梨かな20180408

 みんなみの嶺岡山の焼くる火のこよひも赤く見えにけるかも

 嶺岡山は生家の庭に立つと南側になだらかな牛の背のような形でそびえている。その山のゆるやかな傾斜が牧場になっていた。「焼くる火」はその草に放った火であり、夜になっても赤々ともえひろがるのが庭から見える。この歌は単に写生の歌ではない。

 s-白い花20180408
 クサイチゴ。

 山火事の火影おぼろに宵ふけて家居かなしも妹(いも)に恋ひつつ

 千樫の恋い思う人は人妻であり、子持ちで十歳も年上であった。その屈折しくぐもったなげきは嶺岡山の火の色に触発され、いっそう下燃えにひろがるかのようである。それでこそ前掲の歌は単なる風景写生の作品以上に深い哀調がにじみ出てくるようだ。

 s-赤い葉20180408
 アカメガシワ。

 吹く風に椎の若葉の日のひかりうち乱りつつありてがなくに

 千樫はその後、自分では「世にそむき」とうたいながら、その恋愛は成就し結婚した。後年亡くなる前の年、病をおしてこのふるさとの山に登る。

 二つ山三角標のもとに咲くすみれの花をまたたれか見む
 s-新葉⑤20180408
 ヌルデ。

 夜は深し燭を継ぐとて起きし子のほのかに冷えし肌のかなしさ 

 これは、いまではその相聞の相手が原阿佐緒(はらあさお)であることがわかっている。阿佐緒は明治42年に「女子文壇」に投稿し、与謝野晶子に認められ天賞をうけた。新詩社にも入り、43年には「スバル」にも参加。阿佐緒は大正2年、第一歌集『涙痕』を刊行している。
 宮城県の旧家に生まれるも若くして父を失い、結婚するはずであった養嗣子の若死に、日本女子美術学校在学中に妻子ある男性にだまされて自殺を図るなど、精神肉体ともに傷だらけになる。『涙痕』はそれから生まれた一冊であった。世評も高く、才にはじけ、若くて美貌、悲劇的な生活、また寄るべない孤独の歌の数々といった印象が多くの人与えられた。千樫も批評でこれをとりあげている。

 s-新葉④20180408
 アオキ。

 ぬばたまの夜の海走る船の上に白きひつぎをいだきわが居り
 
 そんな頃、千樫は生まれ4ヶ月の次女を失う。子をなくした千樫も苦しかったが、阿佐緒の方もなやみ、千樫との間に終止符をうつべく嫁いでいった。

 s-新葉③20180408
 カエデ。 

 夜寒く帰り来ればわが妻ら明日焚かむ米の石ひろひけり
  
 s-新葉②20180408
 ツタウルシ。

 帰りきて雨夜の部屋に沈丁花匂へば悲しほてる身体に

 前掲のような庶民生活の哀感を歌ったりもするが、阿佐緒との恋愛感情は作品の間にみえかくれしている。

 s-新葉20180408
 アオキ。

 切にして人の思ほゆ闇ながら若葉の森のゆらぐを見れば

 s-紫の花②20180408
 タチツボスミレ。

 秋さびしもののともしさひと本(もと)の野稗の垂穂(たりほ)瓶(かめ)にさしたり

 s-紫の花20180408
 ムラサキケマン。

 うつし世のはかなしごとにほれぼれと遊びしことも過ぎにけらしも  
 
 s-桜20180408
 ヤエザクラ。

 雹まじり苗代小田にふる雨のゆゆしくいたく郷土(くに)をし思ほゆ

 s-新緑の山②2018408

 昨日(4/7)、いつもの本屋さんで『本所おけら長屋』(畠山健二・PHP文芸文庫)の1と2を買った。落語か講談の名人の話芸のようなノリの良さ。16時頃に再度本屋さんに行き、3~10を買う。既に5まで読了。たぶん就寝前に6も読み終えると思う。こんなスピードで読むのは北方謙三の『水滸伝』・『楊令伝』以来かも。掃除・洗濯、山歩き、通院、洗車、クリーニング屋さん、飲・食料買い出し、ブログ作成等々、充実の週末・・・。体重もUNDER80が射程距離に入ってきた。
 皆さま、お元気にお過ごし願います。

徹骨徹髄(てっこつてつずい)

 「徹骨徹髄」は、骨身にしみること、ものごとの中核、真髄まで達すること。「骨髄に徹する」言葉から生まれた造語。(今年のタイトルは漱石・「草枕」の難解熟語)
 
 今回の短歌は伊藤左千夫。テキストは『わが愛する歌人・第4集』有斐閣新書・昭和53年刊。解説は扇畑忠雄。
 伊藤左千夫〔元治1年(1864年)8月18日~大正2年(1913年)7月30日〕、千葉県出身。実家は農業。明治14年、18歳のとき上京。政治家を志し、明治法律学校に学んだが、眼疾のため退学帰郷。22歳のとき再び上京し、京浜間の牛乳店、牧場で働く。明治22年本所茅場町に牛乳搾取業を営んで生涯にわたった。
 啄木の左千夫評によると「風采はマルデ田舎の村長様みたいで、随分ソソッカシい男だ」とのことだが、島木赤彦、古泉千樫、斎藤茂吉、中村憲吉、土屋文明らの優れた門人を輩出した。

 秋草のいづれはあれど露霜に痩せし野菊の花をあはれむ

 野菊は、左千夫の小説「野菊の花」の少女民子のイメージともいうべく、幼くて可憐な恋愛を象徴する花であった。『ほろびの光』に歌われた鶏頭もツワブキも作者の好きな花だったにちがいない。この花々は寂滅に向かう宗教的な諦念の世界をいろどる形象として、深い意味を持つ存在であった。

 s-20180328桜
 サクラ。

 おりたちて今朝の寒さを驚きぬ露しとしとと柿の落葉深く
 
 s-馬酔木20180329
 アセビ。

 鶏頭のやや立ち乱れ今朝や露のつめたきまでに園さびにけり
 
 s-防火水槽の脇で20180329
 ハナニラ。

  秋草のしどろが端(はし)にものものしく生きを栄ゆるつわぶきの花

 s-黄色の花20180329
 タンポポ。

 鶏頭の紅(べに)古りて来し秋の末や我れ四十九の年行かんとす
  
 s-馬酔木②20180331
 アセビ。

 今朝の朝の露ひやびやと秋草やすべて幽(かそ)けき寂滅(ほろび)の光

 この大正元年作「ほろびの光」一連の五首が、翌年逝去した左千夫の最晩年に達成した傑作であることは誰も否定できないであろう。晩秋の朝露の下りた庭前の景物、柿落葉や鶏頭の花やツワブキの花を素材としながら、単なる自然描写に終わらず、「或期間から深く宗教にも参じた左千夫が、遂に一草一木にもその生の寂滅を観得するに至った」と、茂吉も評している。 

 s-枝垂れ桜20180331

 みづみづしき茎のくれなゐ葉のみどりゆづり葉汝(なれ)は恋のあらはれ 

 「みづみづしき茎のくれない」や「葉のみどり」の感覚からユズリ葉を「恋」の象徴とまで見ているところに、左千夫がそれらの植物を単なる客体として描写するだけではなく、対象を作者の側に引きよせた主体的な作家態度をうかがうことができよう。

 s-桜2018331

 さみだれの小暗き庭にくれなゐの光をともす夾竹桃の花

 左千夫は合歓、夾竹桃、秋海棠、野菊などを好んでいる。ほのかに紅い花や清楚で可憐な花が一種の恋愛的情調に通ずるからであろう。

 s-ヤマザクラ20180401

 人の住む国辺(くにべ)を出でて白波が大地両分(ふたわ)けしはてに来にけり

 s-コブシ20180401
 コブシ。

  春の海の西日にきらふ遥かにし虎見が崎は雲となびけり

 これらは九十九里浜を詠んだもの。天地創造の原始を思わせるような雄渾で緊迫した歌風は、他に類を見ないのではあるまいか。

 s-いろはもみじ20180401
 カエデ。
 以下は『冬のくもり』から。

 我がおもひ深くいたらば土の底よみなる友に蓋(けだ)し通はむ

 s-青い花20180401
 タチツボスミレ。

 よみにありて魂(たま)静まれる人らすらもこの淋しさに世をこふらむか

 s-新葉②20180401
 コナラ。

 裏戸出でて見る物もなし寒む寒むと曇る日傾く枯葦の上に

 s-新葉20180401
 コナラ。

 ものこほしくありつつもとなあやしくも人厭(いと)ふこころ今日もこもれり

 s-桜の山20180401

 よみにありて人思はずろうつそみの万(よろず)を忘れひと思はずろ

 茂吉は、「全体を貫く漢字は悲哀であり憂鬱であり、暫し周囲と断って籠りたい感じである。天地に満ちわたる悲哀といふやうなものを既に表現し了せているのである」と評している。

 s-ヤマザクラ②20180401

 今週読んだ本。売れっ子の二人の作。「おもかげ」の主人公は65歳で退職する送別会の晩に、帰宅の電車の中で倒れて意識不明に。同い年の還太郎には身につまされる作品。「アノ二ム」は美術ものながら、国際陰謀痛快撃退小説。

 s-本20180401
 
 25日は上野公園へ、31日は笠間へ行き、満開の桜を楽しんだ。皆さま、ご健勝にお過ごしください。
 
プロフィール

kantarou + 6

Author:kantarou + 6
畑や庭での作業を楽しんで、晩酌・早寝・早起きの毎日です。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム