FC2ブログ

暮れんとする春の色の、嬋媛(せんえん)として

暮れんとする春の色の、嬋媛として。「嬋媛」は美しく心ひかれるさま。(今年のタイトルは漱石・『草枕』の難解熟語。)

 今回の短歌は松倉米吉。テキストは有斐閣新書『わが愛する歌人 第四集』(1978年刊)。解説は田井安曇。
 松倉米吉 : 明治28年12月25日~大正8年11月25日。新潟県出身。明治40年高等小学校中退。鍍金工場に勤務。大正5年肺炎を病み休職。大正6年西洋洗濯業をへて、金属挽物職に奉公し、挽物職人となる。大正2年「アララギ」入社、古泉千樫に師事。その作品は病苦と闘う青春の苦しみと、愛を、確かな写生の目でとらえ表現している。

 吾の身の吾がものならぬはかな日の一年(ひととせ)とはなりぬ日暮待ちし日の

 松倉米吉は行路病者扱いで東京施療院で死んだ。数え年25歳。上掲の歌は美しい歌というような種類に凡そ属さないごつごつの歌だが、リズムは重くたゆたい、哀切である。「ヒトトセトハナリヌ」と9音で行き、更に「ヒグレマチシヒノ」と8音で結ぶ。「はかな日」の中身をもう一度言葉を替えてリフレインのように据えている。米吉は歌っているのである。決して叙述しているのではない。

 s-赤い実20180527 (1)
 ニワトコ果実。

 槌を打つ窓にをりをり椎の葉に陽の照りはゆる朝のうれしも

 米吉は新潟県頚城郡糸魚川町に生まれ。5歳で父を失い、11歳で親戚に預けられ、更には母が上京して再婚・・・と続く。松倉家は事実上ほろび、米吉はさながら孤児と化す。13歳で高等小学校を中退して上京し、母の婚家に寄寓し、メリヤス工場に就職。ただ母の死後、義父は本妻を呼び戻しているから、はたして正式の結婚であったのか、疑問である。

 s-緑の葉②20180527
 ネム。

 日除(ひよけ)にと粉袋かけて見たりけりあはれこの貧しさにあくまでふさはし

 大正4年4月号「アララギ」に、以下の2首とともに掲載された作品。この頃はまだ鍍金工場に勤務。それにしてもこの一連の貧乏への自信はどうだろう。「あはれこの貧しさにあくまでふさはしい」と「日除の粉袋」を言うことばかりではなく、謳われていてることは不安や歎きや困惑でありながら、しかもなお背骨をまっすぐ立てて昂然としてしているではないか。

 s-緑の葉20180527
 
 半月に得たる金のこのとぼしさや語るすべなき母と吾かな

 s-葉④20180527

 極まりて借りたれば金のたふとけれあまりに寂しき涙なるかも

 師の古泉千樫の米吉評。真率にして痛切なる、読むに堪へざらしむるまでである。実生活上如何なることにも失望せず、勇猛なる意志を以て自己を向上し改造することに努力して貰ひたい。内面的に突き進んだ歌もそこから自然に生まるると思ふ。

 s-葉③20180527
 ノゲシ。
  
 大川の宵の満ち汐闇ふかく波ふくよかにほの光りくも 

 大川は墨田川つまり荒川の下流をいう。この暴れ河も海へ出るところでは静かな川となり、その水面一杯に闇の向こうから潮が押してくる、それはよく見ればほのかに光となってふくらんで来る、というのである。このとき、米吉は22歳、5月に肺炎を病み数度の喀血を見ている。
 
 s-葉②20180527

 灯ともす街飯(いひ)煮ゆる匂ひうまければ涙ながれて母に帰るも

 大正6年の作品。もう米吉の晩年といっていいだろう。あと3年の猶予しかない。当時失業状態で病を養っていた。上掲の歌には「貧しさに家出を思ひて」と註がある。

 s-葉20180527

 今は言(こと)かよはぬか母よこの月の給料(かね)は得て来て吾は持てるを

 大正6年12月、母は死ぬ。死と給料を結び付けた歌はあったか知れぬが、それをかく哀切に誰が唄い得たろうか。

 s-白い花20180527
 ウツギ。
 
 下駄をはきつつ居れりとは知れど人目しげし顔さへ見ずに離るる切なさ

 米吉の最晩年、大正8年の作品。金属挽物業林氏方に転じ、人柄を見込まれてか養子分として働く。米吉は二人の娘のうち姉の登美子と恋仲になる。この暗闇の中の濃い朱の登場を彼のためにひそかに喜びたい感情にとらわれる。
 上掲の歌は、親方の家も貧しく、恋仲の娘はいま料亭への女中奉公に発とうとしている。それはわかっているのだが、人目を気にして見送ることもできず、仕事をしながらじっと気配を感じている職人の恋である。
 
 s-逆さの蜂20180527
 ウツギ。

 すずかけの広葉ひろはの雨に濡るる見て居る眼(まなこ)になみだながるる

 喀血はしばしばあり、一人胸にたたんで働くが前途は自ら知っていたのである。9月11日、アララギ会員山本氏の診察を受け「肺病」が確定。 
 s-赤い葉20180527
 
 かなしもよともに死なめと言ひてよる妹にかそかに白粉にほふ
 
 登美子が隠れて逢いに来た。「ともに死のうと言って寄り添う」登美子は料亭奉公であり、白粉がにおう。それが哀しいのである。

 s-青葉20180527
 
 帰しなば又逢ふことのやすくあらじ紅き夜空を見つつ時ふる
 
 s-紫の花④20180527 
 シモツケ。

 待ちつかれ眠りたりしがうらさびし今まで来ねばなどか今日来む
 
 s-紫の花②20180527
 コマツナギ。
 ふたたびは暑さかへらぬ風らしもうすき布団に身をおしつつむ 

 s-紫の花20180527
 ノアザミ。

 この日ごろ窓ひらかねば光欲しほそくながるる夕日のよわさ

 s-陰翳③2018527
 アカメガシワ。
 ひそひそと外の面(とのも)には雨降るけはひ妻は乳ふさよもぬらすまじ

 孤独のうえに病が重なり、窓を開けてくれる手さえない。勤めの間を逃げるようにして当方へ歩んでくる登美子を幻想し、妻よ乳房を雨で濡らすなと呼ぶ。エロティシズムはここで慈悲とでも呼ぶよりないものに昇華し、絶望のうちに横たわっている米吉をほのぼのと浮かびあがらせる。 
 s-陰翳②20180527

 浪吉は吾の体を警察にすがらんと行きぬなぜに自ら命を絶ちえぬ

  「浪吉」は高田浪吉(明治31年~昭和37年)のこと。アララギ派同人であり、米吉らと共に「行路の研究」を発刊した。冒頭に米吉は「行路病者として東京施療院」で死亡と記載したが、「行路病者」とは「飢えや病気で旅の途中で倒れ、引き取り手のいない者。行倒れ」である。浪吉は米吉の生活の一切の面倒をみた。

 s-陰翳20180527

 昭和初年、中野重治は『芸術に関する走り書的覚え書』で、「斎藤茂吉と松倉米吉とは短歌史の最後のペーヂであろう」と言う。

 本日の写真は「三ッ石森林公園」と「雪入ふれあいの里公園」で。アパートから約10kmかな。昨日も今日もいい天気で有難かった。ところで、昨日、北方謙三の『チンギス紀』の「一」と「二」を購入。「一」は読了。「二」はこれから。やっぱり北方謙三は途中でやめられない。 皆さまのご健勝を願ってます。

  

蕭寥(しょうりょう)

 「蕭寥(しょうりょう)」はひっそりとしてものさびしいさま。(今年のタイトルは漱石・『草枕』の難解熟語。)

 昨日(5/19)は都内で高校の同級生10名+2名と飲み会、今日はいわき日帰りドライブ。なので、またまた短歌はお休み。
 下の写真は妻実家の大きすぎる家庭菜園?。義姉と妻と義母が主担当。義兄と還太郎は力仕事要員。手前は総延長約400mのサツマイモ用丸畝。
 s-庭の畑20180520

 いま何種類の野菜・果樹があるのか、数えてみた。 1.ソラマメ 2.カリフラワー
 s-ブロッコリー20180520
 これは上出来のブロッコリー。

 3.ブロッコリー 4.夏ネギ 5.冬ネギ
 s-ブロッコリーの茎20180520
 このブロッコリーは茎もしっかり育って太い。

 6.ニンジン 7.トウモロコシ
 s-バラ20180520

 8.枝豆 9.赤タマネギ
 s-バラ②20180520

 10.白タマネギ 11.カブ
 s-白い花20180520
 アメリカテマリシモツケ「ディアボロ」。

 12.ジャガイモ 13.サツマイモ(3種類)
 s-ピンクの花20180520
 タイカンマツバギク。

 14.ニンニク 15.ナス
 s-ヤマブキ20180520
 ヤエザキヤマブキ。

 16.ピーマン 17.タカノツメ
  s-ピンクの花②20180520
 クレマチス。

 18.ミョーガ 19.フキ (この2つは勝手に生えている) 
 s-黄色の花20180520
 オッタチカタバミ。

 20.カボチャ(2種類) 21.レタス(2種類)
 s-紫の花20180520
 ムラサキツユクサ。

 22.ニラ 23.ラッキョ 
 s-新葉⑤20180520

 24.ラッカセイ 25.ミニトマト
 s-新葉④20180520

 26.サトイモ 27.アスパラガス
 s-新葉③20180520

 28.ダイコン 29.赤シソ 30.青シソ
 s-新葉②20180520

 31.イチジク 32.カキ 33.ザクロ 34.梅 35.ユズ
 s-新葉20180520

 いまは収穫期ではなく苗であるもの、果樹の類も数えてみたが、改めてその数の多さに驚く。専業の農家であれば効率を重視しなければいけないのでこんな数にはならないだろうが、大きすぎる『家庭菜園』ならではかな。

 皆さま、気温が乱高下しています。ご用心ください。

窈然として同所に把住する(ようぜんとしてはじゅうする)

 「窈然として同所に把住する」。「窈然」は奥深くて、はるかなさま。「把住」は捉えとどめおくこと。また、禅宗で、師が弟子を指導するとき、向上させるために、弟子の持つ誤った考えを打破・否定して、困惑・絶望に追い込むこと。(今年のタイトルは漱石・『草枕』の難解熟語。)

 今回は短歌はお休み。下の写真は行方市(なめがたし・茨城県)のさつまいも畑。この畑だけで20千㎡あるそうな。
 
 s-2町歩のさつまいも畑20180430

 こちらは妻実家の大きすぎる家庭菜園。中央奥はさつまいも畑。白く光っているが、行方同様に黒マルチが敷かれている。今回の連休の成果。手作業なので、疲れた、疲れた・・・。昨日は畑作業で1万5千歩も歩いたので、21時頃寝てしまい、3時15分起床。健康的なのか、不健康なのか?

 s-ちょっと大きい家庭菜園20180506

 以下はこの連休のいわきの農家の庭先の光景。
 s-あやめかな20180506
 ジャーマンアイリス。

 s-あやめかな②20180506
 ジャーマンアイリス。

 s-コデマリ②20180505
 コデマリ。

 s-ウメ20180506
 ウメ。

 s-白い花20180506
 フランスギク。

 s-新葉20180506
 コウヤマキ。

 s-紫の小さな花20180506
 マツバウンラン。

 s-紫の花③20180506
 シロバナシラン。

 s-紫の花②20160506
 サルビア・ネモローサかな?

 s-紫の花20180506
 シラン。

 s-花顎20180506
 ヤマブキ。

 s-黄色の花20180506
 ガザニアかな?

 s-バラ20180506
 バラ。

s-青い花20180506
 ジャーマンアイリス。

 さて、明日から会社。9連休もすると、会社勤めも新鮮に感じるのでは。皆さま、お健やかにお過ごし願います。

惝怳(しょうきょう)

 惝怳(しょうきょう)は驚きのあまり、ぼんやりすること。心を奪われること。がっかりすること。失望すること。(今年のタイトルは漱石・草枕の難解熟語から)

 今回の短歌は植松寿樹(うえまつひさき)。テキストは『わが愛する歌人 第四集』(有斐閣新書・1978年刊)。解説は富小路禎子。(富小路は植松に師事した。)
 植松寿樹は明治23年2月16日~昭和39年3月26日。東京出身。慶応大学卒業後、銀行、商事会社勤務をへて、大正12年東京芝中学校の国語教師となる。中学生のとき、電報新聞の短歌欄投稿を機縁に空穂に師事。明治38年「十月会」の結成に、大正3年「国民文学」の創刊に参加。昭和21年「国民文学」を離れ、「沃野」創刊。

 しんしんと立ち澄む独楽に六月の青葉の風は光りたりけり 
 玲瓏と澄(すみ)のよろしも竹の独楽ほがらに音を鳴りいでにけり

 いずれも植松の25歳の作品。大正10年発表。確かな把握、対象にふさわしい清新な気分の展開が見事である。この2首は、植松の第一歌集『庭燎』に収められているが、大正10年は茂吉『あらたま』、牧水『くろ土』、空穂『青飛沫』、白秋『雀の卵』等が続々と出版された年であった。
 
 s-ツツジ20180430
 (4/30、お隣のHさん宅のお庭にて) ツツジ。

 どつこいせどつこいせとて手打ちはやししめやかなれや福知山踊 

 26歳のときの作品。時代を超えて深く「あはれ」がしみ入ってくるように思われる。それは26歳の青年の感傷ではなく、人間の生のかなしみが直(ぢか)にひびいてくる感触である。読者の眼にも見える山深い里の暗い灯かげにほのかに動く人影は、何かこの世の外の生の幻のように感じられ、しかも美しく気品がある。
 
 s-ツツジ②20180430
 (4/30、Hさん宅のお庭にて) ツツジ。

 柩をばのせて曳くなりあなあはれ馬は動かすその雙の耳

 この挽歌は齢若い学友の死に際して。この歌には時代が出ているとともにかぎりない情趣をたたえている。

 s-ピンクの花20180430
 (同じくHさん宅のお庭にて) シャクヤク。
 
 掃きよせて落葉焚く間も銀杏の樹やまずしこぼす黄なるその葉を

 この頃植松は慶応の学生であったが、屡々授業をさぼっては九品仏(くほんぶつ・世田谷区奥沢の浄真寺)に遊んだ。いかにも解放感を楽しんでいる歌詞で、早くも自在な作歌力を身につけていたのである。植松が昭和39年に歿すると、この九品仏の墓地に葬られた。46年の7回忌を期して本堂脇に歌碑が建てられ、この歌が彫(きざ)まれた。

 s-紫の花20180430
 (同じくHさん宅のお庭にて) シラン。

 めずらしみ摘みつつ来しを竜胆(りんどう)のはな頂(いただき)に来れば其処にもここにも

 雅で格調高い作品の間に、何気なくさらっと言う軽みを植松は早くから好んでいたようである。さらっと言いながら、底には用意があり、崩さぬ一線があった。

 s-白い花20180430
 (同じくHさん宅のお庭にて) シロバナシラン。

 別れゆきて人すぐに見えずややしばし篠竹分くる音は残れり 
 登り終へし合図待ちては落石を避くる岩陰ゆ一人一人出ず

 植松はよく山へ行った。歌友とゆくこともあったが、生徒をひきつれてゆくことも多かった。

 s-道端の花20180430
 (4/30、路傍の畑の隅に) オオルツボ(シラー・ペルビアナ)

 巻紙のうすでに書ける妹がふみ稚なげにしてこころ籠れり

 結婚前の妻を詠んだ初々しい作品。昭和2年刊の『光化門』から。植松は何事にも動揺や、露わな感情をみせることがなく、常に高雅な雰囲気をもっていた。時折その家を訪う私達の目には、家族もそれぞれの分を守って常に清々しい起居を感じたものである。

 s-白と黄の花20180430
 (同上) フランスギク。
 
 熱き燗をたのしむままに鍋煮えて部屋暖かし妻も子も居よ

 植松を語ればぜひ酒にもふれたくなる。若い頃や特別な宴席などは知るよしもないが、私の知るのは実に程よいおだやかな酒で、心から楽しんで盃を手にし、同席の者もまた楽しかった。

 s-石楠花②20180430
 (4/30、ご近所のOさん宅のお庭で。) シャクナゲ。

 年経れば聳えてついに孤りなり千尋峠の一本杉あはれ

 昭和31年、66歳の作品。この一首はよく短冊などにも書いた。周囲に人生の種々相をみて来て、ようやく盛りを過ぎようとする時、多くの親しい人々の中に生活しながらも、精神は常に孤高であった植松の、矜持と寂寥が深くこめられているようである。
 
s-石楠花20180430
 (同じくOさん宅のお庭で、以下3葉も。) シャクナゲ。

 糸桜咲きかかりたる蕾充ち青岸渡寺はいま粉雪の中 

 青岸渡寺(せいがんとじ)は和歌山県那智勝浦町にある天台宗の寺院。植松の歿後「沃野」の大会が伊勢にあり、帰途多くの者が青岸渡寺を訪れて境内に糸桜を探したが終に見つからない。後で聞くと糸桜は上の神社の玉垣の中にあったという。糸桜のふくよかな蕾と粉雪のこよなく美しいとり合わせの中に青岸渡寺の語感が効果的にすわった一首で、見事な創作技巧と知ったのである。

 s-枯れかけの紫の花20180430
 ジャーマンアイリス。

 日の下に照りかがやける牡丹見て眼を移す方の暫く暗き

 植物の好きだった植松の歌には木草の種類も多く、愛情の籠ったものばかりである。自宅の庭には様々な木草がところ狭しと植えられていた。
 
 s-群落20180430
 ミヤコワスレかな?

 家挙げて伊豆の湯を浴び宿題に孫を励まし年の夜送る

 没年となる昭和39年の正月は、一家をあげて温泉にゆき大いに楽しんだ。2月に心臓のむくみが見つかり入院したが、3月半ばには退院。その月の編集日には一同赤飯のふるまいを受けて全快を祝った。翌日、植松は勤務する芝学園先生仲間数人と、伊津土肥温泉に旅立つことは弟子たちの誰も知らなかった。そして、3月26日深夜、その旅先の宿で心臓麻痺の為急逝した。大好きな旅のさ中、家族も弟子も、誰一人知らぬまに清々と死んでいった。
 
 s-黄色の花20180430
 ジャーマンアイリス。

 還太郎は28日から9連休中。今日(5/4)明日はいわきへ帰省する。皆さま、お元気にお過ごし願います。



プロフィール

kantarou + 6

Author:kantarou + 6
畑や庭での作業を楽しんで、晩酌・早寝・早起きの毎日です。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム