FC2ブログ

ベトナム3泊4日

 ベトナムへ行ってきました。7/27、アパートを出たのは5:20。7/30、ホーチミンのホテルを出たのは4:00。バタバタの4日間。 (本稿は昨夜UPしたのでありますが、本日、S先輩から植物名他、数々のご教示あり。ベトナムの植物までご存知ですかと伺うと、温室栽培では比較的ポピュラーな品種だからとのことでした。毎度感謝、感謝です。)

 ホテルの12階の窓から見るサイゴン川支流。夕方は上流(左上)から草のかたまりなどがゆっくり流れてくるが、朝見ると草のかたまりが川を遡っていく。河口までは相当の距離があるはずなのだけど、大陸の末端だから海抜差は殆ど無いようで、潮の干満の影響だろう。
 s-ベトナム20140727①

 到着した27日は日曜日なので、ホテルの近隣徘徊。フランスの植民地時代に作られたという郵便局。
 s-ホーチミンの郵便局

 朝6時半頃の建設現場前。徹夜で仕事しているのか、作業員が休んでいる。或いはこれから作業開始か。ここはテーブルも椅子もあるが、何もない歩道でおばさんが開店していて、そこで体育座りをして朝食を食べている人も大勢いる。朝食代12,000ドン=60円。
 s-朝の路上

 6時半頃の通勤風景。絶え間なく続くバイク群。道の向こう側に渡ることは早々にあきらめた。
 s-朝の通勤風景

 以下、朝の散歩で見かけた花々。ハイビスカス。
 s-ハイビスカス20140727

 サンタンカ。
 s-サンタンカ20140727

同じくサンタンカ。
s-サンタンカ②20140728

 クリヌム。
 s-クリヌム20140727

 同じくクリヌム。
 s-クリヌム②20140728

 アラマンダ。
 s-アラマンダ20140728

 ヘリコニア。
 s-ヘリコニア20140728

 クロッサンドラ。
 s-ベトナム20140727の②

 プルメニア。
  s-プルメリア20140728
 
 ホーチミン市内のあちこちに大木が。高温湿潤で、氾濫原ゆえに地味も豊かなのか。
 s-大木⑤201407 s-大木④201407 s-大木③201407

 s-大木②201407 s-大木①201407 s-大木⑥201407

 こちらは今回訪問した工場があるビエンホアー市の「雅園」。建物からして相当古いものと思ったが、数年前に移築したものとのこと。日本と同様の木造建築の文化を感じて魅かれた。ベトナム人社員の希望で、20名ほどでここで懇親会をした。
 s-雅園20140729
 
 s-雅園②201407  

 s-雅園③201407

 雅園の庭に並ぶ「盆栽」。これも日本と同様。但し、石との組み合わせ。中国の水墨画の影響なのか、文人墨客風のフィギアも配置されている。石の窪みの僅かな土で、これほど幹の太い盆栽を育てるのに何年かかるのか!
 s-盆栽⑤20140729

 s-盆栽④20140729

 s-盆栽②20140729

 s-盆栽①20140729

 s-盆栽⑥20140729

 s-盆栽⑦20140729

 べトム訪問は2回目。水と緑が豊富で、野菜も海鮮も生で食べてもokなのも有難い。ベトナムの会社にはベトナム人の4人の部長さんがいるが、男性1人、女性3人(40代1人、30代3人)。若くて意欲に溢れた頑張り屋さんが大勢いる。

 駆け足のベトナム訪問記はここまで。皆さま、お健やかに。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

還太郎+7

Author:還太郎+7
畑や庭での作業を楽しんで、晩酌・早寝・早起きの毎日です。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ