FC2ブログ

風、ビュービューの日曜日

1/15の雪が残っている。 

 1/18の田人路。風が冷たい。
 s-20150118雪

 気温も低く、15時頃のいつもの里山にもツララが。
 s-ツララ20150118 (1)

 これ何の残りと妻に聞いたら、「百合」とのこと。 タカサゴユリの果実。
 s-百合の形見20150118
 
 なんとも言えない色合い。
 
s-何かな20150118

 S先輩からご教示あり。タブノキの葉にタブノキハウラウスフシ(タブノキ葉裏臼付子)という虫こぶがついている。イボイボの中にタブウスフシタマバエという蠅の幼虫が入っている由。
 s-何かの卵かな20150118

 それでも春は近づいている。 アオキ。
 s-春は来る20150118

 この色もきれいだ。タブノキ。
 s-春は来る②20150118

 夕陽に輝く枝。轟々と風が鳴る。
 s-夕陽20150118

 閑話休題。今週のお勧め本。「ちあきなおみに会いたい。」石田伸也著。徳間文庫。私的には美空ひばり亡き後を継ぐのは"ちあきなおみ"しかいないと思う。CD10枚組も持っている。
 皆さま、インフルエンザ全盛です。お気をつけて。


 

コメントの投稿

非公開コメント

相聞のおもむき

葉がすっかり落ちた真冬の野山にも、よく見ればふっくらとした花芽。
いいものですね。
盛りの花もきれいですが、冬になればなったで、枯れの美しさに魅せられます。
モミジの細枝を伐ると、樹液が出て、垂れ落ちます。
春に備えて、野山は命が動き始めているようです。


「これ何の残りと妻に聞いたら、「百合」とのこと。」
相聞のおもむきあり、ですな。
万葉の昔も今も、変わらないものは変わらない。ジャズの歌にもあるように「アズ・タイム・ゴーズ・バイ(時代は変われど)」。

たわむれに還太郎氏の独り言をエセ万葉調に翻訳してみると――

花なりや 枯れ殻おさへ 問ふわれに
そは百合なりと 吾妹(わぎも)答(いら)へし
(詠み人 オオ友ノヤカマシ)


花鳥風月は古いという人もいますが、
野山に遊んで思うのは、花も鳥も風も月も、われわれは、なにひとつ、知るというほど知ってはいないじゃないか、と。
――と書くと、いかにも知っているかのようですが、わたくしもひと山いくらの半可通。


次回は雪景色でしょうか。
山道の運転は気をつけてください。
よそ見も危ないですからね。

毎度、お騒がせいたしまして、ひらにご容赦ください。






No title

華やかな花色よりも、今回のシブさがいいかな。
ラストの写真、いいですね。

また、本文よりも格調高い??コメントに、拝見の楽しみあり。

「美空ひばり亡き後を継ぐのは"ちあきなおみ"しかいないと思う。」
う~~ん・・・・・(^^;

記事2つが改訂されました。

 S先輩からご教示あり、前回号、今回号が改訂・追記(赤字で記載)されています。弊ブログは多彩な支援陣の御指導により随時改訂されますので、時々遡ってご高覧賜りたくお願いいたします。

碧 蒼 青 どの文字が似合う?
ステキな色の作品ですね

Re: 出張続きで・・・

> エルさま
>
> いつも見て頂いてありがとうございます。
> 先週は2度上京。今週も1泊2日で上京の予定という「乗り鉄」おじさんです。
> そんなことで近隣徘徊の暇もなく、あっという間に過ぎ去った1月を名残惜しく思い返しているところです。
>
> 厳寒の候、くれぐれもご自愛ください。
>
> 還太郎 拝
プロフィール

還太郎+7

Author:還太郎+7
畑や庭での作業を楽しんで、晩酌・早寝・早起きの毎日です。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ