FC2ブログ

行く春や鳥啼き魚の目は涙

春は別れの季節。

 「別」の字は『左ははまりこんだ上下の関節骨、右は刀』を表すとのことで、関節を刀でバラバラに分解するさまを示す由。結構きつい意味なんだ。性別とか、別館とか、格別とかは「違う」という意味が強く、刀で分解されたということではないよね。
 s-春20150329⑥

 島崎藤村作詞の「惜別の歌」もいろいろ変遷があったようで、元は、嫁いでいく姉と見送る妹の別れの歌だった。詩集「若菜集」では、妹と姉が交互に詠っている。
  
  とほきわかれにたへかねて このたかどのにのぼるかな かなしむなかれわがあねよ たびのころもをとゝのへよ
  
  わかれといへばむかしより このひとのよのつねなるを ながるゝみづをながむれば ゆめはづかしきなみだかな
  
  したへるひとのもとにゆく きみのうへこそたのしけれ ふゆやまこえてきみゆかば なにをひかりのわがみぞや
  
  あゝはなとりのいろにつけ ねにつけわれをおもへかし けふわかれてはいつかまた あひみるまでのいのちかも
  
  きみがさやけきめのいろも きみくれないのくちびるも きみがみどりのくろかみも またいつかみん このわかれ
  
  なれがやさしきなぐさめも なれがたのしきうたごゑも なれがこゝろのことのねも またいつきかんこのわかれ
  
  きみのゆくべきやまかはは おつるなみだにみえわかず そでのしぐれのふゆのひに きみにおくらんはなもがな
  
  そでにおほへるうるわしき ながかほばせをあげよかし ながくれなゐのかほばせに ながるゝなみだわれはぬぐわん

 *島崎藤村(1872~1943)。「ロマン主義」詩人。

 s-春20150329②

 梅の花夢に語らくみやびたる花と我れ思ふ酒に浮かべこそ(大伴旅人) 
 夢に出てきた梅の花曰く、「雅な花だと私は思っています。ですから酒に浮かべてください」と。 
 s-春20150329

 馬酔木は結構花期が長い。
 s-春20150329④

 キブシ。スミレ目キブシ科キブシ属。スミレ目?
 s-春20150329⑤

 渭城朝雨浥軽塵 客舎青青柳色新 勧君更尽一杯酒 西出陽関無故人(王維) 
 朝、渭城の町は夜来の雨が軽い土ぼこりをうるおしている。旅館の前の柳の新芽はいっそう青々と見える。さあ、もう一杯酒を飲みたまえ。西の方の陽関という関所を出たら、もう友人もいないのだから。
 s-春20150329⑦

 単身赴任僅か2年とは言え片付けは面倒。昨日妻と長男の応援で思っていた以上に片付けが進んだので、今日は地元のカメラ店社長が貸して下さった最大500㎜のズームレンズの試写会をちょっとだけしてみた。ふむふむ、2㎏はやはり重い。
 いわきはいいね。植物園の中で生活しているようなものなんだもの。いずれまた帰って来て、いわきの土に還えるぜ~。

コメントの投稿

非公開コメント

春先の花たちが私を迎えてくれる季節になって来ました(*^^*)
仕事の合間をぬって花探しにぉ出かけ下さいマセ

明日は晴天!?

エルさま

お久し振りです。なんとか引っ越し荷物を方々に押し込め、春日部での生活が始まりました。明日は晴れの予報。近隣の里山徘徊をする予定です。何が撮れるか、ワクワクものです!!

還太郎+2 拝
プロフィール

還太郎+7

Author:還太郎+7
畑や庭での作業を楽しんで、晩酌・早寝・早起きの毎日です。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ