FC2ブログ

文字のみだれは線路の軋み

5/2、好天。またまた内牧公園へ。

 今日は、カワセミ見たさに妻も同行。9,400歩の行軍。まずはオニグルミ。クルミ科クルミ属。垂れ下がっているのは雄花序。対する雌花序は写真の上辺中央のやや左に見える小さなピンクの花序。そうと知っていたならピントの合わせ方も倍率も考えたのに・・・。風媒花で雌雄同根。このオニグルミの実の殻は非常に堅く、某タイヤメーカーでスタッドレスタイヤの素材として用いられているとのこと!!
 s-オニグルミ20150502

 次はカナメモチ。バラ科カナメモチ属。緑の葉と紅い葉が混じっている上に、白い花が樹木全体を覆うように咲く。
 s-カナメモチ20150502

 同アップ。こちらはまだつぼみ群。
 s-カナメモチ20150502②

 30mほど先をキジが駆け足で行く。田んぼ2枚を駆け抜けた。今日はカワセミは見られなかったが、キジの駆けっこを見て、妻は満足。 
 s-キジ20150502

 八代亜紀は名曲「愛の終着駅」で『文字のみだれは線路の軋み…』と歌っているが、私が田植え機を操作していたころは、『列のみだれは心のみだれ』と鼻歌を歌いながら、とにかく目の前の作業に集中することにしていた。そうしないと、苗の列がグジャグジャになってしまう。この列の乱れは苗がそれなりに大きくなるまで隠せず、近所の笑いものになる。それにしてもかなりの乱れ! 何があったのか?
 s-動揺20150502

 ヤグルマギクと言えば、石川啄木の「函館の 青柳町こそ かなしけれ 友の恋歌 矢ぐるまの花」。ヤグルマギクとヤグルマソウは別物で、啄木はヤグルマギクを詠んだらしい。それにしても、この花の「青」はいいね。
 s-ヤグルマギク20150502

 好天が続きますね。皆さま、お健やかにお過ごしください。

コメントの投稿

非公開コメント

田植え

畦を越える時のドキドキはかなり衝撃的‼ ジェットコースター並みかも(笑)
日焼けを気にする季節になりました(σ≧▽≦)σ

田植えの技

エルさま

 田んぼの向こう側の目標点から眼を外さず、田植え機を一直線に進めることですよね。直前に植えた列に合わせてしまうと、列の乱れが増幅します。うーん、腕が鳴る。できるものなら技を披露したい。
 あと、還太郎はグランドのライン引きも得意でした。これもコツは田植えと一緒で、目標に向かって一直線です。


オニグルミ

一昨年、河原で大量に拾ってきました。
殻が固くて中身も少ないですが、専用のクルミ割りを買って
美味しくいただきました。
今年の収穫も楽しみです♪

ヤグルマギク、ピンクも青もやさしい色ですね。
子どものころ、畑にたくさん咲いていたのを覚えています。


プロフィール

還太郎+7

Author:還太郎+7
畑や庭での作業を楽しんで、晩酌・早寝・早起きの毎日です。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ