FC2ブログ

われらよりさきに死者訪ふ蜻蛉かな(恩田侑布子)

10/4、晴れ。今日も内牧公園へ。 

 タマスダレかな。用水路の中に静かに咲いていた。
 タマスダレかな

 アキノノゲシ。
 s-アキノノゲシ20151004

 アレチウリの花には多くの虫が集っていた。ハチ2葉。
 s-アレチウリと蜂20151004

 s-アレチウリと蜂②20151004

 水位が低くなった用水路でカメを見つけた。
 s-カメ20151004
 
 クサギ。
 s-クサキ20151004

 白いコスモス。
 s-コスモス20151004

 トンボ4葉。いずれも静かにしていて飛び立たない。それで「われらよりさきに死者訪ふ蜻蛉かな」(恩田侑布子)と。イトトンボ。
 s-トンボ20151004

 以下、10/8の追記。還太郎は、動かなくなったトンボを見て、「われらよりさきに死者訪ふ蜻蛉かな」の句がぴったりくると思った次第。でも、作者は「トンボには早く死の使者が訪れる」と言っている訳ではない。
 秋の野辺を弔問のために歩いていくと、トンボたちが斎場に導くかのようにスイスイと飛んでいく光景ではないかと思い至った。
 「夕焼け小焼けの赤トンボ」が夕陽に向かって飛んでいく、西の方は「西方浄土」に連なる空である。アキアカネ。
 s-トンボ②20151004

 アキアカネ。
 s-トンボ③20151004

 シオカラトンボ♂。
 s-トンボ④20151004

 なにかな? 細い茎。存在に気づいた自分をほめてあげたい。チヂミザサ。
 s-なにかな2151004

 セイタカアワダチソウ。
 「バランス」3葉。頭でっかちなのに、強風や強雨にも折れない構造はどうなっているのか。
 s-バランス①20151004

 セイバンモロコシ。
 s-バランス②20151004

 アシ。
 s-バランス③20151004

 ノボロギクかな。 ダントボロギク。
 s-ボロギク20151004

 公園の人工水路も水が少なくなった。小魚の姿がキラキラと輝く。春先のような光景。
 s-小魚20151004

 4~7月に花を咲かせると言われるジシバリも満開。
 s-黄色の花20151004

 カタバミ。
 s-黄色の花②20151004

 調査中。小さい花です。イヌガラシ。
 s-黄色の花③20151004

 ハナミズキの紅い実が艶やかに輝く。
 s-赤い実20151004

 蝶たちも元気だ。キバナコスモスとヒメアカタテハ。
 s-蝶20151004

 s-蝶②20151004

 秋の陽射しを惜しむかのように咲き乱れている。ヒメジョオン。
 s-白い花②20151004

 閑話休題。9/29、いわきの「小名浜オーシャンホテル」に泊まる。これは翌朝6時頃、部屋のベランダから。全室からゴルフ場と太平洋が見える。太平洋を見下ろす露天風呂もある。左手の小さな島は「照島」。海鵜自生地の北限とか。東日本大震災の時に崩壊して、以前の半分ほどの大きさになってしまった。還太郎はゴルフ場ではなく工場に出勤!!

 今回はここまで。皆さま、お健やかにお過ごしください。
 s-小名浜オーシャン20150930

コメントの投稿

非公開コメント

いつもステキな写真に癒されてます(*^.^*)

今回掲載されてた蜻蛉ですが・・・
蜻蛉って勝ち虫なんですよ!
知ってました?

蜻蛉は勝ち虫‼️

エルさま

毎度ありがとうございます。
蜻蛉は勝ち虫とのこと。そう言えば、兜に蜻蛉をあしらった武将がいたような気がして調べてみました。蜻蛉は後退しない、つまり不退転とのことで武士に好まれたとか。なるほど。でも後退はしないけど、反転は巧みですよね?
それと、恩田さんの俳句の解釈が浅かったのではないかと気になりだしました。

還太郎+2 拝

蜻蛉を観察してると以外に臨機応変です
横にも動いてるのを見て
進化してるんだなぁと関心しました

昆虫や動物の観察が大好き(^^)
だから還太郎さんの写真が大好きなのです
また拝見させて下さいね(^人^)
プロフィール

還太郎+7

Author:還太郎+7
畑や庭での作業を楽しんで、晩酌・早寝・早起きの毎日です。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ