FC2ブログ

よびかけられてふりかえったが落葉林(種田山頭火)

 12/5、好天。いつもの内牧を3時間ほど徘徊。以下、初冬というのはまだ早い景色をお楽しみいただければ幸い。(青字で記載の植物名はS先輩にご教示いただきました。)

 誰も隠しもつ冬麗のふくらはぎ(恩田侑布子)
 s-内牧20151205二一

 踏みいれば秘め置きしこゑ散紅葉(恩田侑布子)
 s-内牧20151205①

 遠山に日の当たりたる枯野かな(高浜虚子)
 s-内牧20151205②

 千万の日のどれよりも美(は)し橅黄葉(恩田侑布子)
 s-内牧20151205④


 山茶花や誰もうつしみを途中下車(恩田侑布子)
 s-内牧20151205⑤サザンカ。

 常闇と呼び交はしたり冬紅葉(恩田侑布子)
 s-内牧20151205⑥

 綿虫の夕空毀れやすきかな(佐藤鬼房)
 s-内牧20151205⑦ヤマボウシかハナミズキ。

 木の葉ふりやまずいそぐないいそぐなよ(加藤楸邨)
 s-内牧20151205③

 枯野ゆく棺のわれふと目覚めずや(寺山修司)
 s-内牧20151205⑧コセンダングサ。

 山越の阿弥陀のこゑや返り花(恩田侑布子)
 s-内牧20151205⑨コギク。

 冬芽の一つ緘黙の少年も(恩田侑布子)
 s-内牧20151205⑩

 誰(た)も答出す人のなし秋の暮(恩田侑布子)
 s-内牧20151205⑪ガマ。

 枯葎(むぐら)身のうちに金沈殿す(恩田侑布子)
 s-内牧20151205⑬オオオナモミ。

 秋風やひとさし指は誰の墓(寺山修司)
 s-内牧20151205⑭エノコログサ。

 花束のやうに嬰(こ)を抱き十二月(恩田侑布子)
 s-内牧20151205⑮

 このみちやいくたりゆきしわれはけふゆく(種田山頭火)
 s-内牧20151205⑰セイバンモロコシ。

 怖れつつ葉裏にこもり透きとほる(中村苑子)
 s-内牧2015125⑫

不用意に出掛け初冬の風の帰路(稲畑汀子)
 s-内牧2151205⑯タカノツメかな?

 目かくしの背後を冬の斧通る(寺山修司)
 s-内牧20151205⑱ツルウメモドキ。

 老クリントイーストウッド透明な初冬(辻直美) 
 s-内牧20151205⑲ノイバラ。

 幾世々の祖母のてのひら落葉山(恩田侑布子)
 s-内牧20151205三十

 青天にただよふ蔓の枯れにけり(松本たかし) 
       s-内牧20151205三十一

 気ぜわしい頃となりましたが、皆さまお健やかにお過ごし願います。

コメントの投稿

非公開コメント

1番目の青空と、4番目の木と紅葉の写真がィィ感じ(^-^)

身近に素敵な場所があって羨ましいかぎりです。

老紅葉

毎週のように紅葉を撮っていますが、徐々に色褪せ、黒ずみ、時の移ろいは止まりませんね。でも小さな新芽も出ていて、生命は着実につながれています。
プロフィール

kantarou+5

Author:kantarou+5
週末の近郊里山徘徊を楽しみつつ、足腰の衰えを防止しています。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム