FC2ブログ

さまざまのこと思ひ出す桜かな(芭蕉)

4/3、朝のうちは雨、のち花曇り、午後時々薄日がさす。10時過ぎに内牧公園へ。

 雨しづく光りはじめし桜なり (阿部ひろし)
  s-サクラ②20160403

 願わくは花の下(もと)にて春死なむそのきさらぎの望月のころ (西行) 
 s-サクラ③20160403

 散る桜 残る桜も 散る桜 (良寛)
 s-サクラ④2016043

 咲き満ちて散るを惜しまぬさくらかな (佐藤博一)
 s-サクラ⑤20160403

 一椀の味噌溶きてをり初桜 (戸田春月)
 s-サクラ⑥20160403

 散ればこそいとど桜はめでたけれ憂き世になにか久しかるべき (伊勢物語・詠み人知らず)
 s-サクラ⑧20160403

 遠き遠き遠き青春さくら散る (林翔)
 s-サクラ⑨20160406

 ひとひらのあとの一気に散るさくら (梶田敬子)
 s-サクラ⑩20160403

 傘持って出て降らぬまま桜咲く (加藤真起子)
 s-サクラ⑪20160403

 切株やさくらでありし日のことを (井上菜摘子)
 s-サクラ⑫20160403

 人の死に馴れてもの食ふ花の昼 (岸田稚魚)  ユキヤナギ。
 s-サクラではないかな20160403

 砂糖壺の中に小さき春の山 (金子敦) 
 s-親子かな20160403

 雲雀野に担ぎ出したる棺かな (岡本高明) 
 s-キジ20160403

 夜の雨辛夷の無垢に到りけり (山田弘子)
 s-コブシかな20160403

 やはらかき人のとほくへ春の水 (島田牙城)
 s-オドリコソウ20160403

 春の暮老人と逢うそれが父 (能村研三)
 s-オオイヌノフグリ20160403

 朧夜の酔ひてはみだす手足かな (榎本好宏)
 s-タンポポ20160403

  バスを待ち大路の春をうたがはず (石田破郷)  カラシナかな?
 s-ナノハナ20160403

 じゆぶじゆぶと水に突込む春霞 (岸田稚魚) ムラサキサギゴケ。
 s-ムラサキゴケかな20160403

 わさび田の水音しげき四月かな (渡辺水巴)  ボケ。 
 s-何かな①20160403

 アオキの新芽。 石走る垂水の上のさわらびの萌え出づる春になりにけるかも (子貴皇子)
 s-何かな②20160403
 
 コオニタビラコ。
 s-何かな⑥20160403

 ハルジオン。 
s-何かな⑤20160403

 オランダミミナグサ。
 s-何かな④20160403

 ハンノキかな?
 s-何かな③20160403

 s-新芽20160403

 s-新芽②20160403

 s-新芽③20160403

 皆さま、お健やかに!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kantarou+5

Author:kantarou+5
週末の近郊里山徘徊を楽しみつつ、足腰の衰えを防止しています。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム