FC2ブログ

中国、常熟・上海、3泊4日

 先ずは7/5(火曜日)の常熟市。前日は大雨・大風の荒天だったとのことで、空がきれい。常熟は上海市街から西方へ80kmほどに位置する。いわき市ほどの面積(1,264平方km)、人口200万人(いわき市の人口は約30万人)。ホテルの21階の部屋から見ると、見渡す限りビルやマンションで埋まっている。写真ではよく分からないが、通り沿いには幅広い緑地帯が設けられている。
 常熟20160705
 常熟市の北側は揚子江。常熟港には5万トン級の船舶が停泊可。同市に進出している日系企業は約220社。夜は日本料理店に行ったが、毎週火曜日に九州から魚等の食材が空輸されてくるとのことで、火曜日の飲み会となった駐在員は、真っ先に刺身を注文。ビール、焼酎(富乃宝山)の一升瓶(ボトルキープができる)、日本酒少々、色々食べて最後はざるそば。どれも博多の居酒屋で食べている味!! 4人で28,000円。博多の居酒屋で飲むよりは高いけど (というか、博多が安くてうますぎるのだが・・・)、ビックリする値段ではない。
 町中に出ると電動バイクが全盛。免許書もヘルメットも不要とのこと。要するに電動自転車の進化形として扱われているらしい。ナンバープレートもなければ保険もなし。時速40~50kmは出ているのに・・・。訪問先の会社でも、駐輪場に充電設備を設置したとのこと。

 こちらは7/8の上海・東浦地区。梅雨時なので、連日夕方になるとスコールがあり、空がきれい。
 上海20160708

 新しく作られた街。幹線道路は片側4車線、幅広い緑地帯が設けられている。樹木の成長とともに街は一層きれいになっていく。今回の出張の同行者は、中国は3年振りとのことで、「3年前と比べるととてもきれいになっている」と感心していた。
         上海20160708②

 3車線分ほどもある緑地帯。
 上海20160708③

 日本では中国経済の停滞ばかり報道されているが、実際に現地に行くとそんな感じはしない。6%程度の成長に減速したというが、その6%はタイ国の経済規模に匹敵するのだから、毎年タイ国が1個誕生していることになる。鉄鋼等の過剰設備に苦しんでいる業界もあるが、世界第2の経済規模の国の6%成長はやはり大きい。
 中国の方と話をすると、政治は政治、経済は経済と割り切っている。自分の身の回りに日本へ観光などで行ってきた人が格段に増え、生の情報に接することで、むしろ日本への憧れは高まっているとのこと。

 それにしても、還太郎にとって、中国は人口も経済も街並みも巨大すぎるし、変化のスピードもすごい。巨人国の回転木馬に乗せられてしまった小人のような気分に陥ってしまう。(カメラを持って行かなかったので、今回の写真は全て携帯電話で撮影。なお、「青空」はいつも見られる光景ではないことをお断りしておく。)

 皆さま、お健やかにお過ごしください。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

還太郎+7

Author:還太郎+7
畑や庭での作業を楽しんで、晩酌・早寝・早起きの毎日です。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ