FC2ブログ

みんみんのみゅーんと力抜きにけり(行方克巳)

7月16日の内牧公園。曇天。

耕さず蒔かず行く雲みてばかり(菅美緒)
 s-赤い実20160716ウワミズザクラ

顔見知りのように揚羽と擦れ違ふ(真角多賀子) 
 s-オレンジの花20160716ノカンゾウ

嘘つきは月冴えるまで走りなさい(工藤恵)
 s-オモダカ20160716オモダカ

団栗をボッケに入れしまま大人(工藤恵)
 s-ハス20160716

蝸牛からまず歩き出す月曜日(工藤恵) 
 s-ハス②20160716

前髪の短かった頃の金魚(工藤恵)
 s-シャワーノズル20160716

くもの糸一すぢよぎる百合の前(高野素十)
 s-ハギ20160716ミヤギノハギ

白樺に月照りつつも馬柵の霧(水原秋櫻子)
 s-シオカラトンボ20160716シオカラトンボ♂

幸せはたとえば読書青嵐(田淵古水)
 s-アブ20160716アオメアブ

蝉の朝愛憎は悉く我に還る(波郷)
 s-アキアカネ♀かな20160716シオカラトンボ♀

風鈴のちひさき音の下にゐる(黄枝)
 s-アカタテハかな20160716ヒメアカタテハ

影を持つほどに目高の育ちけり(中村重雄)
 s-ザリガニ20160716アメリカザリガニ

冷奴隣に灯先んじて(波郷) 
 s-マメコガネかな20160716マメコガネ

初蝶や吾が三十の袖袂(波郷)
 s-黄色の蝶20160716モンキチョウ

炎天より僧ひとり乗り岐阜羽島(森澄雄)
 s-日本カナヘビ尾は再生中か20160716カナヘビ

背泳ぎの空のだんだん恐ろしく(石田郷子)
 s-ヘクソカズラ20160716ヘクソカズラ

噴水を濡らして去りし日照雨(出口善子)
 s-フジ20160716フジ

蝉涼し足らぬねむりをねむりつぐ(秋櫻子) 
 s-花②20160716

蛍袋に雨宿りして行かぬかと(中原道夫)
  s-花20160716コヒルガオ

山の雨たっぷりかかる蝸牛(飯田龍太)
 s-茎20160716セイタカアワダチソウ
 
美しき過去絵日傘にをさめけり(稲畑廣太郎)
 s-黄色の花20160716ルト゜ベッキア

 皆さま、お健やかにお過ごし願います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

還太郎+7

Author:還太郎+7
畑や庭での作業を楽しんで、晩酌・早寝・早起きの毎日です。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ