FC2ブログ

焼き上げし秋刀魚より抜く直線の骨美しき秋となりたり(高橋爾郎)

 9/19、雨・曇り。この天気では内牧公園には行けないと思っていた。午後になって、明後日から帰省する妻が「野菜の苗を買いに行きたい」というので、『ガッテンだ!!』と。野菜の苗の売り場の隣は草花・植木の売り場。ということで、反則技かと思いつつ、本日は雨の某ホームセンターからの中継・・・。

 秋冷を満たしすぎたるさびしさに割れて終ひぬガラスの盃は(美濃部ユリ子)
 s-ガウラ20160919
 ガウラ。

 秋くれば 秋のネクタイさがすなり 朽葉のいろの胸にしたしく(土岐善麿)
 s-ビレア(シンブサンセット)20160919
 ビレア(シンブ サンセット)。

 過ぎ去りて失いしものなにあると衝かれてわれは秋のまなかなる(三枝浩樹)
 s-ノボタン20160919
 ノボタン。

 
 苔のにほひ時雨にたたしむ野仏の面輪ほろほろと逝く秋の光(かげ)(古玉智子)
 s-トルコキキョウ20160919
 トルコキキョウ。

 鳴く虫の気管の中に吸われゆく秋の空気をわが肺も吸ふ(中村規子) 
 s-トウティラン20160919
 トウテイラン(洞庭藍)。

 冷えてゆく母の手握るとほき日にそを取り合ひし妹とふたりで(9/18日経歌壇・石塚令子)
 s-白花ガウラ20160919
 カルプラコア(カメレオン シリーズ)。

 しろがねの秋のうろこは夕かげをするどく反(かえ)し路地の魚店(うおだな)(島田修三) 
 s-プリンセスブルー20160919
 プリンセスブルー。

 澄む秋は黒きベロアの襯衣を着て刃物の並ぶところを過ぎれり(河野愛子)
 s-寄せ植え20160919

 拾ひ来てつやつやまろきどんぐりを幼なの撒けばそこはもう秋(佐佐木由幾)

 先週末、いつも植物などの名前をご教示くださるS先輩と会食。『ヘクソカズラとかハキダメギクとか、かわいそうな名前もありますよね。先週Sさんに教えていただいたクサレダマもひどい、黄色の可愛い花なのに』と話したところでストップがかかる。表記は『草連玉』とのこと。マメ科のレダマという落葉低木があり、その花と似ており草本であることから『草連玉』となった由。ウ~ン、道を究めるには幾星霜かかることか・・・?

皆さま、お健やかにお過ごし願います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kantarou+5

Author:kantarou+5
週末の近郊里山徘徊を楽しみつつ、足腰の衰えを防止しています。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム