FC2ブログ

元気なる街の雑沓を見つつ思ふ生きてゐることはやつぱりよろし(中原綾子)

 この街は永遠のまどろみ いつの日かうつむきつつも橋を渡らん(森本平) 

 10/10、晴れという天気予報は外れて曇り一時雨。午後内牧公園へ。まずは2~3mm程度の小さな花の写真3枚。図鑑に載っているかな。3枚目は花ではないか。
 s-なにかな②20161010
 イヌガラシ。

 光りつつ濡れて売らるる夜の果実雨の街より買いて帰れり(石田比呂志)
 s-何かな④20161010
 ハナイバナ(葉内花)。(S先輩からご教示いただきました)

 おのづから思ふあはれは曇る街人はさまざまの齢もて過ぐ(河野愛子)
 s-何かな③20161010
 アメリカキンゴジカ(アメリカ金午時花)。アメリカ産の黄色い午時花の意。午時花は赤い花を午時(12時)頃咲かせ、一日で萎む。(S先輩)

 街に住み親しむこともなかりつる秋空はれて雁わたる見ゆ(村野次郎)
 s-なにかな20161010
 シロバナサクラタデ。水辺に咲いていた。以前から何度も撮っているのだが、いつもピントが合わない。一番上は虫の翅。

 ベランダに耳ふうわりとうさぎいてわたしは今朝の街をみおろす(江戸雪) 
 s-ツユクサ20161010
 ツユクサ。

 街路ゆく人みな無縁 さゐさゐと秋の街川を水は流るる(大貫ふみ子)
 s-チョウ20161010
 ヤマトシジミとコセンダングサ。(S先輩)

 輪郭の模糊となりゆく街におり黄砂の中を消えゆく私(吉村明美)
 s-ハエ20161010

 霧流れ頭のなかにも霧ながれ歓楽の街をにぶき足曳く(島津忠夫)
 s-バッタ20161010

 横丁の茶房昼くらき灯をともし穴ごもる如き心やすらぎ(高安国世)  
 s-狛犬20161010
 10/9。これは野田市の「茂木本家美術館」の裏手にある、茂木家の稲荷神社の狛犬。なかなかユニーク。同館は電話予約が必要。係りの方が一緒に館内を回り、美術館や展示品について丁寧に説明して下さる(茂木家は現キッコーマンの創業家の一族)。

 同館に行く手前、江戸川を渡る野田橋付近。信号で止まったら、助手席の妻が「ああ~、富士山だ。これで2回目。」と歓声をあげる。このあたりは富士山遠望の名所とのこと。運転席側の窓を開けつつバッグからCDを取り出し、「もう青信号」と叫ぶ妻にせかされながら1枚だけ撮った。場所によって富士山が見える大きさが変わる? そんなことないよね。茂木本家美術館でも「富士山と筑波山を結ぶ線上に野田はあります」とのこと。
 s-富士山20161009

 皆さま、お健やかに、お過ごし願います。

コメントの投稿

非公開コメント

確かに野田は富士山と筑波山の線上かも(^^) 群馬から野田に移動するとき筑波山と富士山が左右に見えてたもの

稲刈りは順調ですか

エル様

春日部でも稲刈りは例年よりも大分遅れてまして、まだ3分の1は残っています。お身体にお気を付けて下さい。

還太郎

No title

面白い狛犬ですね。

2枚めと3枚め、見知った花かもしれませんが、
S先輩からのご教示にての答え合わせ、
楽しみです♪

11日、裏磐梯から磐梯山に登ってきました。
銅沼の“おいしい景色”観てきました。

S先輩からご教示あり

はっぴーさん

こんにちは。昨日、S先輩からご教示いただき、早速ブログに追記しました。それにしても「アメリカ金午時花」とは。昼頃咲いて、一日で萎むと知っていれば、もっと丁寧に撮ったのに・・・。今日か明日、天気がよければ再探訪してみます。

プロフィール

kantarou+5

Author:kantarou+5
週末の近郊里山徘徊を楽しみつつ、足腰の衰えを防止しています。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム