FC2ブログ

百舌鳥は百枚舌?

①百舌鳥の高鳴き

 キーキーと響く鳥の声の主を探して高い木の枝先を見上げると、百舌鳥(モズ)。「百舌鳥の高鳴き」と言うが、縄張りを主張する威嚇の声。他の種類の鳥の侵入を拒むのは当然であるが、メス百舌鳥の侵入も許さないという徹底ぶりだそうな。長野県では「百舌鳥の高鳴き75日」という生物暦がある。百舌鳥の高鳴きが聞こえてから75日くらいすると霜が降りるということ。小首をかしげてカメラの方を向いているさまはかわいいものだが、実はけっこう獰猛。

百舌鳥②
(9/17、U公園。風にあおられながらもしっかりと止まっている。)

 この嘴を見よ。昆虫やカエル、トカゲ、小鳥、ネズミ等を餌とするが、自分よりも大きいツグミやヘビを襲うこともある。下の写真はWikipediaから。
百舌鳥の嘴

 百舌鳥と言えば剣豪宮本武蔵。下の絵は宮本武蔵の真筆と伝えられる和泉市久保惣記念美術館蔵「枯木鳴鶪図」(コボクメイキャクズ)。嘴の辺りをよく見ると、捕獲した昆虫を咥えているのがわかる。「キャク」の字は左半分の上半分が「目」で下半分が「犬」。犬のように目をキョロキョロさせて虫を捕食する鳥のことだと。だいぶ迷路に入り込んだ感じになってきた。
 
宮本武蔵・百舌鳥
 (枯れ枝の途中を尺取虫が這っている。)

 この猛禽百舌鳥も2月の繁殖期になると、オスは小さなか細い声で、自分の縄張りに入ってきたメスに対して求愛の歌を捧げる。そのとき、いろいろな鳥の声を真似る。ホオジロやシジュウカラ、ヒバリ、メジロ、カワラヒワなどなど。そのことから、二枚舌ならぬ百枚舌・・・、それで「百舌鳥」となったとか。

 ②田園の主役も交代

 さすがにセミの声も静かになってきた。代わって飛び回っているのがバッタ。これはトノサマバッタのメス。オスは緑色をしてる。(9/17、U公園)
 バッタ120917

 こちらはショウリョウバッタのメス。植物の葉に隠れてしまっているが、頭が三角形で前方に伸びている。オスは5cmほどだが、メスは8cmほどもある。旧盆(精霊祭)のころに姿を見せるので、この名がつけられたとか。後肢がやたらと長い。(9/23、U公園) 
 ショウリョウバッタ120923
 
 お次はショウジョウトンボ(猩々蜻蛉)。動きが速く、なかなか止まってくれないのでピンボケ。これはオス。『池の縁に縄張りを持ち、縄張りの縁に沿って力強く哨戒飛行をする。他のオスが飛来すると斜め20cm弱の距離に位置関係を保ち、地形に合わせて見事な低空編隊(にらみ合い)飛行をみせる』(Wikipedia)。
 「猩々」は中国に由来する伝説上の動物。人語を解し、赤い顔をした人間のような容姿とのこと。オランウータンの漢名でもある。(9/17、U公園)
 猩々トンボ120917

 そばの花。雨にうたれながらも清楚に佇んでいる。大きな畑一面に咲いている。(9/23、U公園) 
 蕎麦畑120923

 ツユクサの群生。ツユクサは秋の花ということではないが、この群生は見事なので。(9/17、U公園)
 つゆくさ120917
 (こちらは6/17、u公園)
 ツユクサ120617

 こちらは初秋の花「赤のまま」。「犬蓼(いぬたで)」とも。「ニオイタデ」。田舎では「赤まんま」と呼んでいた。(9/17、U公園)
 あかまんま120917

 犬蓼の花くふ馬や茶の煙 (子規)

 赤飯の花と子等いふ犬蓼の花はこちたし家のめぐりに (牧水)
 
 おまえは歌うな
 お前は赤まんまの花やとんぼの羽根を歌うな
 風のささやきや女の髪の毛の匂いを歌うな
 すべてのひよわそうなもの
 すべてのうそうそとしたもの
 すべての物憂げなものを撥き去れ
 もっぱら正直なところを
 腹の足しになるところを
 胸元に突き上げてくるぎりぎりのところを歌え
 たたかれることによって弾ねかえる歌を
 恥辱の底から勇気をくみ来る歌を
 それらの歌々を
 行く行く人々の胸郭にたたきこめ    (中野重治『歌のわかれ』)

 ③きれいな花には毒がある。

 ホテイアオイ。バンやカルガモがいるU公園の小さな人工池に咲く。上の猩々蜻蛉も同所で撮影。青い花が美しいので観賞用に栽培されるという。このホテイアオイ、実は繁殖力旺盛で「青い悪魔」と恐れられている。肥料分の多い水域ではあっという間に水面を覆い尽くし、水の流れを滞らせ、水上輸送の妨げになり、漁業にも影響を与える。冬季に大量に生じる枯死植物体も腐敗して環境に悪影響をもたらす。他の植物の成長を抑える物質を放出したりもするとのこと。 布袋さんも真っ青!! (9/17、U公園)
 ほていあおい120917
 
 柚子もたわわに実ってきました。

 ホテイアオイの話のお口直しにどうぞ。グラスに大きめの氷を2、3個。焼酎をドボドボ注いで、この柚子の厚めのスライスを浸す。クーーゥッ、たまらん。(9/17、U公園近くの農家の庭先で)
 ゆず120917

 公園の看板。今日は雨なので散歩する人も殆どいない。公園管理事務所前の看板を眺めていたが、「アレッ?」。「今日も、楽しく、遊びませょう。」「遊びませう」と「遊びましょう」の中間? 看板の両側の支柱に被せられた缶も手作り。製作者も結構楽しく遊んでいる様子。(9/23、U公園)
 公園看板

 今回はここまで。


コメントの投稿

非公開コメント

明治生まれは旧仮名使い

 太郎さん、
 私の祖母は明治生まれでしたから、私の娘(祖母からみると曾孫)に送ってくるはがきは、旧仮名使いでした。現代生活の中に、何気なく旧仮名使いが挟まっているところが、娘たちには新鮮だったようです。

旧かな遣いは嫌いではありませんが

 見てくださってありがとうございます。
 旧かな使いなら「あそびませう」ですし、新かな使いなら「遊びましょう」ですよね。「あそびませょう」はないのでは?

パトロールお疲れさまです

ブログ順調のようですね。
書くことが、とても楽しそう♪
宿題をいっぱいためこんで、せっぱつまって書いている私とは
大違いですね。

ところで、モズがもう見られたんですか。
あのシルエットは遠くからでも分かりやすいですね。
ダンディーでけっこう好きです。

それから、ケツユクサってあるんですね、ご存知でしたか?
私は下記のブログで初めて知りました。
今度、気を付けて見てみようと思います。

http://naturekiyokawa.blog118.fc2.com/

Re: パトロールお疲れさまです

 モズは9/17に撮影しました。いつものU公園です。デジカメからiPadに取り込んだ写真は結構鮮明なのですが、ブログに転載するとやや不鮮明になるのは致し方ないですね。
 「ケツユクサ」、ご紹介いただいたブログを拝見して、初めて知りました。じっくり見てみます。ありがとうございます。

「つゆ草」

こんにちは。

昨日、「つゆ草」のさまざまな表情を写してきましたので、
よかったらご覧になってください。

色も形も、こんなに美しい花だとは知りませんでした。
プロフィール

還太郎+7

Author:還太郎+7
畑や庭での作業を楽しんで、晩酌・早寝・早起きの毎日です。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ