FC2ブログ

わが地球地軸かたむき来たる時年を改め事新たにす(新年) (窪田空穂)

 あけましておめでとうございます。相変わらず好天の春日部。今日で4日連続の内牧公園。連日1万歩超の徘徊。今日も富士山がきれい(これは川越まで行って撮った)。

 遠景に一点白き富士ありてわれに新しき年始まりぬ(三枝昂之)
 s-富士山②20170101

 一塊の石に日当る豊穣をたまものとして大寒に入る(安永蕗子)
 s-冬枯れ③20170101

 銀帯ぶる日陰の空気金帯ぶる日向の空気大寒過ぎて(宮里信輝) 
 s-冬枯れ②20170101

 寒行の素足の僧ら鼓を打ちてつぼみ閉ざせる桜(はな)の下過ぐ(伊勢方信)
 s-冬枯れ④20170101

 元旦の光のなかに物を干し一年という時間へ踏み出す(前田康子) 
 s-冬枯れ⑤20170101

 おほひくるひむがしの空くれなゐに睦月つきたち初春(はる)の神の手(成瀬有)
 s-冬枯れ①20170101

 老妻の叱咤の声にて年明けぬ一家といふはかくて保つか(筏井嘉一)
 s-紫の葉20170101

 わが吐けるシガーのけむり光帯び新しき年周辺にあり(窪田空穂) 
 s-花20170101

 ことごとく日月はなごり元旦の屠蘇も餅(もちひ)も別れをふくむ(上田三四二)
 s-モズ20170101

 元旦の闇まだふかき国はらを神の初火の幾千すぢ走る(前川佐美雄)
 s-テリハノイバラ20170101

 新春吉兆その語のひびきよろこびてわれはつぶやく梅咲きたれば(安田章生)

 本年もよろしくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kantarou+5

Author:kantarou+5
週末の近郊里山徘徊を楽しみつつ、足腰の衰えを防止しています。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム