FC2ブログ

梅の香の甦す微かな痛みあり春は来るより返されるるもの(高村典子)

 1/21、晴れ時々強風。砂塵が舞う。落語「たらちね」の『今朝(こんちょう)怒風烈しゅうして土砂眼入す』を思い出した。
 例年、内牧公園で多分最初に咲くのであろう梅が、今年も開花。

 梅、石楠花つぼみたしかにはぐくみて冬日に光る励まされをり(宮柊二)
 s-梅20170121
 
 膨らみし花を宙空に飛び咲かせ寒風に梅は毅然と立ちぬ(大滝貞一)
 s-梅②20170121

 冬きたる野の木野の草限りなく衰ふるものに美しさあり(窪田空穂)
 s-アオジかな20170121 (1)

 陽光が地上に割れる音のしてこの冬いちばんの寒い日となる(菊池良子)
 s-ユリ20170121

 裸木の高きところに冬はきぬ亡き人宛の手紙とどきて(北久保まりこ)
 s-組み合い20170121

 杜氏より酒の案内(あない)の届く頃冬もよろしと思ほゆるなり(對馬恵子) 
 s-日差し20170121

 この真冬恋うものあらば暁暗をほそく剪りつつ咲く水仙花(松平盟子)
 s-黄色の花20170122

 1月20日は「大寒」。「冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也」と『暦便覧』では説明されている。実際には「大寒」から「立春」の頃が最も寒いとのこと。皆さま、お大事に !

 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kantarou+5

Author:kantarou+5
週末の近郊里山徘徊を楽しみつつ、足腰の衰えを防止しています。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム