FC2ブログ

霞始靆(かすみはじめてたなびく)

霞始靆(かすみはじめてたなびく・2/23~2/27)は二四節気「雨水」の次候。朝夕、山腹にたなびく霞がみられる頃の意。

 眼よりかく差し入りし春の陽は身のいずくまでを明るませゐむ(古谷智子)
 s-梅20170225

 飛翔せむおもひのいまだ残るらしわれの眼にある翼の欠片(沢口芙美)
 s-葉②20170225

 目のあいひて一瞬怯める口笛の堂々となりて角曲がりゆく(中島やよひ) 
 s-葉20170225

 オカリナはまなこを閉ぢて聞くものかひたひた満つるわが涙壺(中野冴子)
 s-葉③20170225

 目をとぢてみよというなり歩をとめてみよというなり いま風が立つ(三枝浩樹)
 s-サギ20170225

 霧消えて人も消えたる橋の上 寂しいなあ鮮明に見える目玉は(佐佐木幸綱)
 s-サギ②20170225

 眼(まみ)ふかくあなたはわたしに何を言ふとてもずつと長い夜のまへに(河野裕子)
 s-ジョウビタキ20170225

 向かひ合ふ少年の目は遥かなる草原の禾(のぎ)ほどにするどし(春日井建)
 s-テリハノイバラ20170225

 ノートル・ダムの椅子に座りてわれだけを見てゐたおまへ 小さきまなこよ(日置俊次)
 s-新芽20170225
 ニワトコ(以下、青字はS先輩からのご教示です)

 たちもどる影かく淡き哀しみに藍だつ比叡の沁むるまなうら(浅尾充子)
 s-春野20170225
 ノボロギク

 黄のガラス透きて向うをゆくかげの歪むとき茶房の奥のわれの眼(吉野昌夫)
 s-ホトケノザ20170225
 ホトケノザ

 畳の上にごろりころんで眼をつぶる下界遮断の手段(てだて)とばかり(筏井嘉一)
 s-ナズナ20170225
 ナズナ

 あきらかにものをみむとしまづあきらかに目を閉ざしたり(葛原妙子)
 s-葉④20170225
 シラカシ

 さみしくはないが胸にはひとひらの言葉の入る空間がある(小林訷子)
 s-ナノハナ20170225

 今日はときどき風が強くなったものの好天だった。先週撮ったカワセミには遭えず。もう来週には3月を迎える。早いね。
 皆さま、お健やかにお過ごしください。 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

還太郎+7

Author:還太郎+7
畑や庭での作業を楽しんで、晩酌・早寝・早起きの毎日です。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ