FC2ブログ

葭始生(あしはじめてしょうず)

 「葭始生」は24節気の「穀雨」の初候。4/20~24。水辺に咲く葦が芽を出すころの意。

 いまわれは浮上してゆく 海中の日和のやうなしづかな朝へ(米口實)
 s-アカメガシワ20170423
 アカメガシワ。

 祈りなど持たざる我の日々のため春蒔く小さき種しまいおく(萩原喜久江)
 s-ウグイス②2017423
 鳴き方がまだぎこちないウグイスの声が響く。遠くの梢にいた、いた。あいにく逆光。

 身の内に白蛇のごとく舞いうごく春の風あり行方なきまで(大野とくよ) 
 s-花20170423
 ハルジオン。

 宵々に夜行のけもの通りゆく窓下の闇わが裡の闇(富小路禎子)
 s-柿の葉20170423
 カキ。

 身の内に棲むわたくしは遠き世に追はれし楽園をつねに恋ふらしき(浜田蝶二郎)
 s-紫の花20170423
 ヤグルマソウ。

 一人(いちじん)の裡に秘めますおんかなしみつつしみ思ふ永遠(とは)のみゆきに(乙犬拓夫)
 s-新葉20170423
 エノキ。

 永遠に他者にしてなほ少しづつおのれの牧に入り行くものぞ(岡井隆)
 s-新葉②20170423

 手の甲に透く静脈の青き河永遠ならぬ河 涸れてゆく河(江尻令子)
 s-新葉③201704236

 わたくしの夕暮れてゆく街にある影といふ名の数多のimage(いまあじゅ)(中川宏子)
 s-新葉④20170423

 亡き人は風としおもふ水の面をすぎし気配に水茎ゆらぐ(塚越信子)
 s-新葉⑤20170423

 日はのぼり日はまた沈むいつのときもわれに凛たり心の一樹(加藤克巳)  
 s-白い花20170423
 ウワミズザクラ。

 屋根越えて風は刃となりとめどなくあかき桜葉遠くへ運ぶ(片桐明)
 s-八重桜20170423
 ヤエザクラ。

 みづからに恃むこころの揺らぐとき掌のなかに風ありと思はん(山内照夫)
 s-梨の花②20170423
 たぶん梨の花。

 テレビを見ながらブログを作っていたら、NHKBSプレミアムで「忌野清志郎・幻の名盤」をやっていた。LP「シングルマン」の特集。
 聞き惚れた。凄い才能だったんだね。
 ここのところ良く本を読んでいる。原田マハ「デトロイト美術館の奇跡」、沢木耕太郎「春に散る」、塩田武士「罪の声」、村上春樹  「騎士団長殺し」、恩田陸「月の裏側」などなど。いずれもお勧め。

 皆さま、お元気にお過ごしください。

 
 

コメントの投稿

非公開コメント

山笑う春がやって来ました
お花の写真をぃっぱぃ撮りますよ~(≡^∇^≡)

No title

エルさま

およそ20日振りの内牧公園周辺でしたが、花々も新緑も勢いがあり、緑色の海を航海しているような気分になりました。

還太郎
プロフィール

還太郎+7

Author:還太郎+7
畑や庭での作業を楽しんで、晩酌・早寝・早起きの毎日です。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ