FC2ブログ

土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)

「土潤溽暑」は24節気「大暑」の次候(7/28~8/1)。このころ、蒸し暑さも極みを迎えるの意。

 さて、昨日も今日も薄曇りで、写真を撮るには光量不足。今回の写真は、7/19のいわきの農家の庭先で撮ったもの。こちらも光量不足の感あり。

 布施英利『人体 5億年の記憶 解剖学者・三木成夫の世界』(海鳴社)を読んだ。この本は、解剖学者・三木成夫氏の教え子の布施英利氏が、三木氏の業績を紹介する形となっている。以下、「」内は布施氏の要約。『』内は三木氏の発言・著述。三木氏は、胎児の顔の日々の変化を詳細に観察した。

 「人類の進化の歴史において、海の中で暮らしていた魚たちが、両生類・爬虫類へと進化して「上陸」していくが、その1億年にわたる生命のドラマと同じことが、胎児の顔の変化において、再現されているというのだ。胎児の世界とは、『30数億年の生命進化の圧縮』なのだ。」
 s-百合20170719
 ユリ(花名はS先輩からご教示いただきました)

 まずは、受胎32日目。三木氏は『魚の面影』と言っている。
 『真一文字に裂けた口」と首すじに深く刻まれたエラ孔の列』。『そこにはまぎれない「鰓裂(さいれつ・えら)の形象が鮮やかに浮かび上がっている。横一文字に裂けた口につづいて右四条、左五条がそれぞれ識別される。』
 『おれたちの祖先は、見よ! この通り鰓をもった魚だったのだ・・・と、胎児は、みずからのからだを張って、そのまぎれもない事実を、人びとに訴えようとしている。』
 「さらに手の形を見ると、そこに指はなく、まさに『魚の鰭(ひれ)』である。」
 s-ウリ科20170719

 「続いて、35日目の胎児の写真を見ると、『ここからは次第に両生類カエルの面影が浮かび上がってくる』、つまり、35日目の胎児は両生類なのだ。」
 s-百合②20170719
 オニユリ

 「36日目の胎児をみよう。そこには『爬虫類の面影がある。魚から両性類を経て、胎児はどうやら上陸したようです。そうです。まさに、この36日にそれまで魚の心臓だったものが、その中に隔壁ができて、右と左に分かれるのです。』」
 s-黄色の花20170719
 マリーゴールド

 『次は38日。ここではもう毛ものの面影を見ずに済ますことはできないだろう。まさに、狛犬の鼻づらです。ここではもう哺乳類の面影がそこはかとなく漂っています。』
 『さて、これで32日から38日までの胎児の顔を見てきました。そこには、古代デボン紀の魚の時代から、中生代初頭の獣形爬虫類の時代にいたる1億年を越す"幻の上陸劇"の再現が見られるのです。1億2千万年がそこでは1週間で経過しているわけです。』
 s-赤い花20170719
 ヘネロカリス

 昨日の晩は、最近退社した友人が遊びに来てくれて、神立駅近くの「○○食堂」へ。昔の駅前食堂そのまま。ある日の昼の日替り定食は、鯖焼き+野菜のお浸し+香の物+ごはん大盛り+味噌汁+コーヒーで650円。元気も愛嬌もたっぷりのご婦人3名が主力選手。友人は「ちょっと一杯セット 950円」を選択。ビール、焼酎、日本酒のいずれか1杯と肴が5種ほど。肴が5種もついていたら1杯では済まず、2杯、3杯、4杯、5杯と進むこと必定。
 我々もお店の作戦通りビール・ハイボール・焼酎と進み、仕上げにちょっとだけ日本酒。3時間ほどで散会。一人3,000円ほどであった。感謝感謝。 
 一夜明けて、本日は朝5時半から昨夜の痛飲を反省しつつ・・・約1時間歩いた。皆さま、お健やかにお過ごし願います。

コメントの投稿

非公開コメント

授かった命を無駄にせず使いきりたいものです

人体5億年の記憶

エルさま

おはようございます。昨日、田んぼ道を歩いていたら、稲の花が咲き始めていました。また、お忙しい季節になりますね。

還太郎
プロフィール

還太郎+7

Author:還太郎+7
畑や庭での作業を楽しんで、晩酌・早寝・早起きの毎日です。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ