FC2ブログ

鶺鴒鳴(せきれいなく)


「鶺鴒鳴」は24節気「白露」の次候(9/12~17)。長い尾を上下に振りながら水辺を歩く、スマートな鶺鴒。この鳥が鳴いて彼岸花が咲くと、秋もそろそろ本格的。9/15はいわきへ。いつ行っても田人路はいい。緑の中にどっぷりつかって、森林浴。

 今回も石川啄木。今回のネタ本は思潮社「現代詩読本 石川啄木」(昭和58年7月刊)。その本の中に、加藤郁乎が「啄木ワルツ」と題する小論を寄せている。曰く、『沢山の責苦からついばまれつづけた啄木、すなわちタクボクチョウ、すなわちカッコウ調の歌を思い出したり唱和したりしていると、ずいぶん個人的な感慨が誘い出され、連想の輪がカチャカチャと音をひびかせながらもつれ合うような、ワルツの一口も囀りたくなってくる。』

 今回も植物名をS先輩にご教示いただきました。青字で記してあります。また、6~9枚目の写真の記載ミスをはっぴー先輩に教えていただき、訂正しました。

 ふるさとの寺の畔(ほとり)の  ひばの木の  いただきに来て鳴きし閑古鳥!
 s-ソバ畑20170915
 ソバ畑。

 馬鈴薯のうす紫の花に降る  雨を思へり  都の雨に
 s-ソバの花20170915
 ソバ。

 空知川雪に埋れて  鳥も見えず  岸辺の林に人ひとりゐき
 s-黄色の花20170915
 キツリフネ。 

 馬鈴薯の花咲く頃と  なれりけり  君もこの花を好きたまふらむ
 s-紫の花20170915
 ツリフネソウ。

 浅草の夜のにぎわいに  まぎれ入り  まぎれ出で来しさびしき心
 s-ヤマハギかな20170915
 マルバハギか。

 世のはじめ  まず森ありて  半神の人そが中に火や守りけむ
 s-黄色の花②20170915
 メマツヨイグサ。

 壁ごしに  若き女の泣くをきく  旅の宿屋の秋の蚊帳かな
 s-黄色の花③20170915
 ナガミノツルキケマン。

 愁ひ来て  丘にのぼれば  名も知らぬ鳥啄(ついば)めり赤き茨(ばら)の実
 s-青い花20170915
 ヤマハッカ

 盛岡の中学校の  露台(バルコン)の  欄干(てすり)に最一度(もいちど)我を倚らしめ
 s-白い花20170915
 アケボノソウ

 
  札幌に  かの秋われの持てゆきし  しかして今も持てるかなしみ
 s-白い花②20170915
 ゴマナかな?

 以下は9/16、いわきの農家の庭先。

 かなしきは小樽の町よ  歌ふことなき人人の  声の荒さよ
 s-ヒバかな20170916
 カイヅカイブキの枝変わり。

 何がなしに  頭のなかに崖ありて  日毎に土のくづるるごとし
 s-何かな20170916
 モミジアオイの果実。

 明日になれば皆嘘になる事共と知りつゝ今日も何故に歌よむ  
 s-紫の花20170916
 ムラサキツユクサ。
  
 以下3首は畏友ビッキさん撰。
 
 病のごと  思郷のこころ湧く日なり  目にあおぞらの煙かなしも 
 s-鶏頭2017016
 ケイトウ。

 曠野(あらの)ゆく汽車のごとくに  このなやみ  ときどき我の心を通る
 s-紫蘇の花20170916
 シソ。

 とるに足らぬ男と思へと言ふごとく  山に入りにき  神のごとき友
 s-青い花②20170916

 今回の結びに吉井勇(啄木と同い年生まれで、親交があった)の2首を。
 
 啄木と何かを論じたる後のかの寂しさを旅にもとむる
 
 夏は来ぬ亡き啄木が恋がたり聴きし夜に似る星空にして

 皆さま、お健やかにお過ごし願います。

コメントの投稿

非公開コメント

僭越ですが・・・・

花名が入ると、やはり花が身近に感じられ
うれしいですね。

ただ、ちょこっと記載ミスありです(^^;
6枚めは「ナガミノツルキケマン」ではなく、
「オオ」か、「メ」か、「コ」か、分かりませんが
「マツヨイグサ」だと思います。

ということで、7,8,9枚めが
ナガミノツルキケマン、ヤマハッカ、アケボノソウ
となります。

面倒だから記載中止などと おっしゃらずに、
今後とも、お時間ある時は名前付けてあげてください。

ありがとうございます

はっぴー先輩殿

ご指摘、ありがとうございます。今朝、訂正しました。
大謝謝々。

還太郎 拝
プロフィール

還太郎+7

Author:還太郎+7
畑や庭での作業を楽しんで、晩酌・早寝・早起きの毎日です。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ