FC2ブログ

霎時施(こさめときどきふる)

「霎時施」は24節気「霜降」の次候(10/28~11/1)。秋の時雨に、あたりが冷たく湿る頃の意。木々の葉も色づく。

 このところ週末の天候に恵まれない。今回は撮り溜めた写真から。今回は佐藤佐太郎の作品。佐藤志満選・香川末光解説。

 連結を終りし貨車はつぎつぎに伝はりてゆく連結の音

 客観に徹して重い対象を見ている。その中に言い難い機微のある歌境が新鮮である。 
 s-紅葉20141103

 階(はし)くだり来る人ありてひとところ踊り場にさす月に顕はる 

 前後を言はず写象の中核のみに視点を据えている。現実客観へ作風の移行してゆく変化が見られる一首。
 s-菊④20151101

 北上の山塊に無数の襞見ゆる地上ひとしきり沈痛にして

 俯瞰する北上山塊の重厚なさまを沈痛と観た冷徹な気魄に力が漲っている、雄豪な歌境への進展である。
 s-菊③20151025

 空わたり来る鶴のむれまのあたり声さわがしく近づきにけり

 出水の鶴、自註に「胸さわぐような思いを下句は言い当てたように思った」とある、三句がそれを生かしている。
 s-菊②20151025

 白鳥の群れとびたちてひとしきり雪山の上ゆれつつわたる 

 瓢湖の白鳥、鶴の場合もそうだったがわざわざ見に行っている、見て真実を詠む以外架空で歌を作らなかった。
 s-菊20151025

 海の湧く音夜もすがら草木と異なるものは静かに眠れ  少女喘を病む

 孫娘を題材にした歌。「この頃はおもむくままに赴いて歌に音韻が添う」と自註してをり、着想も形容も自在闊達。
 s-サザンカ20141102

 鳥雀のごとたわいなく秋の日のいまだ暮れざるに夕飯を待つ

 60歳の作、昭和41年鼻の出血で入院以来体調を気にとめ摂生している、その哀感の自照である。
 s-ツワブキ20171029

 春ちかきころ年々のあくがれかゆふべ梢に空の香あり

 老境というには余りにもみずみずしい、あこがれと言い、梢の空の香と言い、衰えることのない感覚が新鮮である。
 s-ススキ20141103

 たちまちに過ぎし命をいたむなく順序よく死の来しをたたへん

 大切な仕事を為し遂げた人を詠んだ歌、道を述べた歌ではなく、深い生を賛嘆して格調がある。

 ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロさんの「忘れられた巨人」を読んだ。以前読んだ「日のなごり」に次いで2冊目。書評家の江南亜美子さんの解説によると、『カズオ・イシグロの代名詞といえば「信頼できない語り手」。「日のなごり」の語り手の執事スティーブンスも、自身が長年忠義を尽くして仕えてきた相手への失望を自覚したくないあまりに、自分の心を偽って生きてきた男であった。』
 「忘れられた巨人」の話も、同様。山に棲む雌龍の吐く息が霧となり、それを吸った人々の記憶を日々奪っていくというのだから、語り手は常に自分の記憶力を疑いながら行動することになる。その霧が封印しているのは2つの民族が相争った戦争の事実であり、その霧のおかげで2つの民族が仲良く暮らしているのだが・・・。あまり語り過ぎないほうがいいかな。

 皆さま、お健やかにお過ごし願います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

還太郎+7

Author:還太郎+7
畑や庭での作業を楽しんで、晩酌・早寝・早起きの毎日です。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ