FC2ブログ

楓蔦黄(もみじつたきばむ)

 「楓蔦黄」は24節気「霜降」の末候(11/2~6)。紅葉の盛り。色鮮やかな葉は冬枯れ前の一瞬の輝き。

 11/3、朝のうちは小雨・曇り、やがて日がさしてきた。近隣の里山を一巡り。Tシャツと長袖のポロシャツだったが、汗ばむ陽気になった。

 徳利のむこうは夜霧、大いなる闇よしとして秋の酒酌む(佐々木幸綱)
 s-紅葉⑥20171103
 
 ゆく秋の夜を澄むほどに酒のめば生(よ)にかぎりあることも遥けし(佐々木幸綱)
 s-紅葉⑤20171103

 ほくほくとぬくもり透る美酒(うまざけ)に酔ふや今宵のおぼろの月は(中根三枝子)
 s-紅葉④20171103

 くちひびく塩辛鰯いのちあり霜夜ひとりの酒深くなる(坪野哲久)
 s-紅葉③20171103

 「酔ってるの?あたしが誰かわかってる?」「ブーフーウーじゃないかな?」(穂村弘)
 s-紅葉②20171103

 みな酔うておもしろければ海老が出て虎魚(おこぜ)引っ込み鮟鱇が惚け(池田はるみ)
 s-紅葉20171103

 酔ひといふはつまづくように来るらしい 石蕗のはな闇深くする(黒木三千代)
 s-赤い実20171103

 酔っていることのみ告げて切れしかば夜の受話器はとろりと重い(永田和弘)
 s-紫陽花20171103

 生きてゆく気力失せくるたそがれは盃ほさむ先づ二つ三つ(筏井嘉一)
 s-ススキ20171103

 なんとなくこの連休を休肝日にと思い立ち22時半いまだノンアル(還太郎)

 今日は、お酒は短歌だけにしました。皆さま、お健やかにお過ごし願います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

還太郎+7

Author:還太郎+7
畑や庭での作業を楽しんで、晩酌・早寝・早起きの毎日です。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ