FC2ブログ

麋角解(さわしかのつのおつる)

「麋角解」は24節気「冬至」の次候(12/26~30)。大鹿も角を落とす頃の意。因みに12/31~1/4は「冬至」の末候「雪下出麦」(ゆきわりてむぎのびる)。

 今回は「日経歌壇・2017年の秀作」から。

 人生は秋から冬へ移り行くされど冬にも良き日和有り(茅ヶ崎・磯田清)
 s-田んぼと筑波山20171229

 切り抜きの書評を挟んだ古本を誰かの思いとともに贖う(横浜・森秀人)
 s-赤い葉2171229

 読み上げる詩と詩の浅い息継ぎに揺れて水平線はかがやく(横浜・橘高なつめ)
 s-青い花20171229

 在るものを無しと答ふる葦にして眠れぬ夜の幾夜あるべし(横浜・大建雄志郎)
 s-色づく葉20171229

 オシャレして電車に乗って映画見て昔のように二人っきりで(多摩・田中章子)
 s-松20171229
 
 ブランコに座って君を待っている天動説が新しい夜(パリ・鈴木静香) 
 s-黄色の花20171229 (1)

 馬鹿だから風邪はひかない老夫婦北風のなか沢庵漬けてゐる(つくば・潮田清)
 s-枯れ枝20171229

 亡くなりし犬の毛一本まぎれ込みメトロノームの僅かにくるう(八王子・坂本ひろ子)
 s-黄色の花20171229

 喘ぎつつ日のふりそそぐ坂を来て鈴ふるごとき冬鳥の声(横浜・石塚令子)
 s-ホトケノザ20171229

 キミさんは帰らせまいと放さない明日には忘れる我のこの手を(横浜・櫻井毬子)
 s-たいさんぼく20171229

 東芝のワープロ机ほどなれど弁舌熱き開発者ゐき(東京・東賢三郎)
 s-赤い実2171229

 おまけに「日経俳壇・2017年の秀作」から。いわきの坂本玄々さんは2句選ばれている。
 
 原発の廃墟もつとも冬ざるる
 選者の黒田杏子氏は「坂本さん。長い年月、私はこの作者の句に対面してきました。状況に対峙される姿勢の確かさと知性。人生観の深さに学んできたのでした。」と評している。
  
 ふくふくと楽しや餅のふくらむは
 選者の茨木和生氏は「火鉢の火で焼く餅が膨らんでくる喜びを坂本さんは楽し気に詠む。」と評している。

 10年以上前から、日経俳壇や朝日俳壇でしばしばお見掛けする。同郷の方ということ、「坂本玄々」という印象的なお名前であることもあって、紙面をひらくと先ず坂本さんのお名前を探してしまう。 以下、ネットで探した坂本さんの作品。

 白桃やうら若き地球を愛す(朝日俳壇・2014年7/21)
 老いるとは考へること桐一葉(朝日俳壇・2015年9/7)
日向ぼこしてゐるところが現住所(「俳句」2017年2月号)
 二度と来ぬ八十八歳花に酌む(朝日俳壇・2017年5/1)
 一行の詩となり雁の渡りけり(朝日俳壇・2017年10/16)

 土浦市の明日の天気予報では、午前9時の気温が2℃、午後は雨とか。皆さま、ご自愛願います。
 よいお年をお迎えください。

 
 
 
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kantarou+5

Author:kantarou+5
週末の近郊里山徘徊を楽しみつつ、足腰の衰えを防止しています。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム