FC2ブログ

悪魔のような声と身ぶりで

☆今回は広告です☆ 

 今年、友人が翻訳した本が2冊、出版された。1冊目は『トム・ウェイツが語るトム・ウェイツ アルバム別インタビュー集成』 ポール・マー・ジュニア編(うから 2018・1・20)。もう1冊は『マリーンワン』 ジェームス・W・ヒューストン(小学館文庫 2018・3・11)。

 『トム・ウェイツが語るトム・ウェイツ アルバム別インタビュー集成』は3月11日の朝日新聞の書評欄で取り上げられた。評者は音楽家の細野晴臣氏(1978年、坂本龍一とイエロー・マジック・オーケストラを結成、1983年解散)。
 
               s-トムウェイツ  
 
 以下は、朝日新聞書評。PDF化された書評をいじくったらWordに変換できてしまった。

 悪魔のような声と身ぶりで繊細な歌を紡ぐトム・ウェイツは、とても演劇的なパフォーマーだ。それに惑わされるせいか、取っつきにくいという印象も拭えない。しかし本書を読み進めば、彼の音楽に向き合う真摯な姿勢や、他者に対する誠実さが明らかになる。
 1973年の衝撃的なデビューから2009年までの数多くのメディアによるインタビュー記事からその姿が浮かぶ。その真面目さは僕も初めて知った。彼は一見破滅的に見える音楽家だが、とくに結婚後は崇拝する作家ケルアックのような、荒んだ暮らしを実生活や芸術に組み込むことを良しとしなかったようだ。
 ウェイツはまた、いろいろな表現で語られることが多い。たとえば「ディランよりディランらしい」。こ のニューズウィーク誌の位置づけは、ボブ・ディランがスーパースターでなけれウェイツのように活動していたであろうと思わせる。「土曜の夜の詩人」とは、読書好きの彼がケルアックの列に並ぶ詩人という、もはやポップスの枠には収まり切らない作家性への称賛だろう。今の米国でこんな存在は他にいない、という評価でもある。
 一方、アルバムを多作し、ツアーを休まず続けてきたウェイツにも疲労や自作への「飽き」があったという。そもそもコメディアンの素養があったらしく、舞台での話術が歌を凌駕していったことも興味深い。映画にも出演し、自身でトム・ウェイツを演じてきた様が本書からうかがえる。
 とはいえ、まずはウェイツの音楽を聴いてほしい。印象とは裏腹に緻密なプロデュースがなされていて、音楽を魅力的に仕上げているのだ。そして彼の音楽愛好家という側面、それこそが秀逸な作品を創造する必須要素なのだろう。
 ウェイツは、多様な音楽を聴けば聴くほど音楽に敏感になる、と語る。作詞や作曲は技術だ。職人としてそれを麿くことが肝要ということだろう。共感する。


                s-マリーンワン

 作者のジェームス・W・ヒューストンは大学卒業後海軍に入り、精鋭中の精鋭のトップガンにまで昇進して除隊。その後、バージニア大学のロースクールに進み、弁護士の資格を取得。一時海軍に戻るが、カリフォルニア州のサンディエゴで弁護士活動を開始する。主に製造物責任法の訴訟に関わり、この分野で米国の最優秀弁護士10人のひとりに選ばれている。
 90年代後半から弁護士業の傍ら小説を書き始め、毎年1冊のペースで長編を発表していたが、2016年骨髄腫で死亡。(訳者あとがきから抜粋)


 海軍と弁護士活動の経験を活かした、リアリティに富みかつスピーディな話の展開に、読者は翻弄されること必至。寝不足になること請け合い。こちらも670頁の長編。還太郎は一時トム・クランシーの「ジャック・ライアン」シリーズやパトリシア・コーンウェルの「検屍官ケイ・スカーペッタ」シリーズを耽読したが、ジェームス・W・ヒューストンの作品が続いて出版されることを切望する次第。

 今回はこれまで。天候不順の折、皆さま、ご自愛願います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kantarou+5

Author:kantarou+5
週末の近郊里山徘徊を楽しみつつ、足腰の衰えを防止しています。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム