FC2ブログ

蕭寥(しょうりょう)

 「蕭寥(しょうりょう)」はひっそりとしてものさびしいさま。(今年のタイトルは漱石・『草枕』の難解熟語。)

 昨日(5/19)は都内で高校の同級生10名+2名と飲み会、今日はいわき日帰りドライブ。なので、またまた短歌はお休み。
 下の写真は妻実家の大きすぎる家庭菜園?。義姉と妻と義母が主担当。義兄と還太郎は力仕事要員。手前は総延長約400mのサツマイモ用丸畝。
 s-庭の畑20180520

 いま何種類の野菜・果樹があるのか、数えてみた。 1.ソラマメ 2.カリフラワー
 s-ブロッコリー20180520
 これは上出来のブロッコリー。

 3.ブロッコリー 4.夏ネギ 5.冬ネギ
 s-ブロッコリーの茎20180520
 このブロッコリーは茎もしっかり育って太い。

 6.ニンジン 7.トウモロコシ
 s-バラ20180520

 8.枝豆 9.赤タマネギ
 s-バラ②20180520

 10.白タマネギ 11.カブ
 s-白い花20180520
 アメリカテマリシモツケ「ディアボロ」。

 12.ジャガイモ 13.サツマイモ(3種類)
 s-ピンクの花20180520
 タイカンマツバギク。

 14.ニンニク 15.ナス
 s-ヤマブキ20180520
 ヤエザキヤマブキ。

 16.ピーマン 17.タカノツメ
  s-ピンクの花②20180520
 クレマチス。

 18.ミョーガ 19.フキ (この2つは勝手に生えている) 
 s-黄色の花20180520
 オッタチカタバミ。

 20.カボチャ(2種類) 21.レタス(2種類)
 s-紫の花20180520
 ムラサキツユクサ。

 22.ニラ 23.ラッキョ 
 s-新葉⑤20180520

 24.ラッカセイ 25.ミニトマト
 s-新葉④20180520

 26.サトイモ 27.アスパラガス
 s-新葉③20180520

 28.ダイコン 29.赤シソ 30.青シソ
 s-新葉②20180520

 31.イチジク 32.カキ 33.ザクロ 34.梅 35.ユズ
 s-新葉20180520

 いまは収穫期ではなく苗であるもの、果樹の類も数えてみたが、改めてその数の多さに驚く。専業の農家であれば効率を重視しなければいけないのでこんな数にはならないだろうが、大きすぎる『家庭菜園』ならではかな。

 皆さま、気温が乱高下しています。ご用心ください。

コメントの投稿

非公開コメント

野菜讃歌

野菜はなんでも、うまい!
小さな畑で作った(作るのを手伝った、かな?)野菜を食べたときから、畑で採れたばかりの野菜は全然味が違うのに気づきました。
(農家の子に生まれたのに、還暦を5年も過ぎて、なに言ってんだか)

ブロッコリとカリフラワーはどっちがうまいか?
これは難しい問題だ。答を出さずに食べ続けて考えればいいだけのことだけれど。
最近は、ドレッシングとかマヨネーズとかはほとんど使わなくなりました。かけるとしても、ほんの少しだけ、あるいは全然なし。たくさん食べられるし、そのほうが野菜の味がよくわかりますね。
あのブロッコリの太い茎も、皮をむいて、ゆでると、おおブロッコリ! という味がする。

庄野潤三さん(30年ほど前に一度、お酒をご一緒させていただいたことがありますので、「さん」を付けます)の70代後半の随筆に『野菜讃歌』という、いい本があります。
5Bの鉛筆で、ゆっくり書かれた随筆で、淡い味わいの文章です。
でも、こんなふうに晩年の日々が過ごせたらと。。。やはり、あの淡さがせつないなあ。『夕べの雲』が最高だと思うけど。庄野さんの文章は何を読んでもいい。
プロフィール

還太郎+7

Author:還太郎+7
畑や庭での作業を楽しんで、晩酌・早寝・早起きの毎日です。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ