FC2ブログ

若の浦に 潮満ちくれば 潟を無み 葦辺をさして 鶴鳴き渡る

 今年のタイトルは『万葉集』から。

 若の浦に 潮満ちくれば 潟を無(な) 葦辺(あしべ)をさして (たづ)鳴き渡る。山部赤人。

 「若の浦に潮が満ちてくると干潟が無くなり、葦の生えている岸辺に向かって、鶴が鳴きながら飛んでいく」の意かな。潮が満ちて来て干潟が隠されるという悠久の自然を示す表現。満ち潮の動きに伴って、鳴きながら鶴が岸辺へ移動するという冬ならではの一コマ。

 今回も短歌は『昭和万葉集秀歌 【三】 四季・自然』(講談社現代新書・上田三四二編、昭和60年1月刊)から。作者名の後の数字は昭和何年の、或いは昭和何年何月の発表かを示す。

 嶺を覆う杉生(すぎふ)にまなこ凝らす時げにかすかなる秀(ほ)のゆらぎみつ (三好直太・48.10)
 
 s-阿武隈山系20190113
 阿武隈山系。中央奥の三角形の山は朝日山(標高797.3m)かな。冬の晴れた日には富士山が見えるらしい。その左手前は仏具山(607.5m)かな。山頂に通信用設備がかすかに見える。

 夜ふけし寒さに木の裂くる杉の木のするどき音は峡(かひ)にひびくも (大滝進保・49.3)

 s-勿来関20190114
 以下7葉は@勿来の関。

 蒼蒼(あおあお)と山たたなはる月の夜を雪かがやかす天(そら)の蔵王は (野地曠二・17.1)

 s-勿来関②20190114

 天つ日ははろかにさせり雪原のむかうに青き甲斐の山見ゆ (胡桃沢勘内・23)

 s-勿来関③20190114

 沫雪(あわゆき)のほのぼの白き晨(あさ)あけに巣にすむ鳥はささやき交わす (木山みさを・51)

 s-勿来関④20190114

 うち晴るる雪の野に舞ふ白鷺の羽のひかりは天(あめ)にまぎれぬ (木俣修・17)

 s-勿来関⑤20190114

 流れくる吹雪に真向(まむ)くしまらくは鶏(かけろ)もまなこ閉ぢて佇(た)ちゐつ (木俣修・17)
 
 s-勿来関⑥20190114

 波うてるかたちとどめて夜の吹雪荒れしづまりしこの明るさや (梶井重雄・49)

 s-勿来関⑦20190114

 冬の日といへども一日(ひとひ)は長からん刈田に降りていこふ鴉ら (佐藤佐太郎・41)

 s-野菜20190117
 いまはブロッコリー、カリフラワー、春菊、葉タマネギを出荷。ブロッコリーとカリフラワーは「根切り虫」の被害甚大で収穫できたのは2割程度かな。野菜は全て無農薬栽培につき、次のシーズンに備えて農薬を使わない根切り虫対策を勉強中。

 北方をとざせる煤のごときもの冬ながくして雲も古りたり (草野久佐男・36)
 
 s-広幅の溝20190118
 これは冬場の土壌作りのひとつ。幅90cm、深さ50cmの広幅の溝をスコップ一丁で掘る。15m×3本を予定。この溝の中に十分乾燥させたやや太い枝、中くらいの太さの枝、細い枝を下から順に積み上げて埋設する。理想的には深さ80cmと某農業誌に書いてあったが、バックホーでも買わないと無理なので50cmで妥協。因みに中古の小型バックホーでも100万円以上する由。
 既に一列は作業を終えたが、0.9m×0.5m×15m = 6.75立米の土を掘出し、埋め戻したことになる。これを比重1.5で換算すると約10 t 。3列で計30 t 。掘出しと埋め戻しで合計60 t か Σ(・□・;)・・・。1週間で終わらせると妻には話したのだが・・・。でも筋肉痛にもなってないし、いけるかな?

 1/14、茨城県天心記念五浦美術館にて『小林恒岳展』をみた。フラッシュを焚かなければ写真撮影OK。むしろ「SNS等で積極的に発信してください」とのこと。
 「小林恒岳(1932~2017)は茨城県を代表する日本画家。長く石岡市や吾国山中腹で暮らした。作品は、小林が自然から感じ取った生命のかがやきとぬくもりを、写実と装飾性を融合させた平明で親しみやすい表現に昇華させ、誰もが共感できる生命賛歌として描き上げたもの。」(美術館のホームページから抜粋) 展示は2/11まで

 s-小林恒岳①
 「蓮池・雲流れる」。

 s-小林恒岳②
 「春の鯉」。

 s-小林恒岳③

 s-小林恒岳④
 筑波山。

 陽射しがあって風が弱い日は、車に乗っているときなどは暖房を止めてしまうほど暖かいのだが、陽射しがなくて風が強いと「東北の湘南」と言われるいわきも当然寒い。この不安定な気候のせいで風邪などひかぬよう、手洗いとウガイ励行の日々。

 皆さまも、どうぞお気をつけてお過ごしください。

コメントの投稿

非公開コメント

根切り虫にはオルトラン粒剤が効くのでは?
いい作物が育つように願ってます(*´ω`*)

根切虫対策

エルさま

根切虫は、「幼苗の胚軸などの柔らかいものしか食べられない
ので、本葉4枚以上に成長した苗を定植するといい」とネットで
知りました。ペットボトルを高さ5cmほどで輪切りにして、
苗を囲うように1〜2cm埋め込むといいとも。

無農薬でやっているので、いろいろ工夫が必要です。
まあ、その工夫も楽しんでいます。

還太郎 拝


プロフィール

kantarou + 6

Author:kantarou + 6
畑や庭での作業を楽しんで、晩酌・早寝・早起きの毎日です。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム