FC2ブログ

石激 垂見之上乃 左和良妣乃 毛要出春尓 成来鴨 (志貴皇子)

 今年のタイトルは『万葉集』から。 原文は、石激 垂見之上乃 左和良妣乃 毛要出春尓 成来鴨 〔いわばしる 垂水(たるみ)の上の さ蕨(わらび)の 萌え出づる春に なりにけるかも〕。「岩を流れる滝のほとりのワラビが芽を出してくる春になったんですね」の意。

 今回の短歌は「セーラー服の歌人 鳥居」(岩岡千景著・KADOKAWA・2016年2月10日刊)から。「鳥居」は小学生の時に母が自殺、小学校中退、施設での虐待、ホームレス生活・・・、拾った新聞で字を覚えたという。歌人としては「鳥居」という姓だけを名乗り、名はない。

 いつの日も空には空がありました母と棺が燃える真昼間
 
 s-水温む20190305
 今回の写真は全て3/5、2日間続いた雨が上がった春日部・内牧公園。7時過ぎから約1万歩の散策。

 対岸に灯は点りけりゆわゆわと泣きじゃくる我と川を隔てて

 s-菜の花20190305
 ナノハナ。 (青字の植物名は全てS先輩からご教示いただいた。)

 風鈴を窓辺の箱にしまい終えその箱の崩れやすさを思う

 s-春の日射し20190305
 トウジュロ。

 標準語強いられるとき転校は味方のいない街へ行くこと

 s-春20190305
 オランダミミナグサ。

 あおぞらが、 妙に乾いて、 紫陽花が、 あざやか なんで死んだの

 s-枯葉と新葉20190305

 枯れた葉を踏まずに歩く ありし日は病に伏せる母を疎(うと)みし

 s-枯れ葉と新芽20190305

 書きさしの遺書、 伏せて眠れば 死をこえてあいにおいでと 紫陽花が咲く

 s-柿裸木20190305

 理由なく殴られている理由なくトイレの床は硬く冷たい

 s-果樹園の前20190305
 ニラ。

 爪のないゆびを庇(かば)って耐える夜 「私に眠りを、絵本の夢を」

 s-雨上がり⑧20190305
 コブシかな? 

 永遠に泣いている子がそこにいる「ドアにちゅうい」の腫れた指先

 s-雨上がり⑦20190305
 オオイヌノフグリ。

 朝焼けを坂の上から見送れば私を遠く避ける靴音

 s-兵馬俑20190305

 警報の音が鳴り止み遮断機が気づいたように首をもたげる

 s-雨上がり⑥20190305
 ナズナ。

  夜の海に君の重みを手放せば陶器のように沈みゆく首

 s-雨上がり⑤20190305
 ノボロギク。

 ひたひたと廊下を歩く ドアがあく イスに座って 被害を話す

 s-雨上がり④20190305
 スイバ。

 刃は肉を斬るものだった肌色の足に刺さった刺身包丁

 s-雨上がり③20190305

 海底にねむりしひとのとうめいなこえかさなりて海のかさ増す

 s-雨上がり②20190305

 壊されてから知る 私を抱く母をしずかに家が抱いていたこと

 s-雨上がり20190305

 大きく手を振れば 大きく振り返す 母が見えなくなる曲がり角

 s-テリハノイバラ20190305

 体温計くわえて窓に額つけ「ゆひら」とさわぐゆきのことかよ (穂村弘)

 「寒い冬の日。家の中の暖かい部屋で、体温計をくわえた病み上がりの子どもが窓に額をつけ、目を見開いて『ゆひら(ゆきだ)』と騒いでいる。それをそばで見ている父が『ゆきのことかよ、なーんだ』という顔をして眺めている・・・。そんな温かい家庭の光景が頭のなかに広がりました。そして、幸せな気持ちになりました。」(本文から) この一首との出会いで、鳥居は短歌に興味を持ったとのこと。

 洪水の夢から昼にめざめれば家中の壜まっすぐに立つ (吉川宏志)

  『一首の中に死と美しさ、そして違和感がない果てしない広がりを持っていることに感銘を受けた。』とも。

 鳥居は2012年、全国短歌大会で佳作入選。2016年、『キリンの子』を上梓、2017年、現代歌人協会賞を受賞。
 また、2012年ころより、自らが形式的には中学校卒業者であるが、実質的には小学校中退状態であること、義務教育を学び直したくとも学べない境遇の人がいることを伝えるため、取材などの公共の場ではセーラー服を着用している。鳥居のこの活動などを受け、2015年7月には文科省が形式卒業者を夜間中学校で受け入れるよう全国の教育委員会へと通知した。
 セクシャルマイノリティ向けに「虹色短歌会」、生きづらさを抱えた人のために「生きづら短歌会」などを行う。(Wikipediaより)

 さて、還太郎は農業簿記3級講座を無事終了。2018年度の試験問題に挑戦したら、100点満点⁉ 。但し、自宅でテキストと問題集を参考にしながら。電卓で加減乗除の計算をすると何度やっても合わないので、パソコンの計算ソフトも使用。
 果樹の育成中の経費は「育成仮勘定」という科目で資産として扱い、果樹の出荷を始めたら「減価償却費」としてコスト計上することなど、農業ならではの簿記を学び、楽しい講習だった。テスト本番は7/7。それまでには大方忘れてしまうのではと危惧・・・。

 皆さま、もう3月ですね。水も温み始めました。いい季節を楽しみましょう。どうぞ、お元気で。 

 
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

還太郎+7

Author:還太郎+7
畑や庭での作業を楽しんで、晩酌・早寝・早起きの毎日です。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ