FC2ブログ

あれは偽りのことばにすぎない、と。

 今回は短歌はお休み。3月上旬、詩人齋藤貢(みつぐ)さんが、『夕焼け売り』(思潮社・2018年10月1日刊)で「現代詩人賞」を受賞。齋藤さんは1954年、福島県生まれ。友人に薦められて拝読したが、心を打たれた。東日本大震災、ことに原発事故による被災がどういうことであったのか。常磐道を仙台まで下ると、沿道には「空虚」としか言いようのない光景が広がり、除染された土を入れた黒いフレコンバッグが山積みになっている。「復興は着実に進んでいる」と聞かされるたびに違和感を覚える私は、齋藤さんの詩によって、その違和感の正体を見た。 2編紹介させていただく。

     s-夕焼け売り

「夕焼け売り」

 この町では
 もう、夕焼けを
 眺めるひとは、いなくなってしまった。
 ひとが住めなくなって
 既に、五年余り。
 あの日。
 突然の恐怖に襲われて
 いのちの重さが、天秤にかけられた。

 ひとは首をかしげている。
 ここには
 見えない恐怖が、いたるところにあって
 それが
 ひとに不幸をもたらすのだ、と。
 ひとがひとの暮らしを奪う。
 誰が信じるというのか、そんなばかげた話を。

 だが、それからしばらくして
 この町には
 夕方になると、夕焼け売りが
 奪われてしまった時間を行商して歩いている。
 誰も住んでいない家々の軒先に立ち
 「夕焼けは、いらんかねぇ」
 「幾つ、欲しいかねぇ」

 夕焼け売りの声がすると
 誰もいないこの町の
 瓦屋根の煙突からは
 薪を燃やす、夕餉の煙も漂ってくる。

 恐怖に身を委ねて
 これから、ひとは
 どれほど夕焼けを胸にしまい込むのだろうか。

 夕焼け売りの声を聞きながら
 ひとは、あの日の悲しみを食卓に並べ始める。
 あの日、皆で囲むはずだった
 賑やかな夕餉を、これから迎えるために。

     s-明け方20190225


「辱められている」

 ああ必ず帰らねばならぬと、みずからに言い聞かせながら     
 あああああああああ あああ火に燃える街を迂回して     
 ああああああああああ あああああ苦しみの土地を抜けた。    

 ああああああああああああなにが大地を激しく揺らすのか。    

 ああ あああああああああああああああああ揺れの果てに     
 あああああああああああ震えているものが、海を溢れさせ     
 ああ ああああああ真夜中、高い火柱があかく空を染めた。  

 あ ああああああああああああ小雪混じりの冬空を覆って
 ああ ああああああああああああああああ震えているのは 
 ああああああああああああああああこころばかりではない。
 あああ ああああああああああああああこの世の果てまで 
 あああああああああああああ地上のすべてが震えている。
 ああああああああああ茂みに隠れて、鳥は空を飛ばない。
 あ あああ地に身を沈めて、獣はじっと息をひそめている。

      s-蕗の薹20190316

 あ あああああああああああああああどこか遠いところから 
 あ ああああああああゆがんだ大地の悲鳴が近づいてきて 
 あ あああああああああああああああああ地軸が小刻みに 
 あ あああああああああこころとからだを震わせてやまない。
 あ ああああああああああああああ息を震わせてやまない。

 あ ああああああああああああ襲ってくるただならぬ気配に 
 あ あああああああああああここにいてはならぬと促されて 
 ああ あああああひとは、いくつもの町や村を駆けぬけた。
 ああああ あああああ あああこの世で何が起きているのか 
 ああああああああああああああそれすらもわからないまま 
 あああああ ああああああああああああああ北を目指して 
 ああああああ ああああひとは、いくつもの山と川を越えた。
 ああ ああ なんども問いを反芻し、自問をくりかえしながら。

     s-モクレン20190316

 いったい誰に。
 そして、何のために。
 わたしたちはかくも試されねばならぬのか、と。

 あ あああああああああああああああああああああかつて 
 ああ あああああああああああこの地に撒かれた火の種は 
 あああああ破壊されることのない頑丈な容器に納められて 
 あああああああああああああ人の暮らしの安寧を約束した。
 ああああああああああああああああ未来永劫、永遠に、と。

 ああああああ約束はわずかな地の塩と米をもたらすだろう。

 あ ああ幾重にも防御された容器と方形の建屋のまわりで 
 あああああ あああああひとはうぶすなに祈り、土地を耕す。
 夕焼け小焼けの集落に日は沈み、地に撒かれた火の種は 
 あああああああああああふたたび朝のひかりを運んでくる。

 あああああああああああああああささやかな願いを託して 
 ああああ ああああひとは草のように地べたに生きるだろう。
 あ ああああああああああああああ日々の暮らしの傍らで 
 ああああああ歳月はつつましい約束のように訪れるだろう。
 
 あっ、山河が小刻みに震えて。
 あっ、安寧が突如破られて。
 あっ、あっ。
 あの日。
 
      s-ボケ②20190316

 あ ああああああああああああああああああああ火の種が 
 ああ ああああああああああ頑丈な容器から溶け落ちて 
 ああああ あああああああああああああ地にばらまかれた 
 あああああああああああ見えない恐怖の、むすうのかけら 
 ああああああああああああああ危うさが約束の地を揺らす。
 あああああ ああああああああ震えて縮みあがった土地に 
あああああああああああ ああああ唐突にもたらされたのは 
 ああああああ ああああああああああああ得体の知れない 
 ああああああ あああああああああああああああ地の恥辱 
 あああああああ ああああああああああああああ海の恥辱 
 あああああああ ああああああああああああああ空の恥辱 

 わかっていたはずなのに
 永遠などどこにもない、と。
 気づいていたはずなのに
 あれは偽りのことばにすぎない、と。

 あああああああああああああああああああ見捨てられて 
 あああああああああああああああああ不安に膝を抱えて 
 ああああああああああああああああああ恐怖におびえて 
 ああ ああああどれほどひとは眠れぬ夜を過ごしただろうか。
 あああああああああああああ火柱につつまれた祭壇には 
 あああああああああああむすうのいけにえが差し出されて 
 あああ あああああ海辺にはうずくまったまま息絶えたひと 
 あああああああああああああああああってはならぬことが 
 あああ あああああああああここではいたるところでおきた。

 ああ あああああああああああいのちが置き去りにされて。
 あああああああああああああああひとの暮らしが奪われて。
 あああ ああああああああこころをいくたびも引き裂かれて。

 なぜだろう。
 ここでは
 ひとであることが、辱められていて。

 いまもなお
 あたりまえに、ひとであることが辱められていて。

      s-スイセン20190316

 文芸評論家の粟津則雄氏は、齋藤さんのこの詩集に下記のことばを寄せている。

 齋藤貢さんのことばには、読む者の感情をことさらにかき立てるようなところはまったくない。彼は不思議な虚心をもって人や物や出来事をあるがままに迎え入れる。その凝視の底からある沈黙のしみとおったことばが身を起こすのである。

 今回はここまで。皆さま、お健やかにお過ごし願います。

コメントの投稿

非公開コメント

植物名を追記しました

皆さま。
1/11、2/19、3/6の拙ブログに青い字で植物名を追記・訂正しました。いつもお世話になっているS先輩から御教示いただきました。
プロフィール

還太郎+7

Author:還太郎+7
畑や庭での作業を楽しんで、晩酌・早寝・早起きの毎日です。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ