FC2ブログ

霞立野上乃方尓 行之可波 鶯鳴都 春尓成良思 (丹比真人乙麻呂)

 霞立つ野の上(へ)の方(かた)に行(ゆ)きしかば鶯鳴きつつ春になるらし。(たじひのまひとおとまろ) 

 今年の短歌は万葉集から。「霞が立つ野の上の方に行ってみると、鶯が鳴いていた。春になったのだな。」の意。

 さて今回の写真はラン(蘭)。数日前、いつも植物名をご教示いただいているS先輩からメールをいただいた。下の写真は、そのメールに添付されていたS先輩のラン温室。週末は在宅していることが多いので、いつでも見にきていいよとのこと。S先輩のお住まいは還太郎のアパートから徒歩30歩・・・。昨日(3/21)、早速見学させていただいた。

 s-2019011301s-.jpg

 さて、写真を撮らせていただき品種名を写真下に記載したが、虎の巻はS先輩が自ら刊行された『洋蘭解説』正・続・別冊。194種のランの解説、写真は約500枚。似たものも多いので合っているか否か・・・。

 今回の短歌は『現代の短歌』(篠弘編・東京堂出版・2012年1月10日刊)から。この本は、100人の歌人の和歌3,840首を載せている。今回は葛原妙子さんの和歌。葛原さんは明治42年東京・本郷生まれ。昭和60年没。「生をめぐる不安や原罪意識を探る」と紹介されている。

 あやまちて切りしロザリオ転がりし玉のひとつひとつ皆薔薇

 s-ラン⑳20190321
 デンドロビウム ブラクテオスム。

 美しき球の透視をゆめむべくあぢさゐの花あまた咲きたり

 s-ラン⑱20190321
 ドリテノプシス MSピンク モモ。 

 胡桃ほどの脳髄をともしまひるわが白猫に瞑想ありき

 s-ラン⑰20190321
 シンビジウム ドクターL.F.ホーキンソン ピートモント品種は不明(S先輩からご教示あり)。

 乳白にかたまり合へる牡蠣の身に柑橘のするどき酸を絞りぬ

 s-ラン⑯20190321
 デンドロビウム サギムスメ。 
 
 星と星かち合うこがらし ああ日本はするどき深夜

 s-ラン⑫20190321
 エピデンドロム スペシャル・バレー スプリング・ベル。

 かの黒き翼掩ひしひろしまに触れ得ずひろしまを贄(にへ)として生きしなれば

 s-ラン⑪20190321
 エピカトレア レーン マルケス フレーム スワロー。

 うすらなる空気の中に実りゐる葡萄の重さははかりがたしも

 s-ラン⑨20190321
 アングレクム レオニス。

 飲食(おんじき)ののちに立つなる空壜のしばしばは遠き泪の如し

 s-ラン⑧20190321
 デンドロビウム フォーミディブルスノーレディー。

 明るき昼のしじまにたれもゐず ふとしも玻璃の壺流涕す

 s-ラン⑦20190321
 デンドロビウム ロセイぺス。

 卓上に塩の壺まろく照りゐたりわが手は憩ふ塩のかたはら

 s-ラン⑤20190321
 ミニカトレア レリア ルンディ。 レプトテス ビカラー。

 疾風はうたごゑを攫(さら)ふきれぎれに さんた、 ま、 りあ、 りあ、 りあ

 s-ラン③20190321
 調査中。 マキシラリア バリアピリス。 

 つくつくぼふし三面鏡の三面のおくがに啼きてちひさきひかり

 s-ラン2420190321
 エピカトレア キョウグチ ハッピー フィールド。

 ひるしづかケーキの上に粉ざたう見えざるほどに吹かれつつをり

 s-ラン2320190321
 セロジネ クリスタータ アルバ。

 ひえびえとかひこの毒を感ぜしむ絹の衣ながく纏へる汝(なれ)

 

 s-ラン2220190321
 シンビジウム ドロシー・ストックスチル フォアゴットンフルーツ。

 水の音つねにきこゆる小卓に恍惚として乾酪(チーズ)黴びたり

 s-ラン2120190321
 デンドロビウム アグレガツム マジュス。

 山羊の小屋わづかにひらき雪つもる 女性(にしょう)のごとく山羊はをりたり

 s-ラン①20190321
 デンドロビウム ピエラルディー。

 厨のくらがりにたれか動きゐて鋭きフォークをしばしば落せり

 おまけ。庭のモクレンが満開。今年は霜害も受けず、きれいに咲きそろった。 

 s-モクレン20190322

 春の農作業も忙しくなってきた。カブ、ホウレンソウ、カボチャ、レタス等々の発芽・成長は順調。タマネギの苗も雨不足で育ちが遅れていたが最近はグングン成長。イチジクの挿し木も20本ほど完了。今日はひしめき合っているネギを掘り起こして、1本当たり20cm程の間隔をとって移植。これから分結してどんどん増えるらしい。ウグイスの日に日に上手くなる鳴き声を聞きながら、野良仕事に精を出している。

 皆さま、元気にお過ごし願います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kantarou + 6

Author:kantarou + 6
畑や庭での作業を楽しんで、晩酌・早寝・早起きの毎日です。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム