FC2ブログ

山吹の咲きたる野辺のつぼすみれ此の春の雨に盛りなりけり (高田女王)

山吹の咲きたる野辺のつぼすみれ此の春の雨に盛りなりけり (高田女王)

 今年のタイトルは万葉集から。いわきは今、ヤマブキもスミレ(タチツボスミレ)も満開。

 今回も短歌は『現代の短歌』(篠弘編・東京堂出版・2012年1月10日刊)から。作者は佐藤佐太郎。明治42年宮城県生まれ。斉藤茂吉に師事。昭和62年、77歳没。

 苦しみて生きつつをれば枇杷の花終りて冬の後半となる 

 s-エンドウ豆の花20190419
 エンドウソラ豆の花。以下、新緑の山と桜以外はほぼ庭先・畑の花々。

 われひとりめざめて居たりかかる夜を星の明りといはばいふべし
  
 s-八重ヤマブキ20190419
 八重のヤマブキ。

 あたたかにみゆる椎の木に近づきて椎の木の寒き木下(こした)をよぎる

 s-白い小さな花20190419

 みづからの光のごとき明るさをさげて咲けりくれなゐの薔薇
 s-八重スイセン20190419
 八重のスイセン。

 わが胸のうちに涙のごときもの動くと人に言ひがてなくに
 s-アジサイ新葉20190420
 アジサイの新葉。

 貧しさに堪ふべき吾はもだしつつ蝌蚪(くわと)ある水のほとりを歩む

 s-梨の花20190420
 ナシの花。

 はるかなるものの悲しさかがよひて辛夷(こぶし)の花の一木(ひとき)が見ゆる
 s-サクラ20190420

  街上のしづかに寒き夜の靄われはまづしき酒徒(しゅと)にて歩む

 s-白い花20190420

 あらはれて幾ところにも水湧けり音あるいずみ音なき泉
 s-赤い花20190120

 いつよりといふけじめなく幼子の音たしかにて階段を踏む
 s-黄色の花20190420

 すさまじきものとかつては思ひしか独笑(ひとりわらひ)をみづからゆるす

 s-ヒメジオン20190420

 とりかへしつかぬ時間を負う一人ミルクのなかの苺をつぶす
 s-陽光20190428

 さく薔薇の土に影おくかたはらに老いて愁の多きは何か
 s-何これ20190428

 午睡する老いし形を妻はいふみづから知らぬあはれの一つ
 s-ヤエザクラ紅20190428

 アンコール・ワットの濠にほてい葵の花うごかして水牛沈む
 s-ヤエザクラピンク20190428

 手につつむ真玉(またま)のごときものありて生くる一年さやかにあらな

 s-赤い花②20190429

 えにしだは黄の花をどる枝垂れてゆききのわれの愁を知らず
 s-新緑②20190429

 珈琲を活力としてのむときに寂しく匙の鳴る音を聞く
 s-新緑20190429

 われの眼は昏きに馴れて吹く風に窓にしきりに動く楤(たら)の葉

 s-紫の小さな花20190429

 杖をつく人いくたりか道に逢ふわれに似てこころよき対象ならず
 s-紫の花④20190429

 わが視力おとろへしかば両足の爪を切るときその爪見えず
 s-紫の花③20190429

 屋根の霜みるみるうちに融けゆくを冬のわかれと謂ひて寂しむ
 s-ハナミズキ20190429
 ハナミズキ。

 冬ながら暖かき日のつづきゐる段落ひとつ黄の銀杏ちる
 s-トキワマンサク20190429
 トキワマンサク。

  おのづから星宿移りゐるごとき壮観はわがほとりにも見ゆ
 s-スミレ20190429
 スミレ。

 その枝に花あふれ咲く雪柳日々来るわれは花をまぶしむ
 s-シャクヤク20190429
 シャクヤクの蕾。

 佐伯一麦の『山海記(せんがいき)』(講談社・2019年3月20日刊)を読んだ。帯の惹句は以下の通り。「海は割れ、山は裂けてその相貌を変える。はざまに堆積していく人びとの営みの記憶、それを歴史というのではないか・・・・・。東北の震災後、水辺の災害の痕跡を辿る旅を続ける彼は、締めくくりに 3.11 と同じ年に土砂災害に襲われた紀伊半島に向かう。道を行き、地誌を見つめて紡ぐ、入魂の長編小説。現代日本における私小説の名手が描く、人生後半のたしかで静謐な姿。」

 野山は花々で充ち溢れていますね。昨日(4/9)、阿武隈山系の林道をドライブ。八重・枝垂れ桜、山吹、菜の花、雪柳が満開! 無住の住居もそここにあり寂しい光景のところもあるものの、陽光の中に花々が咲き競い、桃源郷のようだった。
 
 おかげさまで拙ブログも300回目を迎えました \(^o^)/ 。 皆さま、お健やかにお過ごし願います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

還太郎+7

Author:還太郎+7
畑や庭での作業を楽しんで、晩酌・早寝・早起きの毎日です。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ