FC2ブログ

不時 玉乎曽連有 宇能花乃 五月乎侍者 可久有 

 時ならず、玉をぞ貫(ぬ)ける、卯の花の、五月を待たば、久しくあるべみ (詠み人知らず)

 今年のタイトルは万葉集から。「まだその時期ではないのに、卯の花が咲く五月を待っていたら、とても待ち遠しくなってしまいます」の意。五月に花の実を糸に通して薬玉(くすだま)を作って、健康を祈る風習があったとのこと。薬玉は五月玉とも言われていた。

 今回は短歌は休み。以下、朱字で記載したのは、森下典子著『好日日記』からの抜粋。全編、ゆっくりと味わいながら読んだ。

  どこかへ行こうとしなくても、日本は季節をめぐっているのだ。(中略) 私たちは、季節を追い抜いて先へ進むことも、逆らって同じ季節にとどまることもできない。いつも季節とともに変化して、一瞬の光や、樹々を吹きすぎる風に心を立て直し、降りしきる雨音に身を任せて自分を癒したりしているのだ。(中略) 私たちは季節のめぐりの外ではなく、元々、その中にいる。だから、疲れたら流れの中にすべてをあずけていいのだ・・・・・。

 s-紫の花20190512
 マツバウンラン。 

 5月も最終日となってしまい、慌ててブログを作製。
 昨日は、機械と一緒に歩いて操作する草刈り機で、初めて作業。乗用の草刈り機は高価だし、足腰の鍛錬のためにはと思って購入。耕作していない畑は、雑草がある程度伸びたらトラクターで耕耘していたが、雨が降るたびに土が流される、特に冬季は土埃が舞うことから、雑草を根元から数cm残して刈れる草刈り機とした。うまいこと刈れたのではあるが、結構疲れる。今回の写真は実家の周りの光景。

 花も見ずに、なんのために生きる。(中見出し)
目黒川は、一瞬、雪かと見紛う景色だった。土手の黒土が、降る花びらでどこまでも真っ白に埋まっていた。花盛りの枝は、どっさりと雪をかぶったように重たげで、幾重にも重なる枝々の下をゆっくりと人波が移動していく。見上げれば、空を埋め尽くすような花の天井。行けども行けども桜だった。橋の上から見下ろすと、川面は花びらで白く、切れ切れの花筏となって流れていく。


 s-ボタン②20190512
 ボタン。

 春になれば、至る所で草が芽吹き、いっせいに花が咲く。そんなこと、誰もが幼い頃から当たり前だと思って暮らしている。だけど、ある日、まぶしい若葉を見て、卒然として気づくのだ。私たちはものすごく不思議なことに囲まれ、それを不思議とも思わず暮らしているのだということに・・・・・。
 
 s-ボタン20190512
 ボタン。
 
 梅花薫徹三千界(ばいか、くんてつ、ざんぜんかい・禅語)         
 禅語は色々な解釈があるので、ご興味のある方はお調べ願う。

 s-ハルジオン20190512

 清流無間断(せいりゅう むかんだん・禅語)

 s-ホトケノザ群落②20190530
 家の前の畑の果樹・花樹園はホトケノザの群生地に。まるで意図的に植えたみたい。スズメ、ヒヨドリ、ムクドリ、カラスに加えてキジも来訪。

 池の上を、初夏の風が撫でるにようにサーッと渡っていった。柳の枝が大きくそよぎ、水面でさざ波がキラキラ光り、睡蓮の葉が風にめくれた。その葉の間を、親に引率されたカルガモの雛の黄色い艦隊がスイスイ泳ぐ。青鷺が飛んできて、池の中の棒杭にとまった。ウシガエルの声が「ブー、ブー」と聞こえる。命の盛んな季節だ。
 
 s-紫の花20190530
 バーベナの一種。
 
 青梅はかわいく滑稽で、なんとなくエロチックだ。ふっくら丸くて、お尻みたいに割れている。産毛に覆われ、靄って見える。手のひらにころんと載せて眺めていると、なんだか指先がムズムズしてきて、ギューッと握りしめたい衝動に駆られる・・・・。

 s-エゴ20190529
 いまはエゴの花が咲いている。
 
 ふと目を上げると、庭が明るい。いつの間にか雨があがって、庭の木立の間に、鋭い光がさしていた。水やりの後のように、木々の葉が輝いている。椿の葉は玉のように照り、ドウダンツツジや土佐水木の青葉の先で、雫が光っている。庭の飛び石に、少し水が溜まって光が反射していた。水屋に立った時、ざわざわーっと、庭の柿の葉が揺れ、水引のか細い茎がいっせいにお辞儀した。襟足を風が通り過ぎ、スーッと汗が引いた。

 s-スイレン20190530
 こちらはビオトープを目指している約24㎡の池。スイレンが順調に育っている。6株植えた。

 気持ちよく晴れた日の午後、近所に住む友人と二人で、公園の池のまわりを散歩した。民家の庭に白いタチアオイが咲き、塀を這うノウゼンカズラの蔦に、明るいオレンジ色の花が咲いていた。カルガモの子は、すっかり大きくなって、親と同じ羽の色になり、睡蓮の花の間や橋の下を、我が家の庭のように泳ぎまわっていた。一家が通った水面には泳跡が広がり、風が吹くと水草がたなびいた。

 s-金魚20190530
 金魚も50匹放流。

 翌日、小荷物を受け取りに、郵便局に行った。途中、土手の上にある古いお屋敷の庭から、萩の枝が滝のように枝垂れているのを見た。道沿いに、散りこぼれた赤紫色の小さな花々がピンクのたまりを作っていた。崖をこんもりと覆う葛(くず)の大きな葉も、風にヒラヒラとめくれ、そのたびに陰に咲いている赤紫の花穂がちらりと見えた。今の自分が、季節のめぐりのどこにいるかを明確に感じた。それはカレンダーや時計が刻む数字ではない。心の時間だ。

 s-メダカ20190530
 メダカは100匹。金魚もメダカもペットショップで買うと高い。ネットで「餌用金魚・メダカ」を入手。

 水掬月在手(みずをすくえば、つき、てにあり・禅語)

 s-メダカ②20190530
 ホテイアオイなど、水草も10種ほど揃えてみたが、割と高価。あとは自然に繁殖するのを待つことに。それなりになるには3年ほどかかるかな。

 5月にして、真夏日や猛暑日とは・・・。皆さま、ご自愛専一に願います。

コメントの投稿

非公開コメント

拝啓還太郎様
柿の花咲きました。ひとつでも実がなると良いのだが。

田植えシーズン到来
紫外線が怖いシーズンでもある
完全防備で行きましょね~(^^)

No title

すたあ様

松尾芭蕉が「里ふりて柿の木持たぬ家もなし」と詠んでます。「里ふりて」は
「昔からある古い集落なので」ということでしょうか。味わい深い句です。
柿の実が沢山なるといいですね。

還たろう

No title

エルさま

いわきでは5月の連休が田植え時です。田植えからほぼ一月が過ぎ、水田の苗も分結が進み、頼もしい姿になって居ますよ。
これからしばらく大変ですね。無理をなさいませんように!

還太郎
プロフィール

還太郎+7

Author:還太郎+7
畑や庭での作業を楽しんで、晩酌・早寝・早起きの毎日です。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ