FC2ブログ

春者毛要 夏者緑丹 紅之 綵色尓所見 秋山可聞 (詠み人知らず)

 今年のタイトルは万葉集。「春は萌え、夏は緑に、紅のまだらに見える秋の山かも」。

 今回の短歌は『現代の短歌』(篠弘編著・東京堂出版)から、小島ゆかりの作品。小島は昭和31年、名古屋市生まれ。日常をモチーフとし、詩的に展開される家族詠。

 おほぞらに鋏を入れし者ありやこよひ半弧の月鮮しき

 s-ヨシキリ20190619
 ヨシキリ。
 
 春、ことに無用の物らなつかしきたとへば耳付花瓶の耳など

 s-黄色の花20190619
 黄色の花はクサノオウ(ケシ科)。万葉集にも「夏は緑に」とうたわれているように、濃淡色々な「緑」の宴。
 
 一本の木を見てゐしが目薬を差せばひそかにその木溺れつ

 s-モズ20190619
 モズ。

 新しきインクをおろす風の朝 青桔梗あをききやうと声す

 s-ピンクの花20190619

 アメリカで聴くジョン・レノン海のごとし民族はさびしい船である

 s-チョウ20190619
 
 死を囲むやうにランプの火を囲みヘブライ暦は秋にはじまる

 s-ヨシキリ20190622
 毎朝恒例のヨシキリ観察。

 月ひと夜ふた夜満ちつつ厨房にむりッむりッとたまねぎ芽吹く

 s-農道で20190622
 ミゾカクシ(キキョウ科)。

 浅漬けの茄子しくしくと二杯目のごはんおいしき夕立のあと

 s-モズ20190622
 巣作りの材料にするのか、枯れた植物を咥えたモズ。

 寄せ鍋の泡ぶく立つた煮え立つた この世のことはごちやごちとする 

 s-キジ20190622
 キジも元気。

 なめこ汁どろりとすすり霧の夜のふかいふかあい暗愚のこころ

 s-スミレ20190622
 @還太植物園。既報の通り、スミレ満開。

 しろじろと繃帯ながれゐるごとき霧の朝なり手足より覚む

 s-シャラの蕾20190622
 シャラの蕾。

 干草のにほひするかなパトリシアが踊るアルゼンチンのポルカは

 s-シャラ20190622
 シャラの花。シャラは別名「夏椿」。朝咲いて、夕方にはポトリと落ちてしまう一日花。

 上階に深夜のわらひ ひとたびは大笑ひするイエスを見たし

 s-ウグイスかな②20190623
 以下2葉は6/23撮影。鳴き声は響くものの姿はほとんど見せてくれないウグイス。今朝は曇天なのでカメラを持たずに農道散歩に出かけようかと思ったが、何があるか分からないからと自分に言い聞かせてカメラを携行。良かった・・・。これで陽がさしていれば、ウグイスの眼にポチッと光が入ったのになあ・・・。

 希望ありかつては虹を待つ空にいまその虹消えたる空に

 s-ウグイスかな①20190623

 農家のベンツといわれている「軽トラ」(中古)を買うことにした。これで、私の車が土まみれにもならないし、草刈り機や刈り払い機、管理機などを実家より高い位置にある畑で使用するのも億劫ではなくなる。また、池のビオトープ化の一環で、流木を拾ってきたり、水草を採集したいと思っているが、4輪駆動の軽トラは少々の荒れ地・砂地・湿地でも大丈夫。楽しみ、楽しみ・・・。


 
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

還太郎+7

Author:還太郎+7
畑や庭での作業を楽しんで、晩酌・早寝・早起きの毎日です。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ