FC2ブログ

大海尓 荒莫吹 四長鳥 居名之湖尓 舟泊左右手 (作者不明)

大海に あらしな吹きそ しなが鳥 猪名(ゐな)の港に 舟泊(ふねは)つるまで

 今年のタイトルは万葉集。意味は、大海に嵐よ吹かないで、猪名の港に舟が着くまでは。「しなが鳥」は「猪名」の「ゐ」を導く枕詞とのこと。「猪名の港」は兵庫県の猪名川のどこかとかと推定されているらしい。

 今回の短歌は『現代短歌集成』(角川学芸出版・2009.11.30)刊から。作者名のあとの数字は西暦の下2桁で、発表年を示す。

 八月は千万の死のたましずめ夾竹桃重し満開の花 (山田あき・77)
 
 s-スイレン20190806
 @還太池。スイレンが次々と咲く。交差する黄色の糸は、コイやキンギョを狙うシラサギ対策。

 騒然と明るき街や八月を負の月とする意志の混濁 (野村久雄・08)

 s-スイレン②20190807

 夏空のむなしき青さよみがえる原爆忌または八月十五日 (葛原繁・80)

 s-スイレン③20190807

 原爆忌穏やかに過ぎ列島に鮮血のごとく湧く百日紅 (富小路禎子・93)

 s-スイレン④20190807
 池のアオコ大発生の原因は日当たりが良すぎることらしいので、8/15、更に8株追加してもっと水面を覆うことにした。

 原爆忌ふた持つ国、椒(はじかみ)の口ひびくがに蝉鳴きしきる (杜澤光一郎・08)

 s-フヨウ20190809
 フヨウ。
 
 亡びたる夏の記憶に灯のともる燈籠の群(むれ)水の上ゆく (大野誠夫・65)

 s-アカウミガメ20190810
 こちらはKennyさん(高校の同級生)からのメールに添付されていたウミガメの写真。撮影場所はいわき市の薄磯海岸。8/10、お孫さんとの散歩中に見つけた、翌日には姿を消したとのこと。アカウミガメのようだ。いわき市はアカウミガメの産卵地の北限と言われている。2007年には宮城県山元町でも確認されたが、その後観測されていない由。8月はまだ産卵の時期。無事に産卵して海に戻ったのかな。

 つゆの世はつゆの世ながら存(ながら)へて万灯流すこの濁り川 (蒔田さくら子・86)

 s-アカウミガメ②20190810
 10月19日の夜、いわき市の新舞子海岸では、アカウミガメの赤ちゃん70匹が海に放たれた。同年8月、新舞子海岸で産卵の跡があることに地元の人が気づいた。連絡を受けた同市の海洋科学館「アクアマリンふくしま」の職員が、アカウミガメの卵を確認。津波の影響もあって砂浜の浸食が激しいため、「満潮時に水没す恐れがある」と、同館が卵を取り出し保護していた。(朝日新聞、2012.10.20から抜粋)

 今回はここまで。皆さま、残暑お見舞い申し上げます。 
 

コメントの投稿

非公開コメント

夏の花

山学校のビッキことオオトモノ・ヤカマシです。
例によって、勝手なことをゴチョゴチョ記します。

この夏は還太郎氏のお許しを得てスイレンの池を何度か拝見し、めでたく山学校の夏遠足(?)ができました。
スイレンの花はご覧のとおり、ただただ見惚れます。
そこまで美しくすっと立ち上がったままでいられると、他の花が困ってしまうんじゃ、というくらいみごとな姿です。
ぴたりと水面に浮く円形の葉も、不思議な面白さがあります。
コイ、金魚、メダカがのんびり遊んでいて、
さながら小宇宙に臨む思いでした。
浄化装置との格闘も、さまざまな種類の生命がそこにあるからでしょう。

山田あきの短歌は若いときに見つけて、いくつか書き留めてあります。
「八月は千万の死……」もそのひとつですが、特に好きなものをひとつ加えさせてください。

逸りきてけやき大樹にこもるかぜ 非命の魂の万の鈴音

真夏にケヤキの大樹を仰ぎ見ると、この歌を思い出します。
「逸りきて/こもる」というふうに、動から静への流れをとらえたあとで、「非命の魂の万の鈴音」と、ハガネに刻んだかのような、がっしりとした強弱のリズムで無数の魂を抱きとめています。まさに短歌という詩の一形式をみごとに活かしきった歌かと。

涼しくなってきましたね。
山学校の秋海棠が今年はことのほか色っぽく咲き出しました。

Re: 夏の花

ビッキさん

コメント、ありがとうございます。

山田あきの「八月は千万の死・・・」を拙ブログで紹介したのは、今回で3回目だと思います。
ビッキさんも「いくつか書き留めてある」とのことなので、改めて「山田あき」をネットで検索してみたら、
なんと坪野哲久の奥様なのですね。坪野哲久も私は好きで、何首もブログで紹介しました。
お二人とも「プロレタリア歌人同盟」に参加とのこと。なるほど・・・です。

還太池のほとりの百日紅が満開です。睡蓮の葉の上にピンクの百日紅が落下して散らばり、
なかなかきれいです。

「色っぽい」秋海棠、拝見に伺います。日が暮れると虫の音すだく、この頃です。

還太郎




プロフィール

還太郎+7

Author:還太郎+7
畑や庭での作業を楽しんで、晩酌・早寝・早起きの毎日です。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ