FC2ブログ

秋風に置く白露の飽かずのみ相見るものを月をし待たむ (大伴家持)

 今回も短歌は『現代短歌集成』(角川学芸出版・2009年11月刊)から。作者名のあとの数字は西暦の下2桁で発表年を示す。

 山茶花はゆふべの雲にしろたへの花まぎれんとして咲きゐたり (佐藤佐太郎・75)

 s-サザンカ20191031
 今年の春に赤白各50本植えた山茶花(サザンカ)のうち、10月下旬、先ず八重の白花が咲き始めた。思っていたよりも花が大きい。
 「山茶花」は中国語でツバキ類一般を指す「山茶」に由来し、その名は本来の読みである「サンサカ」が訛ったものと言われる。もとは「さんざか」と言ったが、音位転換した現在の読みが定着した。(Wikipedia)

 秋の土しづかに菊を咲かしめよ天地(あめつち)澄むと思ふ朝なり (馬場あき子・85)

 s-キク20191107
 この写真から9枚目の柿まではご近所の畑で撮った。畑の一角で花々を育てている方が多い。

 菊畑に鋏の音のいつまでも鳴り夕靄は谷田(やつだ)を埋めぬ (大野誠夫・65)
 
 s-キク③20191107
 菊の写真が4葉続く。キク科の植物は被子植物のなかでは最も繁栄しているものの一つで、世界中に2万種以上が自生している。日本には350種ほどが自生し、帰化植物150種がある。漢字「菊」の下部は、手の中に米を丸めて握った様を表し、それに草冠を加えて多くの花を丸めて握ったような花(球状花序)を示す。(Wikipedia他)

 朽ちかけし垣根にすがる嵯峨菊のさび色重く冬の影帯ぶ (児玉喜子・04)
 
 s-キク②20191107
  
 10月11日以来のブログ更新となった。12日の台風19号、その後の大雨でいわき市内各所で被災。還太郎も数回ボランティア活動に参加。市内・県内はもちろん、大分、岡山、大阪、千葉、茨城から来てくださった皆さんと一緒に作業する機会があった。

 道の駅の駐車場で車中泊しながら長期で活動している方もおられるし、茨城県最南部の取手市から毎日往復しているという方もおられる。岡山から来たという青年は、「現在失業中で暇なんです。郡山に行こうかと思ったけど、いわきは人手不足が深刻とネットで知ったので来ました。何日か活動したら次は南相馬かなと思っています。」とのこと。
 
 ボランティアに参加された皆さんは、老若男女を問わずとにかく熱心に働く。うまい冗談を連発するおじさんは、「笑いながらやっていると疲れないんだよ」と。高齢独居の被災者は自分では何もできずに途方にくれていたと言い、作業が終了すると涙を流して何度もお礼を言われた。これが見捨てておかりょうか。 いずれは我が身。引き続き活動しようと思っている。

 逝く秋の夜長の独り菊の香に誘はれて舞ふひとりの舞を (佐佐木由幾・89)
  
 s-キク④20191107
 そんななか10/28から3日がかりで、何も作っていない畑3枚に銀杏15本、すもも2種17本、梅4種30本を植えた(正確に言うと、植えたのは植木屋の松吉さん、私は補助作業)。雑草退治ばかりではつまらないし、野菜は手間がかかるので果樹にした次第。

 強風に雲はらわれてふかぶかと立冬の空ひかりを蔵す (後藤美子・09)

 s-何かな②20191107
 調査中。因みに今年の立冬は11/8。

 根岸鍵屋に熱燗舐(ねぶ)りそののち男おみなや今日一の酉 (久々湊盈子・96)
 
 s-なにかな20191107
 クレオメ。南アメリカ原産の宿根草。蝶が飛んでいる姿を連想させることから、和名は「西洋風蝶草」。今年の「一の酉」は11/8。

 末法の世のその終りなどと言ひながら立冬の日の午後あたたかかりき (長沢美津・85)

 s-朝顔類20191107
 西洋朝顔のへブンリーブルーかな。

 水薬の表面張力ゆれやまず空に電線鳴る十一月 (穂村弘・90)
 
 s-朝顔類②20191107
 花芯にLEDライトが仕込まれているかのよう。

 そののちを撃たれたる熊が映りをり柿の木に実をもぎゐるところ (花山多佳子・06)

 s-大きな甘柿20191107
 柿。

 黄なる柚今年も多(さは)に実りしや亡き母の里いまもまぼろし (鈴木英夫・88)

 s-ユズ20191107
 ここからは@還太植物園。今年もユズがたわわに実った。

 つはぶきの丸葉の光沢(つや)よ人生はただ死体への道には非ず (高野公彦・03)

 s-ツワブキ②20191107
 石蕗(ツワブキ)。名前の由来は艶葉蕗(ツヤハブキ)、つまり「艶のある葉」から転じたという説がある。兵庫県の津和野の地名は「石蕗の野(ツワブキが多く生えるところ)」が由来となっているという。 (Wikipedia)

 ピロリ菌除去のための服薬で、10/31から7日間断酒。1週間も酒抜きなんて何十年振りだろう。スタート前は、初日の晩から挫折するのではと案じていたが、なんなく完遂できた。イライラすることもなく、眠れないということもなし。ウイスキーのハイボール1缶+夏は焼酎のロック、冬は同お湯割りを何杯かという生活を何年も続けているのにどうして❓ とにかく \(^o^)/。

 潮入りの川音(かはと)高きに生い立ちて石蕗(つは)の花咲くひとり濡れつつ (中嶋みさと・00)  

 s-ツワブキ20191031

 旧居のあとさまよふわれの外套にとどまれよ山茶花のはなのひと片(ひら) (木俣修・64) 
 
 s-サザンカ②20191107
 サザンカ再登場。蕾の外側は赤いが、開くと白花。

 紅療治(べにりょうじ)の看板古りてこのあたり早や山茶花の散りそむるころ (吉田正俊・75)

 *「紅療治」=大正期に流行した民間療法。中国渡来の古法と称して、紅花の絞り汁を錫の容器に蓄えて飲用し、もしくは頭部その他の患部へすこんで治療した。(知恵袋)

 s-サザンカ③20191107
 100本のサザンカが咲き揃ったら、さぞかし美しかろうと期待している。

 今回のブログは昨日(11/7)から作成しているのだが、今日もボランティアに行ったら、4人のグループで活動ということになった。自己紹介しあってビックリ。北海道(稚内)、愛媛県、大分県、そして私が福島県。北海道、本州、四国、九州が勢揃い。事務局が出身地を確認してグループを作っているわけではない。全くの偶然。皆さん、ネットなどでいわき市がボランティア不足と知って来てくださったとのこと。感謝、感謝。 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kantarou + 6

Author:kantarou + 6
畑や庭での作業を楽しんで、晩酌・早寝・早起きの毎日です。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム