FC2ブログ

十二月尓者 沫雪雫跡 不知可毛 梅花開 含不有而 (紀少鹿女郎)

十二月(しはす)には、淡雪降ると、知らねかも、梅の花咲く、ふふめらずして (きのをしかのいらつめ)

 今年のタイトルは万葉集。「十二月には淡雪が降るということを知らないのでしょうか。梅の花が咲いています。つぼみのままではいないで」の意。

 今回の短歌は「日経歌壇 19年の秀作〈下〉」(12/29)から。

 羽根は腕よりも苦しみを見えやすくする地面を何度も打つ羽根 (東京・田中有芽子)
 
 s-日だまり20191227
 日だまり@勿来の関。以下、野鳥の写真は近くの水田の耕作放棄地で。それ以外は勿来の関で。

 12/24、私の年内のボランティア活動は終了。年明け以降、ボランティアセンターの設置は土日のみの由。10月下旬から生活の中心がボランティア活動だったので、拍子抜けの感あり。年明け以降の活動は事前予約が必要とのことで、1/11,12を予約した。

 太陽を機窓船窓車窓にと嵌めて見にけり今日一日に (横須賀・丹羽利一)

 s-赤い実20191227
 男ようぞめ(オトコヨウゾメ)かな。図鑑には「秋には葉が美しく紅葉するが、乾燥すると黒くなるという特徴というを持っている」と。
 名前の由来はガマズミ類をさす木曽・下伊那地方の方言が「ヨウゾメ」で、他の果実は生食できるが、この果実は赤くて大変きれいだが苦くて食べられないので、「男」をつけたとのこと。

 S先輩から御教示あり。ヤブコウジとのこと。「オトコヨメゾウナは落葉性の低木です」とも。
  
 そう言えば伝わりますとあずかった伝言を抱き渡る桟橋 (小牧・戸田響子)
 
 s-正面像20191227
 頭高(カシラダカ)かな。

 棄てられるドールハウスの中に眠る私を早く起こさなければ (仙台・山上秋恵)

 s-なにかな320191227
 こちらの方がカシラダカの特徴が出ている。名前の由来は、興奮すると頭頂部の羽を立たせることによる。

 「カマドウマ」名前があれば怖くない名前を知らぬ虫に囲まれ (インド・須田覚)

 s-なにかな20191227
 ルリビタキの♀かな? 尾が見えないのが残念。 

 鐘の数で0時を表す術がなく振り子時計が12回打つ (札幌・清信かんな)

 s-松ぼっくり20191227

 青空を折りたたみ式にリュック詰め戦争おこれば逃げる覚悟だ (つくば・潮田清)

 s-山茶花かな20191227
 サザンカ。 

 銀行の前で空見るガードマン空飛ぶ強盗まだ現れず (守口・小杉なんぎん) 

 s-なにかな220191227
 権萃(ゴンズイ)かな。名前は材がもろくて役に立たないので、利用価値のない魚のゴンズイの名を当てたといわれるが、真偽は不明の由。
 こちらもS先輩から御教示あり。マユミとのこと。

 因みに、魚のゴンズイはこれ。ナマズの仲間で、成魚となるとナマズによく似た姿となる。背びれと胸びれの第一棘条には毒がある。毒針さえ取り除けば、白身の美味な魚で、味噌汁や煮物、天婦羅なとで食されるとのこと。
 s-ゴンズイ

 今日(12/30)、いわきは雨。本棚の整理をしていて、今年最も啓発された本は「ホモ・デウス」(ユヴァル・ノア・ハラリ著・河出書房新社)だなと思った。カズオ・イシグロは「優れた作品である前作の『サピエンス全史』よりも面白く読める、より重要な作品である」と、ビル・ゲイツは「人類にとって何が待ち受けているのか、思慮深い考察を著している」と評価。

 s-img053.jpg

 それでは皆さま、良いお年をお迎えください。 

コメントの投稿

非公開コメント

Re: ヤブコウジ考

ビッキさん

コメント、ありがとぅございます。ヤブコウジかとも思ったのですが、ヤブコウジの葉の縁には「細かい鋸歯かある」とのことなので、オトコヨウゾメにたどり着いた次第。でも、「細かい鋸歯」だから寒くなって枯れ欠けたのかも。山学校のヤブコウジの葉も、いまは赤黒くなっていますか?

それにしても今日は早起きだね。もしかして徹夜したの?

還太郎
プロフィール

還太郎+7

Author:還太郎+7
畑や庭での作業を楽しんで、晩酌・早寝・早起きの毎日です。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム