FC2ブログ

梅を望んで渇きを止む

 梅を望んで渇きを止む(うめをのぞんでかわきをとどむ)

 今年のタイトルは『中国故事成語辞典』(角川書店)から。喉の渇きを一時こらえること。魏の曹操(武帝)がある戦いで、水を汲みに行く途中、道に迷い、部下がのどの渇きを訴えたときに、「前方に大きな梅林があり、実が多くなっていてすっぱそうだ、それを心に思えば自然につばがたまるので、それでこらえられる」と言った故事に基づく。

 今回も短歌は『現代短歌集成』(角川学芸出版)から。作者名のあとの数字は西暦の下2桁で発表年を示す。

 昏れ残る障子明かりの花のいろ馬酔木のかたに春は来てゐし (稲葉京子・75)

 s-アセビ20200221
 2/21、@勿来の関。アセビ。

 山雀(やまがら)が去りたるのちも卓上に開かれしままのポケット図鑑 (大森益雄・03)

 s-ヤマガラ20200221
 ヤマガラ。いまにも何かに飛び掛からんばかりの迫力。実はヤマガラの左下に男性が座っていて、手の平にエサを載せている。数羽のヤマガラが順に男性の手の平からエサを咥えては枝に飛び移って食事することを繰り返している。
 数年前、上野の不忍池のほとりで、手の平の上でスズメにエサを食べさせている方を二人お見掛けして以来の(◎_◎;)。

 顔を刺すひかりを感じて目覚むれば枕元の梅みなひらきたり (窪田空穂・68)

 s-思いのまま20200223
 「思いのまま」という品種。一本の木に紅梅と白梅が咲く。@還太植物園。今回の末尾の写真は、「思いのまま」の5日後の姿。

 さて、還太郎は25日から植木屋さんでバイトを始めた。花樹・果樹の剪定をちゃんと覚えたいと思い、去年からお世話になっている植木屋さん(「庭園管理植吉」の社長さん)に、無給でいいので仕事を手伝わせて欲しいと依頼。「剪定の仕事ばかりではないので無給では困る」とのことで、時給(金額は㊙)を頂くことになった次第。

 人手が欲しい時に連絡を頂くのだが、今回は25~27日の3日間、新築住宅の庭造り。ボランティア活動で身体を鍛えたつもりだったが、とんでもない。慣れないことをするのは大変。結構疲れた。最初の案件が3日で終わってホッとしているのが正直なところ。でも、次のお呼びが掛かるのを心待ちにしているのも正直なところ。

 傾きて土より立てる梅の幹影ひくほどの薄日さし来つ (葛原繁・80) 
 
 s-100年梅20200228
 今年の梅の花は例年以上にきれいに思える。暖冬のせいか、花が大きく数も多いのではないか。そんなことで、2/28は91歳のお袋と近郊梅花巡りの2時間弱のドライブ。こちらの梅は、樹齢100年超(大きな方)とのこと。 
 
 鶴と思へば鶴に見えきつ梅ひと木遠回りつつ飽かぬひとりを (春日真木子・95)

 s-百年梅20200228
 別の角度からもう一枚。

 花喰いの鳥のごとくに飢うる身にうそうそとひとり梅園をゆく (玉井清弘・93)

 s-梅⑩20200228

あやまちて針に刺したる指先に膨るる血のたま梅の蕾は (渋谷みづほ・07)

s-梅⑧20200228

 ひらきたる梅花がひとつひとつ持つうす緑の萼(うてな)かなしさ (野村清・73)

 s-梅⑦20200228

 この山もあの山も眠り給ふかな佛みし目に梅しろく咲く (辺見じゅん・96) 

 s-梅⑥20200228

 谷深く散りゆく梅の花びらのいま抽象に近き一片 (井谷まさみち・87)

 s-梅⑤20200228

紅梅の芯あかるくて曇日の寒き光はそこに集まる (遠山光映・56)

 s-梅④20200228

 膨らみし花を宙空に飛び咲かせ寒風に梅は毅然と立ちぬ (大滝貞一・01)

 s-梅③20200228

 老木に冬日を凛と梅咲けり人のひと生(よ)のいかなるときか (井田金次郎・04)

 s-梅20200228

 ひなぐもりやさしき色に咲き出でて紅梅白梅古寺の屋根 (久泉迪雄・99)

 s-おもいのまま②20200228
 「思いのまま」。

 2月9日の活動を以って、いわきのボランティアセンターは活動終了。それから20日間、今の時期は畑の雑草退治もなく、時間を持て余している。そんなこともあり、植木屋さんの手伝いを始めた次第。そもそも還太郎は美的感覚に乏しい。剪定作業もやはりセンスが欠かせないのは分かっているが、自己流で剪定するのは実家の庭や畑なので、他人様に迷惑は掛からないと居直っている。

 コロナウイルスがとどまる処を知らない勢いです。皆さま、くれぐれもご注意願います。還太郎も、母校野球部の甲子園大会応援は止めることにしました。

 s-img055 (3)
 そんなことを友人の「N村村民」さんにメールしたら、上の本を紹介され、早速Amazonで購入。著者は1988年スウェーデン生まれ。19歳で日本に移住、23歳で造園業に飛び込み、26歳で日本国籍取得。日本名「村雨辰剛(むらさめたつまさ)。「N村村民」さんが何故この本を紹介してくれたのかは分からないが、まあ私の若い頃に似てないこともないか・・・。(ブーイング多数)

 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

植吉さんのブログ、読みました。クレーンにつけたゴンドラが移動する様子、「中原中也」ですね。ほかに、宮沢賢治が好きだとか、読書家の庭師のご様子。  N村村民

中原中也

植吉さんは某大学文学部卒。出版社勤務ののち、植木屋さんに転職。
ビッキさんともども飲んだりしてます。

巷ではコロナ流行りですが群馬近辺は空っ風のお陰で影響が少ないようです
春の暖かさが訪れたら少しは落ち着くかしらと思いつつ日々過ごしております
ご自愛下さいませ

日が長くなりました

エル様

こんにちは。コロナウイルス、大変ですね。
幸いにして、群馬県同様福島県でも患者さんは
発生していませんが、どうなることやら。

ボランティア仲間が、「うちのガス器具はコロナではなく、全部パロマ」と
ジョークを飛ばしましたが、若い人は「何のことやら」という顔をしていました。

早く終息してほしいものですね。
プロフィール

還太郎+7

Author:還太郎+7
畑や庭での作業を楽しんで、晩酌・早寝・早起きの毎日です。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ