FC2ブログ

翡翠、撮れなかった

翡翠(かわせみ)と遭遇するも・・・

 本日もU公園パトロール。さらに、白岡市の総合運動公園までママチャリで遠征。Googleで検索すると片道約10km。14時過ぎにU公園まで戻り、いよいよ帰宅と思って一脚を折り畳もうとしたその時、目の前にキラキラと輝く飛行物体。幸いにして20mほど先の小枝に一旦停止。慌てて一脚を伸ばし、なんとか一度はシャッターを切ったが、二枚目を撮ろうとした時には姿がなかった。

 遥かなる翡翠130106

 まあ、翡翠をU公園で目撃したのは2回目。今回はピンボケとはいえ記録は残せた。よしとすべし。教訓①現場では取材体制を取り続ける、都合のいい教訓②もっと望遠のきくカメラが必要だ!

 U公園の小さな池。なじみのカルガモたち。氷の上には何の餌もなかろうに、脚を滑らせながら散策。

 スケートする鴨130106

 こちらは白岡総合運動公園の貯水地の土手に並ぶカルガモの群れ。池は殆ど凍っているので、土手に着地するしかない。着地は相当慎重で、池にザブンと着地するのとは大違い。

 飛び立つ鴨130106

 何ものかに捻じ曲げられたようなイヌシデの枝。よく見れば奇怪な光景。 

 イヌシデは妖しい130106

 「アセビ」。「馬酔木」(あしび)とも。馬が葉を食べれば苦しむということから付いた名という。有毒植物であり、葉を煎じて殺虫剤とする。有毒成分はグラヤノトキシン。

 アセビ130106

 「ネズミモチ」。モクセイ科イボタノキ属。果実がネズミの糞に、葉がモチノキに似ていることから付いた。花は6月頃咲くが、木全体に真っ白な花の塊が散らばったようになる。

 ネズミモチ130106

 実は、今日もU公園に行ったのは、昨日遭遇した「アカゲラ」をもう一度見たかったから。昨日いた場所に行くと、確かなドラミング(木をつつく音)は聞こえるものの姿は見えず、白岡公園からの戻りの際も同所に寄ったがやはり音のみ。昨日はチラッとだが姿も見えたのに・・・。

 自分の撮影ではないのが残念であるが、アカゲラとの遭遇の興奮をお伝えしたく、Wikipediaから。腹部の赤い色は血のような色で強烈な印象。

 アカゲラ

 年が明けてからずっと晴れ。しかも会社に行ったのは1日(1/4)だけ。撮影・ブログ製作を楽しめました。明日から大阪・東京・名古屋・東京×2、滋賀と土曜まで行ったり来たりの日々が続く。好きなパターンです。
 それでは、今回はここまで。

 訂正です。
 柚子もたわわに実ってきました。 と、9月23日の拙ブログに記載しましたが、

 ゆず120917

 この「柚子」の昨日の姿は下の写真の通り。どう見ても柚子ではない。大きいし、坂本九ちゃんや日馬富士のような肌でもない。

 柚子ではない130105

 会社では若い人たちに「定性的な話ばかりで何のことかさっぱり分からない。もっと定量的なデータを以って説明してほしい」なんて言っているのに、こんな「訂正的」なことばかりで、誠に相済みません。何という名の柑橘類なのか、この木の持ち主の方が庭先に出ておられたら、伺ってきます。 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

還太郎+7

Author:還太郎+7
畑や庭での作業を楽しんで、晩酌・早寝・早起きの毎日です。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ