FC2ブログ

名古屋~広島~松山~大阪~土浦~仙台

 先週の乗り物は新幹線・在来線・路面電車・ジェットフェリー・プロペラ機・タクシー・会社の営業車。名古屋、広島、松山、大阪、土浦、仙台を回遊。晩の会食も東京、広島、土浦、東京、仙台と計5回。

 まずは3/5。東京から名古屋を経て広島へ。ホテル近くのお寺の境内で撮った山茶花。きれいなピンク色。

 サザンカ広島

 京橋川沿いの公園の沈丁花。香りも強い。

 沈丁花
 
 路面電車が走っている。電車の行先を見て気づいたが、安芸の宮島にはとうとう一度も行かず仕舞い。

 広島路面電車

 違うデザインの電車もある。

 広島路面電車②

 京橋川にかかる稲荷大橋を渡る路面電車。広島市内を水量豊富な川が幾筋も流れている。広島県廿日市市の冠山を源流とする太田川が、市内で太田川放水路と旧太田川に分流、その下流で旧太田川は京橋川、天満川、元安川、猿猴川などに分かれて瀬戸内海に注ぐ。
 
 広島路面電車③

 3/6、広島宇品港からジェットフェリーで松山へ。所要時間は呉港経由で1時間20分ほど。宇品港の正面に浮かぶ山は「似島(にのしま)」の「安芸小富士(あきのこふじ)」。標高278m。

 s-広島宇品港

 松山に向かう途中、幅が僅か90mの「音戸の背戸」という海峡(本州と倉橋島の間の海峡)を通る。可航幅は60mしかないが、一日に700隻もの船舶が通るとのこと。

 音戸の背戸(写真はwikipediaから)
 

 松山の喫茶店で時間調整。

 松山
 
 松山から伊丹へはプロペラ機で移動。席がプロペラの近くなので、離陸して巡航高度に達するまでは、爆撃機にでも乗っているかのような轟音が響く。

 松山空港

 トラブル続きのボーイング787のエンジンには幌が被せられていた。
 787ボーイング

 こちらは大阪で撮ったサンシュユ(山茱萸)。ミズキ科ミズキ属。茱萸はグミのことで、秋にはグミのような赤い実を実らせることから「秋珊瑚」とも呼ばれるとのこと。 

 サンシュ大阪

 3/9の宮城蔵王。新幹線車窓から撮影。この日は風が強く、東北本線の一部は運休していた。頂上付近に白く舞うのは雲か、風に吹き上げられた雪か?

 s-蔵王あたり

 今回はここまで。気温が乱高下しています。皆様、お気をつけて。
 今週は東京、静岡、名古屋、水戸、いわきの予定。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

還太郎+7

Author:還太郎+7
畑や庭での作業を楽しんで、晩酌・早寝・早起きの毎日です。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ