FC2ブログ

台湾~上海、3泊4日

 18日から台湾・上海3泊4日の出張。 

 この10年間で15回前後は訪問した台中や上海だけに、名残を惜しみつつ過ごした出張だった。18日の晩、台北のホテル着。

 19日朝の台北市内。新緑の街路樹が道路を覆っている。さすがに南国。この日は26℃になるとの予報。 
 s-2台湾

 台北駅前広場に置かれているオブジェ。鉄道局職員による廃材利用の作品との説明がついている。
 s-3台湾

 新幹線で台北から台中へ。所要時間約1時間。片道700元(約2,000円)。田植えはもう済んでいる。懐かしく感じる農村の風景。あいにくの曇り空。
 s-4台湾

 ムラサキソシンカ。中国名「艶紫荊」。マメ科ハマカズラ属。羊蹄木とも呼ばれる。曇り空なので色がちょっと冴えないが、台湾の春を代表する花。街路や公園、学校などに多数植えられている。
 台湾艶紫荊

 カエンボク(火焔木)。ノウゼンカズラ科。西アフリカ原産。一年を通じて赤みがかったオレンジ色の大きな花を咲かせるので、とても華やか。(この項、3/24の朝、訂正。昨日は「キワタ」と紹介したが、朝、メールを見たら、「エリック」さんから違うとのご教示をいただいた。「エリック」さん、有難うございました。) 
 
 台湾木綿の花

 20日、上海へ移動。気温10℃。台湾と16℃も違う。台湾から上海へは横への移動と思い込んでいたが、実際は北上。ボーイング747は横10列、2階席ありのジャンボ機であるが、ほぼ満席。

 花園飯店の入り口に飾られた桜の花。近寄ってみると、実は造花。よくできている。 
 s-1上海

 以下は21日。19日の晩は台湾の代理店の皆さんと、20日の晩は中国の代理店の皆さんと宴会+カラオケ大会。その割には元気に目覚めた。花園飯店は日本の「オークラ」が経営。花園飯店の名の通り、ホテルの前の庭園はよく手入れされている。その庭園で撮影。サクラ。 
 s-2上海

 カイドウ。
 s-3上海
 
 カイドウ。
 s-4上海

 ライラック。
 s-5上海

 ボケ。
 s-6上海

 おそらくベニバナトキワマンサク。
 s-8上海

 ボケ。
 s-9上海

 ハナツクバネウツギ。 
 s-10上海
 
 猫ちゃんも寛いでいた。 
 s-11上海

 帰路。長崎県奈留島。奈留島は、140の島がある五島列島のほぼ中央に位置し、人口約3,000人。11ヶ所の入り江に囲まれている。昔は遣唐使船、御用船の寄港地として繁栄したとのこと。八つ手の葉のように海岸線が入り組んでいる。
 長崎県奈留島

 さらに東へ飛び、佐田岬(さだみさき)半島上空を通過。風力発電の施設が立ち並ぶさまが見える。日本一細長い半島は「岬13里」と言われ、約50kmもある。因みに九州本島最南端の半島は佐多岬(さたみさき)。
 離島を含まない、日本の端は最北端が宗谷岬、最南端が佐多岬、最東端が納沙布岬、最西端が神崎鼻(佐世保市)の由。
 佐田岬

 そんなこんなで、最も危惧された、台湾・上海での送別会という大義があるので一段とヒートアップした飲み会も無事終えた。
 台湾の方も中国の方も、人それぞれ。「〇〇国人は・・・」と十把一絡げで語らないことが大事だと思う。日本人だって色んな人がいる。私はいつもながらのラッキー人生で、取引先には本当に恵まれた。感謝感謝。

 東京勤務31年間の締めくくりとなるこれからの1週間は、明晩福岡に入り、札幌、仙台、郡山を行脚して27日の夕方帰京する予定。
 
 今回はここまで。皆さま、花粉症やらPM2.5やら黄砂やらの季節、お気をつけて。
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

還太郎+7

Author:還太郎+7
畑や庭での作業を楽しんで、晩酌・早寝・早起きの毎日です。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ