FC2ブログ

盆の休みも今日まで

夏休みの最後の日、四時川渓谷を巡る

 先ずはR289の「ギャラリー昨明(かる)」へ。ガラス工芸家田子美紀氏の作品展。この作品には強く魅かれたが、これを飾るには家を建て直す必要があるので断念。価格も価格だけに妻に稟議する必要がある。
 s-田子美紀氏製作

 これも田子氏の作品。サンドブラスト製法。明かりが色々な角度に反射して、妖しい魅力がある。これは独断で購入。
 「ギャラリー昨明」の存在はビッキ@山学校氏に教えてもらった。月に2回ほど行く。いつも初めてお目にかかる作家の作品ばかり。御主人が、見るだけでもどうぞといってくれるので、ついつい立ち寄ってしまう。
 s-田子美紀氏作品②

四時川沿いの林道を延々と下る

 以下、すべて四時川の景色。水と緑に恵まれた別天地。四時川は巨石累々の川でもある。
 s-四時川①

 s-四時川①の②

 s-四時川②

 s-四時川⑤

 s-四時川⑥

 紅葉の頃も、厳冬期も巡りたい林道である。ただ、道は狭い。私の車は擦過傷まみれ。軽の4駆が欲しい。今日は掃除と洗濯とアイロン、四時川沿いの林道巡り、ゴルフの練習等々、充実のサマーホリデー最終日であった。「お家写真館」計画も進捗した。

 皆さま、涼しくなってくると夏の疲れが出ます。ご自愛願います。関東の皆様にはまだ時期尚早のご挨拶かな? いわきの朝晩はもう涼しくなりました。
 

コメントの投稿

非公開コメント

君を夏の一日に喩えようか

シェークスピアの詩(ソネット)の第1行に「君を夏の一日に喩えようか」という表現があって、これはすばらしい。(「君」は女性です。「男性」という説もありますが。)ただし、この夏は野バラの咲く初夏。イギリスでは1年中でいちばんいい季節。

その夏も過ぎ去ろうとしていますね。
田人の「昨明」はいわき市で一番目の確かな人が経営しているギャラリーだと私は思っています。経営者のS夫人の独特の審美眼が生きています。
私もたいていは観にいくだけなのですが、ついひとつふたつ買ってしまいます。あのガラスの皿はいいですね。いずれにしても、東京で買うよりはずっと安い。
あのギャラリーの中の花瓶や陶器などの作品にさりげなく活けてある野の花にご注目。一度、水引きの花が実にみごとにあっさりと活けてあるのにつくづく見惚れました。そろそろ秋海棠を投げ入れ風に活ける季節になってきました。女郎花も。山学校の庭には今年は種を買って女郎花を植えました。今、きれいに咲いています。

川筋の写真はどれも雰囲気がよく出ています。なにより涼しそうです!
私はこの写真のような流れに魅せられて田人の奥に渓流釣りに通いました。夏だけでしたが、ウィークデーに行くので、ほとんど人に遭わず、早朝から夕方まで、竿を振っていました。釣れなくても、とても満ち足りた思いで山を降りました。
カワガラスもよくいます。これは水の中を歩く珍しい鳥で、名前の通りカラスの子どものよう。

何度も通ったから、川の写真はだいたい場所が見当つきます。
最初の2枚はちょっと自信がないのですが、横川から入っていったところかな? この近くで、やはり20年ほど前、ルアーの糸で傷ついたヤマセミを保護したことがあります。大きいし、クチバシが鋭いので、ちょっと苦労しましたが。ルアー釣りをやる連中は総じてマナーが悪い。あの太い糸を川の中に残していくことがどんなに危険なことかわかっていない。野田知佑の本を読んでほしい。

下の3枚はほぼピンポイントでわかります。(今、半分眠りかけて書いているので違うかもしれませんが。)
3枚目と5枚目はわりと近くですね。5枚目の写真は、ちょうどこの岩を鷲掴みにした木の近くに車1台停めるくらいのスペースがあり、10メートルほど行くと、山からの細い沢が四時川に注ぎ込んでいるところでしょう。
それにしても、海辺から車で30分で深山幽谷。いわき南部は本当にすばらしい。

4枚目の写真はかなり確信ありです。今では舗装してある細い山道からすぐ降りられるところで、道の反対側には山荘があるはず。川筋には地主さんが昔植えた梅の木が何本かならんでいます。
もう20年も前に、この石の反対側の岸でBBQをしました。石の下に潜ってみたのですが、暗くて奥は見えませんでした。しかも、これくらいの石になると、奥まで潜るとちょっと恐怖心を感じます。
この石の上に立ったことがあります。(またなんかチャチャが入りそうだな。)
実はこのあたりには魚がいないのです。
杉を植えたことが災いして、大雨が降るごとに山砂が入り、ヤマメ、イワナは川床が砂で覆われているところでは食餌をしません。
…と書いてきて、もう一箇所、似たような石があるところを思い出しました。そちらかな?
もう10年以上行っていないので、どれもハズレかもしれませんが。
写真の腕が上がったのか、被写体がいいのか。
今回は人工物が入っていたのもいいですね。
ああ、眠い。文章が支離滅裂かもしれない。お許しを。
今週末は山学校です。
それにしても、コメントがなかなか五七五に収まらない。

ドン・ガビチョ

ビッキ@山学校さま

ガビチョウ、Lazy Susanの件、お忙しい中ご教示いただき有難うございます。
ガビチョウの映像はYou Tubeで何度も見てしまいました。鳥類声楽界のドン・ガビチョですね。

四時川林道巡り、紅葉の頃、ご一緒願います。

還太郎 拝
プロフィール

還太郎+7

Author:還太郎+7
畑や庭での作業を楽しんで、晩酌・早寝・早起きの毎日です。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ