FC2ブログ

北国、雪国、オホーツク!!

冬と春の狭間で。

 今日は寒いことは寒いが、好天。冬と春の綱引きの時期。妻の実家の庭先のフクジュソウ(キンポウゲ科フクジュソウ属)。花が咲き始めるころは花と茎だけで、花が終わるころになると細かい切れ込みがたくさん入った葉が展開する。
 s-20140222フクジュソウ

 紅梅も咲き始めた。
 s-コウバイ20140222

 お隣に蝋梅。
 s-ロウバイ20140222

 ヒイラギ(モクセイ科モクセイ属)は「常緑の小高木」のはずなのに紅葉している。鉢植えだから水不足かな。まだ枯れてはいない様子。 S田先輩からご教示あり。これは「ヒイラギナンテン(メギ科メギ属)」とのこと。Wikipediaによると「ヒイラギの葉に似ていて、常緑で落葉はしないが、冬に赤銅色になる部分があり、紅葉のようになる」由。確かに「赤銅色」だ。
 s-ヒイラギ20140222

 その庭先から歩いて数分の蛭田(びんだ)川の浅瀬。「水ぬるむ」様子。深くなっているところには1mはあろうかという真鯉、緋鯉も見えた。
 s-水ぬるむ20140222

 ウミウなのかカワウなのか、この写真では判別できない。やはり蛭田川で。 
 s-ウ20140222

 橋梁の塗装は昨年5月。なんと4回も塗っているんだ!!
 s-蛭田川橋梁

 妻の実家の近隣を歩いた後で、卒寿を迎えた義父と妻と息子と田人路へ。総計231歳。「田人町水呑場」の光景。除雪された路肩の雪が私の車ほどの高さほどになっている。帰りに寄った森の駅(道の駅みたいなもの)のおばさんが、「麓は北国、ここは雪国、もっと上はオホーツク」と言っていた。
 s-田人町水呑場20140222

 ブナやコナラの原生林にて。カケス(スズメ目カラス科)。ミヤマカケスかもしれない。「雨覆い」と呼ばれる羽のブルーの部分がきれいだ。
 s-カケス20140222

 鮫川の白鳥飛来地。オオハクチョウが羽を広げる。結構なキン肉マンぶり。近くの水田に、スーパーのレジ袋にしては大き過ぎるものがたくさん散らばっていると見えたが、白鳥だった。落穂を食べているらしい。
 s-ハクチョウ20140222

 オナガガモ。首筋が白いのが♂。地味なのが♀。
 s-地味だけど好きなデザイン20140222

 奥からオナガガモ、マガモ、オオバン、オナガガモ♀かな?
 s-各種のカモさん20140222

 奥からヒドリガモ、スズガモかコスズガモ。スズガモとキンクロハジロは似ているが、後者には後頭部に冠羽があるので、これはスズガモだろう。左側がオオバン。
 s-いろいろいます20140222

 義父の本棚で「浜街道を往く」(小牧忠雄著、いわき地域学會出版部、平成元年)、「人間煌煌」(にんげんきらきら、蛭田耕一著、いわき歴史愛好会、平成7年)を発見。借りてきた。
 いわきは子どもたちのインフルエンザ罹患が危険レベルに。皆さま、ご自愛願います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

還太郎+7

Author:還太郎+7
畑や庭での作業を楽しんで、晩酌・早寝・早起きの毎日です。読書やドライブも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ